2015年07月10日

明日の記憶

 荻原浩さんの長編小説です。

あらすじ
 広告代理店営業部長の私・佐伯は50歳にして若年性アルツハイマーだと診断された。仕事の遂行が困難になってゆき、記憶が覚束なくなってくるのが恐ろしく感じた。娘の結婚・出産を控え、私の不安・恐怖はますます募る……。




 妹に勧められて読み始めた一冊です。私は最近社会福祉に興味があって、「こんな本があるのやけれど」と勧められたとき、迷わず読もうと決めました。
 あるはずの将来を奪い、日常を崩し、過去までも蝕ばんでゆく恐ろしい病気。こういう病気こそ周囲の理解が必要ですよね…。
 ともあれば夢の中に入ってしまいそうな不安定さが次第にページを繰っていくごとに増してくる感じがして、読んでいて自分まで不安になってきます。もし自分の身にこんなことが起これば…などと想像すると、本当に怖いです。恐怖と悲しみ、不安。それらすべてが身体にじわじわ染みこんでくるような感じがしました。
 ラストシーンは涙なくしては読めません。感動。電車の中で泣いてしまいそうになりました。社会福祉に興味ある人はもちろん、そうでない人にも是非読んでいただきたい一冊です。

評価:A
posted by みさと at 21:58| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

春琴抄

 谷崎潤一郎さんの中編小説です。

あらすじ
 盲目の美女・春琴は三味線の達人であったが、吝嗇や嗜虐の気があるわがままな女性であった。少年・佐助は春琴の身の回りの世話をしていたのだが、ふとしたきっかけに年下の彼女を三味線の師匠として仕えるようになる。男女の関係を持つようになっても、春琴は佐助を旦那と認めず、佐助は弟子兼世話役としての生活を長らく続けた。
 あるとき、春琴は誰かに大火傷を負わされるが…。




 谷崎潤一郎さんは、学校の授業で読んだ『陰翳礼讃』に甚く感銘を受けて、興味を持ちました谷崎さんの本を何か読みたい、と思って家の書庫を探していて見つけたのがこの小説であります。あらすじを見てみると「被虐」とか「官能」とか書いていて「これって高校生が読んでもええんやろか…」と思いましたが、まあ江戸川乱歩さんの「芋虫」とか「人間椅子」とか読んでるし今更やなどと思いまして読み始めた次第でございます。
 先に挙げた二作品ほどエグみは少なく予想以上に読みやすかったです江戸川さんの持つ怪奇色は薄くやはり耽美派というだけあって官能的という言葉がよく合っています佐助が己の目を潰す場面には思わず自分まで目を覆いたくなりますが憐憫は殆ど感じず驚きと感嘆と少しの恐ろしさを感じました。盲目になったからこそ敬愛する春琴の永遠の美が保たれるようになったのです同時に複雑な恋愛関係もある意味でさらなる境地へ移行したように思えます中々常人では共感しがたい世界ではありますが読んでいて本当に圧巻されます。
 耽美派…。意外と好きなジャンルかもしれないです。もっと谷崎さんの本を読んでみたいな、と思いました。今年は受験勉強で中々読めないのが残念です…。

 気まぐれで句読点の使い方を真似てみましたが、素人がやったら読みにくいだけでしたね(苦笑

評価:A
 
posted by みさと at 22:56| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

怪しい店

 有栖川有栖さんの短編集です。収録作品は『古物の魔』『燈火堂の奇禍』『ショーウィンドウを砕く』『潮騒理髪店』『怪しい店』

あらすじ
 「いらっしゃいませ」の言葉とともに得体の知れぬ見知らぬ人を招き入れる店というのは、日常にあるのに異常な空間である。場合によっては悪意まで同時に招き入れる店。ときには悪意までもが招かれて平気で上がりこむ。
 そんな不思議な空間を舞台に、臨床犯罪学者・火村英生と推理作家の有栖川有栖は五つの事件に挑む。

 久々に有栖川有栖さんの小説を読みました。そもそもミステリを読むこと自体かなり久しぶりかもしれません。有栖川さんの作品の魅力は、「紳士的」であることかもしれません。軽妙な要素もありますし、会話も関西弁ですし、むしろ割と読みやすいテンポの良さを持った文体でありながら、どこか気品があります。
 特に『燈火堂の奇禍』『潮騒理髪店』の二作品は、そのようなジェントル・ミステリの最たるものだと思います。前者では、リアリティのある、しかし薄赤いセピアのフィルムを通したようなそれぞれの人間像を脳裏に映写します。本当に短い作品でそこまで踏み入った人間描写はないのに、不思議と冬美ちゃんも半井爺さんにも愛着がわきます。最後の終わり方も、有栖川さんが微笑みを以ってそっと描いているような描き方で好きです。
 『潮騒理髪店』でもセピア色の風景が広がっています。なかなか散髪のシーンを描いた小説というものは目にしませんが、これは切られている様子を読むだけで、気持ちよく感じます。谷崎潤一郎さんの『陰翳礼讃』を読んだときの心地よさにも似ています。こんな店で自分も散髪してもらいたいな〜と。火村と有栖川のやりとりが魅力的なことはもちろんですが、会話の一つ一つ、例えば「奥でおやつをいただいておりました」や「桐杉さんですか」なども温かみを感じて好きです。
 『ショーウィンドウを砕く』は一転現代らしい作品。物欲の強い彼女と、それを愛しく思う彼氏。フォーマットに沿ったような心理ではなく、より生きた人間らしい心理描写です。そういう嗜好はない自分も共感してしまいます。
 もちろん、他の作品も魅力的です。本当に短編集のタイトルがよく内容を表していますが、『怪しい店』です。不気味なのだけれど、どこか心惹かれる。妖怪世界にギリギリ足を踏み入れないくらいの現実世界の隅っこにいるような感覚を受けます。

 ジェントル・ミステリ。久々でしたが、つくづく有栖川さんの文章の魅力を感じました。小学校のころから6年くらいのファンですが、本当に人生を通して読んでいきたい作家さんです。

評価: AA
posted by みさと at 19:12| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(有栖川有栖) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

プロ弁護士の思考術

 矢部正明さんの本です。弁護士の体験談を通して、人生における物事の見方を教えてくださっています。物事を広視野を以って見る。具体的に考える。思いつく限りのオプションを考える。偶然を必ず考慮に入れる。自体がどう進んでも対応できるように案を考えておく。主体性を持つ。肩書きなどにとらわれず直視する。言われてみれば中々当たり前のことばかりのような気がしますが、実際この手のことを確信をもって言うことができるのは中々できないことかもしれません。いろいろなことを再確認することができました。

 特に「具体的に考える」というのは本当に重要だと思います。何事につけても、一般化した思考結果を具体的事象に敷衍するには限界があります。ある程度一般化というものが必要なことは否定できませんが、一般化を過度に行うことで個々の出来事への対応が粗雑になってしまい、誰かが涙を流すことになるかもしれません。そのことを、昨年度末のハンセン病フィールドワークで気づかされ、この本を読んでその思いを強くしました。

評価:B
posted by みさと at 20:12| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

歌の祭典

 昨日はラジオ大阪「歌の祭典」の公開収録を見に行ってきました。好きな歌手である工藤あやのさんと松尾雄史さんが出演されるとのことで、見に行こうと思いました。お二人の他、北川裕二さんと岩本公水も出演されていましたが、流石といいますか、ほとんど知らない歌い手さんなのに、全く退屈せず楽しんで聞けました。特に岩本さんの歌った「こまくさ帰行」と「漁歌」は迫力がすごくて本当に圧倒されました。
 工藤さんの美声、松尾さんのかっこよさ、北川さんの面白さ、岩本さんの歌唱力…今年は受験勉強で中々楽しい行事がない中、楽しい思い出になりました。
posted by みさと at 18:21| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

日本殺人事件

 山口雅也さんの中編集です。収録作品は『微笑みと死と』『侘びの密室』『不思議の国のアリンス』『南無観世音菩薩』

あらすじ
 義母のふるさと・憧れの国である日本へ移り住んだトウキョー・サム。日本は、神仏や侍の精神を色濃く残しながら西洋的文明を取り込んだ奇妙な異国であった。彼は日本で私立探偵事務所を開こうとしていたが、そうするまでもなく三つの事件に巻き込まれる。奇妙な切腹、茶室の密室、花魁の見立て殺人、彼の常識を逸脱する日本人の思考に彼は戸惑うが…。




 山口雅也さんが、沖縄の古本屋で見つけた外国人作家の推理小説を翻訳したという設定の物語です。勘違い外国人が想像したようなちょっぴり奇妙な、デフォルメした日本。大変面白い趣向でした。
 奇天烈な感じは受けるものの、案外日本の特徴を抽出・誇張したものとしては的を射てるのではないかなと思います。少し、デジャブを感じますね。
 同時に、不思議の国を冒険しているような感じもして楽しいです。幼い頃に読んだ不思議島の物語とか、小学校の頃に見ていたファンタジーアニメとかのような、懐かしいドキドキ感も感じられました。
 またミステリにこの舞台設定が上手く活かされていて、本当におもしろかったです。

評価:B
posted by みさと at 16:01| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

忙しい春休み

 春休みですが、部活、習い事、そして来年はいよいよ受験ということで塾の春期講習。結構忙しい毎日を送っています。
 さて、なかなかブログを更新していなくて、少し申し訳なく思っています。今気付けば、1月14日以降、読んだ本のレポを半ば保守更新的にアップしているだけでした。四月以降、高校三年生ということでますます受験勉強のため更新が減るとおもいます。
 12月にはクラブの海外研修でマレーシアに行ってきたり、この3月には岡山にハンセン病フィールドワーク行ってきたり、学外活動もいろいろありました。また機会があればそれについても載せたいと思います。
posted by みさと at 09:52| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

ウェブ進化論ーー本当の大変化はこれから始まる

 梅田望夫さんの本です。この日進月歩のジャンルで2005年の本を読むというのもなかなか面白いです。この本では、「インターネット」「チープ革命」「オープンソース」が「次の10年への三大潮流」とされています。今年は2015年ですから、ちょうど10年目です。果たしてこれが本当に的を射ていたのかは、この10年間小学生、中学生、高校生として過ごしたまだ未熟な自分にはわかりません。しかし、なんとなくですが、上手く言い当てているようには思います。 LINEなどのSNSが普及して、コミュニケーションの結構な割合がインターネット上の「あちらの世界」に移行し、またインターネットで無料ダウンロードできるものは本当に多く(増えてきたのかどうか昔を知らない自分にはわかりませんが)、オープンソースも相変わらず続いています。
 特に、「あちらの世界」への移行は本当に著しいことは自分にもはっきりとわかります。2012年ごろ、スマートフォンが普及してから一気に進行したように思えます。インターネットという機能は昔からある程度は使っていましたが、バリバリに使いまくるというのは、「デキる」エリートか、さもなくばオタクというイメージがありました(もちろん中学生の認識なので、大人の実社会とは異なるとは思います)。しかし、スマホ、そしてTwitter、LINE、Skype…そういった SNSが普及してからは、インターネットが極めて身近になりました。
 「オープンソース」という言葉を、恥ずかしながら自分は知らなかったのですが、すべての情報を公開し誰もが機能を編集可能にすることで、世界中の英知によって手が入れられ、機能が劇的に向上するというものです。これを聴いた時、本当に考え方の革命だな〜と思いました。10年前、すでに思いつかれ広く広がっていることなのに、自分にとってほんまに斬新に響きました(自分のようにそれを知らない、あるいは意識しない人が多くいるという点ではまだまだ発展途上のものなのかもしれませんが)。知恵から機能が生まれるというこれまでの常識を打ち壊し、機能から知恵が生まれるという
 はてさて、これから情報社会がどうなっていくのかはわかりませんが、梅田さんの言う通り、既存の仕組みの崩壊を厭っていてはこれからの発展はないというのも一理です。
 尤も、自分も電子社会はあまり好きではなく、変化を嫌う性質なので、全面的にそれを肯定したいとは思いませんが……。というのを電子社会のブログという場で発信すること自体自己矛盾かもしれませんが笑。

評価:B
posted by みさと at 22:51| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

誰も戦争を教えてくれなかった

 古市憲寿さんの本です。戦争について考えるとともに、この人はほんまに博物館が好きなんやな〜、と思いました。後ろには、博物館の採点まで。笑。でも、ほんまに行きたいと思える博物館も結構あったり。
 基本真面目な話なのですが、ほどほどに力を抜いている感が良いです。やたら多用している注釈でも、注釈にある参考資料を読みたくなったり、ちょっと軽く笑ってしまったり。文章が飽きません。構成も良いですし。
 戦争を勧めるような理論は論外ですが、やっぱり、ただ呪文のように平和と言い続けても本当に平和な世界には至らないのでしょうか。今の戦争を知らないと。自分たちの戦争のイメージは70年前で止まっているかもしれません。今世界で起きている戦闘、紛争をちゃんと戦争と認識しているかというと、正直自分自身もあやしいです。
 最後に収録されているももクロ対談、若者でもさすがにここまで知識がないのは少数派な気もしますが…。しかし、知識のない大衆の漠然とした戦争への恐怖・不安を象徴的によく表しているかもしれません。

評価:B
posted by みさと at 22:32| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

押入れのちよ

 荻原浩さんのホラー中心の短編集です。収録作品は『お母さまのロシアスープ』『コール』『押入れのちよ』『老猫』『殺意のレシピ』『介護の鬼』『予期せぬ訪問者』『木下の闇』『しんちゃんの自転車』です。

あらすじ
 恵太は現在失業中だが、格安で条件のいいアパートを求めることができた。しかし、そこは奇妙な隣人たちに加え、押入れから明治30年生まれの14歳の女の子の幽霊が出る物件であった。恵太は初め、戸惑っていたが、次第に幽霊に情を覚えるようになり始めた…(表題作)。



今回紹介するのは妹に紹介してもらった一冊です。だいぶ熱心に勧めてくれただけあって、良い作品ばかりでした。軽い文体でさくっと読めるのも魅力です。
『お母さまのロシアスープ』は、ミステリ好きな人なら途中くらいから仕掛けがわかると思います。自分は読み始めた当初、人間じゃなくて動物か何かかな、と思っており、途中で異形の何かなんやろな、と気付きました。枯葉剤とシャム双生児に結びついたときは、ああ成る程と手を打ちました。(←ネタバレ・反転)それにしても、こういうのって結構後味重たいですね……。それも含めて、こういう話の魅力です。
『老猫』は、ちょっとポーの『黒猫』を意識してるのかな、と思いました。どこかグロテスクさや官能性を感じさせるところとか、特にそうですね……。じわじわと汚染するように染み込んでくる恐怖がなんとも言えません。
『殺意のレシピ』『予期せぬ訪問者』の狂い具合も秀逸です。
『介護の鬼』、初めに視点となる女を胸糞悪いな、と思いながら読み始めたら…意外な展開で、かなりゾッとしました。かなり恐ろしいと同時にどこか懲悪めいていてスッキリする面もあります。
『木下闇』はホラーミステリの優等生的作品。こういう雰囲気の推理小説大好きです。
『コール』『押入れのちよ』『しんちゃんの自転車』の三つは、所謂ジェントルゴーストストーリー。有栖川有栖さんの『赤い月、廃駅の上に』を読んで以来、こういう物語が大好きです。心温まり、ちょっと切なくなる。そんな感じが大好きです。いずれもミステリの要素が含まれているのもポイントですね。有栖川さんもそうですが、ミステリ作家とジェントルゴーストストーリーって凄くマッチしますよね。

評価: A
posted by みさと at 23:33| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする