2017年01月22日

住まいを読む――現代日本住居論

 鈴木成史さんの本です。現代日本の住宅の歴史を追うとともに、それぞれの住宅についての意義を考察しています。取り上げられているのは、農村住宅、漁村住宅、町家、下町の住まい、中廊下型住宅、都市LDK型住宅、地方続き間型住宅、建築家の設計した住宅、集合住宅、コーポラティブ住宅などです。
 戦前から現代(といっても20世紀終わりまでですが)にいたるまでの住宅史が概観できるのもよかったですが、特に心に残ったのが、下町や漁村の住まいにおける家と路地との関係です。このような密集して暮らす地域では、路地が各戸により宅の延長として、日常生活(炊事、洗濯、etc…)の場所として使われているのです。これは住宅の狭さを補うと同時に同じ路地を使う人々の生活空間が重なり合って、町内での連帯心や防犯効果も生み出しているのです。路地で植木鉢をおいて自分の家の特徴を表す「表出」行為や開放的な家屋構造などもこれを支えているのです。
 また現代によくある閉鎖的、固定的な間取り構造についても批判をされています。鈴木氏の言うとおり、家族というものは不変的なものではなく、家族形態の変化に合わせて住宅の使い方も変えていくべだと思います。現代ではけ結婚するまでは実家、結婚したら夫婦でマンション、子供が育ってきたら一戸建ての新住宅、という風に、家族形態の変化を「引っ越し」という形で対応する傾向がありますが、これは人口に対する住宅の過剰供給を招いて将来の空き家問題につながります。また文化の継承という面を考えても、核家族ではなく、どちらかの親元の家に同居して、その昔からの家を住みこなし、住み変えていくべきだと思います。(もちろん、地域や建てられた時代によって住宅の特徴や広さは千差万別でありますから、一概にそうしろ、ということはできませんが…)
 個人的には中廊下型住宅が良い住宅だな、と思いました。部屋がふすまなどでつながっていて間取りの柔軟性が確保できている一方で個室というものができ、さらに各部屋への動線が分離することで一定のプライバシー性も生まれている。そして各部屋が完全に遮断されず音などがある程度通るからこそいざというとき駆けつけやすく、介護や育児などもしやすいのです。

 私は地域づくりを将来の仕事としたいと考えていますが、これまで考えてきたのは都市や村全体のことばかりだったような気がします。この本を読んで、改めてそれらは、個人の生活・個人の住まいの集合体だということに気付かされた思いです。当然のことで理解していたはずなのですが、まちのことを考えようとするときどうしても巨視的な方に思考が行ってしまっていた気がします。自分のものごとを考えるアプローチを増やしてくれた一冊でした。
 同時に、住宅や間取り、生活空間に俄然興味が……。建築関係の本ももっと読んでみたいと思いました。

評価:AA
posted by みさと at 12:03| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

ピーター・パンとウェンディ

  ジェームズ・M・バリーさんの小説です。

あらすじ
 ウェンディら三姉弟の家にピーターパンが現れた。彼は三姉弟に魔法の粉へとふりかけ、ネバーランドへと一緒に飛び立った。人魚、人食いワニ、インディアン、海賊たちの待つネバーランドではピーターパンを中心に様々な冒険が繰り広げられる。




 ものすごーく久々の海外小説。児童文学と言いつつも、かなり残酷な描写があり、いろいろ深く考えさせるところがあったり、結構大人向けな印象を受けました。「本当は怖いピーターパン」なんていう話(これは大人になった迷子を間引くという記述からだったかと)を聞いた事がありますが、確かに…。なんとなくピーターパンにヒーロー的なイメージを抱いていたので、見事に破られて結構ショックを受けましたが、おもしろかったです。
 ネバーランドというのは、子供達が作る想像の世界なのではないでしょうか。小さい子供って、「ごっこ遊び」をよくします。そうした遊びをするとき、私たちはある一貫した世界(ときにはそれは夢の中にも通じます)を作っていたかと思います。それがネバーランドなのではないでしょうか。三姉弟がある程度共通したネバーランドを持っていたのは同じ環境で育っていたから。そして、ある程度「ご都合主義」もそうした想像の世界では問題がありませんし、ネバーランドにいる間いろいろなことをする「フリ」をして済ませていたのもそうしたことの暗示なのかもしれません。また想像世界の象徴たる妖精・ティンカーベルの死は子供達が大人になってそうした世界が失われたことの象徴とも言えそうです。
 フックを見栄っ張りで冷酷な大人像を崩さないまま殺す一方で、大人の代表格であるウェンディのお父さんが同じく見栄っ張りで卑怯なのにやけに子供っぽく書かれているのが面白いです。この小説は大人と子供を大きく分けているようで、通底するところがあることを認めているのかもしれません。

 この本を読んで、つまらない大人になることに嘆きながらも、それを何の抵抗もなく受け入れようとしている自分に気がつきました。ピーターは記憶を積み重ねないから大人になれない(+なりたくない)のかなぁ、なんて思ったり。

評価:B
posted by みさと at 11:56| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

山怪 山人が語る不思議な話

 田中康弘さんの本です。山における不思議な話、怖い話をたくさん蒐集しています。何となく遠野物語を髣髴とさせるのですが、筆者の本職がらマタギにまつわるお話がかなりの割合で、内容も狐関係の話がやけに多い印象を受けました。あとがきで書かれていた蒐集方法を読むと、ああなるほど。作者はインタビューをするとき、呼び水としてここまでに蒐集した話を語ってみせているらしいです。
 内容に偏りがあるとはいったものの、やっぱり個々の内容は面白いです。そう遠くない昔の、名前の見える人の話だと思うと、かなりドキドキします。自分もどこかで不思議な体験に遭ってみたい気もしてきます(怖いから遭いたくないという思いもありますが…笑)。
なんだかんだ不思議な民話や怪談が好きな人にとっては十二分に楽しめる一冊だと思います。

評価:B
posted by みさと at 18:18| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少女

 湊かなえさんのミステリ小説です。

あらすじ
 親友の自殺体を目撃した。転校生・紫織の告白に、由紀と敦子、二人の少女は衝撃を受けた。由紀はそれに自慢めいたものを感じ自分はそれ以上のものを見たいと思って、敦子は死体を見たら死を悟ることができるのではないかと思って、それぞれ人の死を目撃したいと願うようになる。そのために由紀は小児科病棟、敦子は老人ホームへとボランティアに行くことにしたが…。




 『告白』『しらゆき姫殺人事件』以来に読んだ湊かなえさん作品。最近映画化されたらしいのですが、それを今日人に教えられて知るという…。高三以降テレビを全然見なくなっているので、世間から取り残されつつあるような気がします(苦笑)。
 さて、ミステリを読んだのがかなり久しぶり(大学生になって初!)でしたが、この小説は本当に精巧に構成されていると思いました。あらゆる記述が伏線となっていて、次々と話がつながっていく様子が気持ちの良いくらい見事でした。
 登場人物群。臆病で人の目を気にしながら生きている敦子。達観して(したつもりになっていて)、他者を下に見ている由紀。彼女らの個性の強さは現実の人間と乖離しているように見えますが、実際多くの人が持っている性質をデフォルメして描いているように思えます。作中に描かれている彼女たちそれぞれの恐怖感、優越感、劣等感などの感情や文章から感じられる視野の狭さ。人間、特に思春期の思考を痛烈に描いていると思います。自分の中高時代の思考を思い出しても、彼女らに重なるところが多く、胸の中がじんじんとするようでした。
 ハッピーエンドで終わるならば中高生の妹や後輩に勧めたいと思っていたのですが、まあこの内容なので。思春期真っ盛りでも、それを過ぎていても、ある程度精神的に落ち着いているときに読んだほうが楽しめるだろうと思います。

評価:A
posted by みさと at 16:49| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

霧の向こうの不思議な町

 柏葉幸子さん作の児童向けファンタジー小説です。

あらすじ
 小学6年生のリナは父親に提案され、一人で霧の谷へと旅へ出た。小さな田舎町から誘われるように霧の谷の森を抜けると、そこにはどこか日本離れした洋館の立ち並ぶ不思議な町であった。会う人会う人がどこか普通と違う、へんてこりんな町。リナはこの町で働きながら夏休みを過ごすことになるが…。




 映画「千と千尋の神隠し」の原作ということで手に取った一冊であります。児童文学というものを久しぶりに読んだわけですが、読みやすく、面白く、それでいて教訓的な意味合いを持たせていて、ものすごく作りこまれていることがよくわかりました。
 「千と〜」ではアジア風(和風?)な異世界が描かれていますが、『霧の向こうの〜』ではヨーロピアンな世界観。そんな異世界に神社という極めて日本的な空間からつながっているのが面白いです。
まためちゃくちゃ通りは現実世界とは大きくかけ離れているはずなのに、非現実的な浮遊感がないというところも好感です。登場人物の描かれ方がそうさせているのでしょうか。登場人物のもつめちゃくちゃさがどこか私たちの持つめちゃくちゃさに通じている気がします。彼らのめちゃくちゃさを私たちはどこか滑稽に思いながらこの本を読んでいますが、私たち自身も多かれ少なかれ彼らのようなめちゃくちゃさ(非道理さ)を持っていると思います。ある意味親近感を感じるからこそ、彼らに滑稽さを感じるのではないでしょうか。加えて、登場人物は皆私たちが持つべき優しさを持っています。彼らの優しさは彼らの魅力を作るだけでなく、私たちを彼らの近いところまで持ってきてくれているのではないでしょうか。
 優しく、親しみやすく、心躍る良い作品です。児童文学ということで敬遠せず、ぜひ一度お読みください。

評価:A
posted by みさと at 10:19| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

後期雑感

  読み終わった本の感想をだらだらと書き連ねるだけのブログになりつつあるこの頃ですが、今日は珍しく日記でも。夏休みが終わり、大学一回生も後期に差し掛かりました。
地理学や都市空間論関係の授業をとりまくる、かなり趣味性の強い履修を行い、毎日授業に臨んでいます。以前は「過疎地域の活性化をやりたい!」とばかり考えていましたが、最近ではそれに加えて「(変わっていくはずの)文化を守る」とはどういうことか、さらに関連して「文化を守る」思想の変遷やそのありかたを考えたりしています。
 土日は、10月中はほとんどワンゲルで埋まり、金比羅山でロッククライミングのトレーニング、比良の奥の深谷や南紀の立間戸谷などで沢登りなどをしていました。沢は楽しいのですが、かなりの週末が潰れるのでほかのやりたいことが全然できなくなるのがつらいところであります。
 11月6日は山仕事サークル杉良太郎のほうで「森の文化祭」というお祭りに参加しました。このお祭りは林業お手伝い先の雲ケ畑にてサークル主催で行ったものです。私はバルーンアートのパフォーマンスをしてまわりました。そのほか、廃材を使った積み木や杉玉づくり、バームクーヘン、竹ごはん、鹿肉コロッケ、野菜販売、ネームプレートづくり、輪投げなどなどいろいろな企画・料理がふるまわれていました。自分は立場上あまり遊びまわれなかったのですが、それでもとっても楽しかったです。今年は先輩におんぶにだっこでしたが、また来年か再来年には自分が中心となって動きたいです。過疎地でのお祭りを企画できる、というのは自分のやりたいことを考えると素晴らしい機会を与えられていると思います。来年のこの日を心待ちにしています。
 そして13日の日曜日には薪割りの作業。初めてやった時と比べるとだいぶ良くなったとは思いますが、先輩方のやるのを見ると、まだまだ精進が必要だな、と痛感。さらに、はじめてチェーンソーを使って木を伐採させてもらえました。少し怖いという思いはありましたが、なんとか伐採。なかなかできない良い経験をさせていただいたと思います。一番大変だったのは、切った木をロープで引っ張って作業場まで持っていく作業。綱引きの要領で引っ張っていくのですが、重くて大変な木もいくつか。久々にサークル活動で筋肉痛になりました。
 山仕事サークル杉良太郎、楽しいし、勉強になるし、居心地が良いしで本当に良いサークルです(居心地が良すぎてはめをはずし気味な気もするので、気をつけないと、ということはありますが)。入ってよかったな〜と最近殊に感じています。
 さて、次に来るのは学祭です。いよいよ今週末。クラス有志であげもの屋さんを出します。揚げスイーツ、揚げあんこもち、揚げチーズを売ります。高校に学園祭がなかったこともあり、かなり楽しみにしています。シフトが多くてあまり遊ぶ時間はないけれど、これも思う存分楽しみたいです!
posted by みさと at 17:46| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

コミュニティデザインーー人がつながるしくみをつくる

 山崎亮さんの本です。コミュニティを形成することで、長く人気の続く公園を作ったり、地域を活性化させてきた筆者の取り組みがつづられてきています。
 人がいなくなってコミュニティが消えるのではなく、コミュニティがなくなることで人がいなくなる。そのようなことが書かれており、考えてみれば当然のことではありますが、なるほど、と思いました。
 地域を守るためにコミュニティが必要だ、ということは地域活性化を考える人ならば誰もが思うことでしょうが、なかなかコミュニティを作る、ということは積極的に行われていないように思います。観光客誘致、地域でのお祭りや交流会などがあっても、その実践は極めて安直なことが多く、それで地域を活気づけるほどのコミュニティを形成できるかというとかなり疑問です。
 主体的な事業/地域の担い手を育てること。それが筆者の取り組みの根幹です。単発的なイベントや箱モノの建設などは、一時的に地域は賑やかになり、潤うかもしれませんが、その先に続くことは稀であります。そのイベントや箱モノを通して人々がつながり、コミュニティを形成していくことが必要なのです。そして、そのコミュニティが主体的に続くイベントや箱モノなどを運営し、地域を未来へ繋げようと動いてゆく。あくまで行政や事業者が行うべきものは、きっかけづくりなのです。

 私は高校時代から地域の活性化に取り組みたいといろいろ考えてきましたが、その内容は都市計画、教育制度、文化財保全などハード面のことが多くを占めてきました。この本を読んで新たな視点を得ることができたと思います。
地域の活性化を考える人にはぜひ読んでほしい一冊であります。

評価:AA
posted by みさと at 18:02| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

女子と愛国

佐波優子さんのドキュメンタリーです。自虐史観的な教育に反し、「愛国」に目覚めた女性たちを描いています。
 図書館でなんとなく手に取った一冊。いわゆる「ネット右翼」の行う思考をそのまま表したような本でした。あまりにもステレオタイプにすぎ、逆側の立場を持つ人が皮肉的に描いたといっても不思議には思わないほどです。
 論理的に戦後教育などを批判するわけではなく、それらが批判されるべきものという前提で、女性たちが「愛国」に目覚める様子が描かれており、その時点で、同じような思想を持つ人に読者層を絞っていることがわかります。その目覚める理屈も同じ立場からきわめて主観的に眺めているため、いまいちよく理解できませんでした。
 外を説得させるのではなく、内輪で共感を持ちながら読むような本なのだろうなー、と思いながら読了しました。

 このような思想を見ていると、「国」というものが何なのかよく考えないまま「愛国」を叫んでいる人が多いような気がします。また機会があれば国家や「愛国」についての私見を改めて載せるかもしれません。

評価:D
posted by みさと at 17:36| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

神去なあなあ日常

 三浦しおんさんの小説です。

あらすじ
 平野勇気は高校卒業後フリーターで食いつないでいこう、と思っていた。しかし、担任の計らいで「緑の雇用制度」に勝手に応募され、三重県神去村で林業をすることとなる。はじめこそ慣れない山仕事に反発していた勇気だが、次第に神去村の美しい自然と林業の面白さに魅了され、個性あふれる村人たちにもなじんでゆく…。



 私は現在大学で林業のサークルに入っているのですが、それまでほとんど林業というものを意識したことがありませんでした。柏原の山村はいずれも農業が主要な産業で、林業に触れ合う機会がなかったのです。都市の若者にとって林業というのは縁遠い存在であることが多く(多摩の林業は有名ですから東京はそうでないかもしれませんが)、農業や漁業でなくそんな林業に焦点を置いたことがこの小説の良いところだと思います。
 軽快なタッチで勇気やヨキら村人たちの生活の様子が生き生きと描かれています。勇気の現代っ子らしさや神去村の古き良き田舎らしさは少しステレオタイプにすぎる感はありますが、ここまではっきり描かないと物語の躍動性は生まれなかったのだろうな、とも思います。
先月同じくステレオタイプな田舎像を描いた『夏美のホタル』をリアリティがない、と辛口に評価しましたが、こちらは林業をとりあげる過程で村人の生活が表出しており、リアリティに欠けていながらも、物語の裏にしっかりとしたものが敷かれている感じがして高評価できます。
また美しい感動譚ではなく、騒動劇的な形にしたのも、軽い文体がうまく生かされて良かったと思います。
続編『神去なあなあ夜話』も近く読んでみたいです。

 ちなみに、、「緑の雇用制度」もあって林業の担い手は若返ってるという統計データが出ていたり…。いや、林業って興味深いです。本当に。

評価:A
posted by みさと at 11:50| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

改訂新版 文化人類学

 内堀基光さん、奥野克己さんらによる教科書です。私は将来日本の過疎集落や衰退都市の地域活性化を行いたいと思っているのですが、そこに文化の保全というものが深くかかわってくることに気づき、文化人類学についても少し学んでみようと思ってこの本を読みました。
 ある程度文化の消失を覚悟して新規開発を行うにしても、今ある集落・都市の文化を活かして町おこしをするにしても、その文化を持っている人たちがどうしたいかを考えねばなりません。「文化」というものそれ自体移り変わっていくものなので、それを保全するとはいかなることかということも大きな問題です。文化相対主義は一見わかりやすい思想ですが、そのありかたについてもかなり奥が深いと思います。(また機会があればこのあたりの自分の考えをまとめて改めてブログに載せるかもしれません。)
 文化人類学をかなり広い観点から概論した一冊です。教科書というものはどうも読みにくいもので読了に時間はかかりましたが、学ぶことも多く、時間をかけて読んだ価値はありました。

評価:B
posted by みさと at 17:55| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする