2017年01月29日

高野聖・眉かくしの霊

 泉鏡花さんの小説です。

あらすじ(高野聖)
 ある旅館での夜ーー道連れの僧は飛騨山中の峠越えのとき体験した不思議な出来事を語った。行く道に横たわる大蛇に、雨のように降り注ぐ蛭の森、そして妖しくも美しい女性の暮らす峠の一つ家……。鏡花怪奇譚の名作の一つ。




 以前アンソロジーで読んだ『薬草取』に魅せられ、鏡花をしっかり読んでみようと思い、生協で購入した一冊です。
 妖しく幻想的な中に、どこか俗っぽさというか、親しみやすさが混じるのが鏡花の特徴なのかもしれません。これのあるおかげで不思議な世界に自らを没入させてくれるのかもしれないと思いました。
 鏡花の怪奇譚は妖しさ、気味悪さ、恐ろしさと同時に絶妙な美しさが存在しています。風景や世界観はもちろんですが、『高野聖』ならば、一つ家の女の妙に肉感的で、艶めかしい描写。俗なるもののような、聖なるもののような不思議さに幻想的な靄がかかったような美しさが感じられました。そしてここに「白痴」とされる少年を配することで女の妖しさが増しています。また僧侶も語り手に対して気安い態度をとり、また最終的に女に心惹かれるという俗性を持ちながらも、女に惹かれるのは性欲などではなく「白痴」にたいする優しさを持っているところに由来しており、動物に変えられることもなかったという聖性をも持っているのも一つ。聖俗の交わり、幻想的な美しさの両方がよく顕れており、そういう点で鏡花の良さがよく表れた作品といえるかもしれません。
 ちなみに蛭の森の描写も見どころの一つだと思います。自分はワンゲルで蛭にひどくやられた経験がありトラウマを抉られたということもあるかもしれませんが(汗)、気味悪さがひどく印象に残りました。この肉感的な気持ち悪さが幻想性を帯びた物語のよいアクセントとなっているように思います。

『眉かくしの霊』も佳作。先にもあげた鏡花の魅力がよく伝わってくる作品です。雪の山国のさびれた旅館というのも物語によく合っていて、聖性と俗性の交錯する地点としても、美しさ、妖しさ、そして儚さを醸し出す舞台としてもよく機能しています。日本の伝統的な怪談の妖美さが感じられる短編です。


評価:AA
posted by みさと at 15:03| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

ピーター・パンとウェンディ

  ジェームズ・M・バリーさんの小説です。

あらすじ
 ウェンディら三姉弟の家にピーターパンが現れた。彼は三姉弟に魔法の粉へとふりかけ、ネバーランドへと一緒に飛び立った。人魚、人食いワニ、インディアン、海賊たちの待つネバーランドではピーターパンを中心に様々な冒険が繰り広げられる。




 ものすごーく久々の海外小説。児童文学と言いつつも、かなり残酷な描写があり、いろいろ深く考えさせるところがあったり、結構大人向けな印象を受けました。「本当は怖いピーターパン」なんていう話(これは大人になった迷子を間引くという記述からだったかと)を聞いた事がありますが、確かに…。なんとなくピーターパンにヒーロー的なイメージを抱いていたので、見事に破られて結構ショックを受けましたが、おもしろかったです。
 ネバーランドというのは、子供達が作る想像の世界なのではないでしょうか。小さい子供って、「ごっこ遊び」をよくします。そうした遊びをするとき、私たちはある一貫した世界(ときにはそれは夢の中にも通じます)を作っていたかと思います。それがネバーランドなのではないでしょうか。三姉弟がある程度共通したネバーランドを持っていたのは同じ環境で育っていたから。そして、ある程度「ご都合主義」もそうした想像の世界では問題がありませんし、ネバーランドにいる間いろいろなことをする「フリ」をして済ませていたのもそうしたことの暗示なのかもしれません。また想像世界の象徴たる妖精・ティンカーベルの死は子供達が大人になってそうした世界が失われたことの象徴とも言えそうです。
 フックを見栄っ張りで冷酷な大人像を崩さないまま殺す一方で、大人の代表格であるウェンディのお父さんが同じく見栄っ張りで卑怯なのにやけに子供っぽく書かれているのが面白いです。この小説は大人と子供を大きく分けているようで、通底するところがあることを認めているのかもしれません。

 この本を読んで、つまらない大人になることに嘆きながらも、それを何の抵抗もなく受け入れようとしている自分に気がつきました。ピーターは記憶を積み重ねないから大人になれない(+なりたくない)のかなぁ、なんて思ったり。

評価:B
posted by みさと at 11:56| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

少女

 湊かなえさんのミステリ小説です。

あらすじ
 親友の自殺体を目撃した。転校生・紫織の告白に、由紀と敦子、二人の少女は衝撃を受けた。由紀はそれに自慢めいたものを感じ自分はそれ以上のものを見たいと思って、敦子は死体を見たら死を悟ることができるのではないかと思って、それぞれ人の死を目撃したいと願うようになる。そのために由紀は小児科病棟、敦子は老人ホームへとボランティアに行くことにしたが…。




 『告白』『しらゆき姫殺人事件』以来に読んだ湊かなえさん作品。最近映画化されたらしいのですが、それを今日人に教えられて知るという…。高三以降テレビを全然見なくなっているので、世間から取り残されつつあるような気がします(苦笑)。
 さて、ミステリを読んだのがかなり久しぶり(大学生になって初!)でしたが、この小説は本当に精巧に構成されていると思いました。あらゆる記述が伏線となっていて、次々と話がつながっていく様子が気持ちの良いくらい見事でした。
 登場人物群。臆病で人の目を気にしながら生きている敦子。達観して(したつもりになっていて)、他者を下に見ている由紀。彼女らの個性の強さは現実の人間と乖離しているように見えますが、実際多くの人が持っている性質をデフォルメして描いているように思えます。作中に描かれている彼女たちそれぞれの恐怖感、優越感、劣等感などの感情や文章から感じられる視野の狭さ。人間、特に思春期の思考を痛烈に描いていると思います。自分の中高時代の思考を思い出しても、彼女らに重なるところが多く、胸の中がじんじんとするようでした。
 ハッピーエンドで終わるならば中高生の妹や後輩に勧めたいと思っていたのですが、まあこの内容なので。思春期真っ盛りでも、それを過ぎていても、ある程度精神的に落ち着いているときに読んだほうが楽しめるだろうと思います。

評価:A
posted by みさと at 16:49| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

霧の向こうの不思議な町

 柏葉幸子さん作の児童向けファンタジー小説です。

あらすじ
 小学6年生のリナは父親に提案され、一人で霧の谷へと旅へ出た。小さな田舎町から誘われるように霧の谷の森を抜けると、そこにはどこか日本離れした洋館の立ち並ぶ不思議な町であった。会う人会う人がどこか普通と違う、へんてこりんな町。リナはこの町で働きながら夏休みを過ごすことになるが…。




 映画「千と千尋の神隠し」の原作ということで手に取った一冊であります。児童文学というものを久しぶりに読んだわけですが、読みやすく、面白く、それでいて教訓的な意味合いを持たせていて、ものすごく作りこまれていることがよくわかりました。
 「千と〜」ではアジア風(和風?)な異世界が描かれていますが、『霧の向こうの〜』ではヨーロピアンな世界観。そんな異世界に神社という極めて日本的な空間からつながっているのが面白いです。
まためちゃくちゃ通りは現実世界とは大きくかけ離れているはずなのに、非現実的な浮遊感がないというところも好感です。登場人物の描かれ方がそうさせているのでしょうか。登場人物のもつめちゃくちゃさがどこか私たちの持つめちゃくちゃさに通じている気がします。彼らのめちゃくちゃさを私たちはどこか滑稽に思いながらこの本を読んでいますが、私たち自身も多かれ少なかれ彼らのようなめちゃくちゃさ(非道理さ)を持っていると思います。ある意味親近感を感じるからこそ、彼らに滑稽さを感じるのではないでしょうか。加えて、登場人物は皆私たちが持つべき優しさを持っています。彼らの優しさは彼らの魅力を作るだけでなく、私たちを彼らの近いところまで持ってきてくれているのではないでしょうか。
 優しく、親しみやすく、心躍る良い作品です。児童文学ということで敬遠せず、ぜひ一度お読みください。

評価:A
posted by みさと at 10:19| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

神去なあなあ日常

 三浦しおんさんの小説です。

あらすじ
 平野勇気は高校卒業後フリーターで食いつないでいこう、と思っていた。しかし、担任の計らいで「緑の雇用制度」に勝手に応募され、三重県神去村で林業をすることとなる。はじめこそ慣れない山仕事に反発していた勇気だが、次第に神去村の美しい自然と林業の面白さに魅了され、個性あふれる村人たちにもなじんでゆく…。



 私は現在大学で林業のサークルに入っているのですが、それまでほとんど林業というものを意識したことがありませんでした。柏原の山村はいずれも農業が主要な産業で、林業に触れ合う機会がなかったのです。都市の若者にとって林業というのは縁遠い存在であることが多く(多摩の林業は有名ですから東京はそうでないかもしれませんが)、農業や漁業でなくそんな林業に焦点を置いたことがこの小説の良いところだと思います。
 軽快なタッチで勇気やヨキら村人たちの生活の様子が生き生きと描かれています。勇気の現代っ子らしさや神去村の古き良き田舎らしさは少しステレオタイプにすぎる感はありますが、ここまではっきり描かないと物語の躍動性は生まれなかったのだろうな、とも思います。
先月同じくステレオタイプな田舎像を描いた『夏美のホタル』をリアリティがない、と辛口に評価しましたが、こちらは林業をとりあげる過程で村人の生活が表出しており、リアリティに欠けていながらも、物語の裏にしっかりとしたものが敷かれている感じがして高評価できます。
また美しい感動譚ではなく、騒動劇的な形にしたのも、軽い文体がうまく生かされて良かったと思います。
続編『神去なあなあ夜話』も近く読んでみたいです。

 ちなみに、、「緑の雇用制度」もあって林業の担い手は若返ってるという統計データが出ていたり…。いや、林業って興味深いです。本当に。

評価:A
posted by みさと at 11:50| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

夏美のホタル

 森沢明夫さんの長編小説です。

あらすじ
 大学生の相羽慎吾は写真家を目指していたが、中々芽が出ずにいた。ある日恋人の河合夏美とともに写真を撮りに出かけた折、山奥の寒村にある「たけ屋」というよろず屋に立ち寄る。そこでは、老母子がひっそりと暮らしていた。彼らの温かさに触れ、親しくなった二人は、夏休みの間たけ屋の離れに住まわせてもらうことになるが…。




 表紙の有村架純さんの可愛さに惹かれたのは内緒です…笑(田舎を舞台にした本を読みたくなったというのもありますから(^^;;)
 先日紹介した『文豪山怪奇譚』の次に読んだのがこの本です。戦前の文豪連の作品を読んだ後でこの本を読んだからか、かなり文体が軽く感じられました。今の小説ってこれくらいの感じやったっけ?とも思いましたが、そんなことはないですよね…。しかし文体が軽いということは読みやすいということでもあるので、良悪裏表ですね。
 内容は住民の絆が強く、自然豊かで遊び場に溢れる典型的な「田舎」を舞台に温かな人間像が描かれています。王道ですと言えば王道ですが、やはりぐっとくるものがあります。
 ただ、二時間ドラマ的というか、リアリティに欠けるのと、文章から作者の意図があからさまにわかりすぎるのが少し気になった点です。
 少し否定気味のレビューになりましたが、決して面白くない作品ではなく、軽く読めて感動する作品ですので、また手に取られる機会があればぜひお読みください。

評価:C
posted by みさと at 19:14| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

文豪山怪奇譚 山の怪談名作選

 東雅夫さん編のアンソロジーです。収録作品は火野葦平『千軒岳にて』、田中貢太郎さん『山の怪』、岡本綺堂さん『くろん坊』、宮沢賢治さん『河原坊』、本堂平四郎さん『秋葉長光ーー虚空に嘲るもの』、菊地寛さん『百鬼夜行』、村山槐多さん『鉄の童子』、平山藘江さん『鈴鹿峠の雨』、泉鏡花さん『薬草取』、太宰治さん『魚服記』、中勘助さん『夢の日記から』、柳田國男さん『山人外伝資料』です。
 またまた読み終わってから感想を書かずに一ヶ月超経ってしまった…。怪奇小説が好き+登山が好きな自分なのですが、本屋さんでふとこの本が目につきました。これは買うしかない!ということで衝動買い。実際心底買ってよかったと思える一冊でした。
 山は美しく、恐ろしく、生活に密着していて、それでいて未知の領域が大きい場所。怪談、幻想小説の格好の舞台であります。近代の文豪連が書いたというだけあってどの作品も文章が素晴らしい。もちろん、幻想的で美しいもの、読者の好奇心をかきたてるもの、背筋のぞくりとするもの、心躍るもの、とその素晴らしさの質は作品それぞれに異なります。私は中でも岡本綺堂さん、泉鏡花さんの作品が気に入りました。またお二人の他の作品も読んでみたいと思いました。
 一作一作魅力を語っていきたいところですが、一月前の記憶を辿りながら書いてはうまく表現できない気がするので、近く再読してからにします。(その前に積ん読を片付けていかなくては…笑)
 本当にオススメな一冊です。ぜひ本屋さんで探してみてください!笑

評価:AA
posted by みさと at 22:31| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

吾輩は猫である

 夏目漱石さんの長編小説です。

あらすじ
 我輩は猫である。苦沙味先生の元に転がり込んで養ってもらっている。偏屈な主人の周りに集まる紳士達も一癖二癖あるものばかり。人間達との付き合いは不愉快なことも多いが、彼らを観察するのは面白い事この上ない。




 丁度朝日新聞にも連載中の、誰もが知っている超有名作でございます。苦沙味先生や迷亭先生たちのの珍妙でトンチキな掛け合いが面白いです。猫や登場人物たちは無茶苦茶な理屈を言っているように見えますが、実際は痛烈な社会批判になっているところが少なくないのがこの小説の魅力の一つだと思います。
 ただ…冗長な感じがあり、私は途中で少しダレてしまいました。個人的には夏目先生一番の名作は『こころ』だなぁと思います。
 個人的に一番好きなのは最後の50頁ほどです。特にラストシーン。ものすごく斬新な感じで、やられた、という感じがしたのですが、読んでから思えばこう言う結末になるのは必然であったような気もします。

評価:B
posted by みさと at 22:14| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

坊っちゃん

 夏目漱石さんの長編小説です。

あらすじ
 東京の物理学校を卒業したおれは松山の中学校に数学教師として赴任した。江戸っ子気質のおれは私生活を冷やかしたりいたずらをしたりする生徒たちと対立する。赤シャツや野だら他の教師らとも交流を持つが、どうもしっくり来ないことばかりだった……。




 妹に借りて読みました。喋り言葉(べらんめえ口調の江戸弁?)で書かれており、読みやすい部類に入ると思います。ストーリーも痛快で分かりやすいです。いい意味で、子供向けに近い感じがします。登場人物の役割付けがはっきりしていて、悪役がきちんと定められていますが、その悪役も悪役ながら愛すべき印象を与える。赤シャツや野だいこがその役回りですが、決して心から憎むということはできません。バイキンマンみたいな感じとでも言うのでしょうか。親しみやすいキャラクターですよね。この親しみやすさは、彼らのような俗物的存在がある程度誰の心にも存在しているからかもしれません。
 もう一つ、この小説が傑作としているのは、構成/物語と文体がぴったり合っているからだと思います。文章が『こころ』とかのそれならば、『坊っちゃん』はあまり面白いと思えないのかもしれません。微妙なバランスで絶妙な作品が出来上がっているのだと思います。

評価:B
posted by みさと at 22:13| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

蜘蛛の糸/杜子春

 芥川龍之介さんの短編集です。収録作品は『蜘蛛の糸』『犬と笛』『蜜柑』『魔術』『杜子春』『アグニの神』『トロッコ』『仙人』『猿蟹合戦』『白』です。

あらすじ
 財産を使い果たした杜子春は宿もなく、洛陽の西の門にもたれかかって空を眺めていた。すると、どこからか片目すがめの老人がやってきた。老人の指示に従い、杜子春は再び金持ちになるが…。




 童話を中心に芥川さんの名作を収録した短編集です。そろそろ芥川さんのカテゴリ独立させようかな…。
 『蜘蛛の糸』『杜子春』は言わずとしれた寓話的な超有名作品です。『羅生門』のイメージが強すぎてか、個人的に芥川さんは暗くて重厚なイメージがあるのですが、この二作品は強烈な印象を残しながらも心をえぐってしまわない程度で歯止めが聞いています。絵本を読んでいるような少し懐かしい感じもしました。将来子供に読み聞かせてやりたい。そう思わせる作品です。
 『犬と笛』『魔術』『アグニの神』『仙人』『白』も童話の類ですね。子供向けの作品、というとまるで侮っているように聞こえますが、子供向けに書くって、大人向けに書くよりも遥かに難しいと思います。簡潔で、示唆に富んで、読む人を心躍らせ、感動させる。いずれも佳作で楽しめました。『犬と笛』『白』みたいな話を一回自分でも書いてみたいな、なんて思ったり。
 『猿蟹合戦』。解説で「所詮は気軽な戯作』とさらっと書いていて、「解説で作品批判してええん?」ってものすごく思いました。皮肉が効いていて面白いです。ただ、これは子供には読み聞かせたくないですね笑。
 『トロッコ』。実は読むのは初めて。子供の心理の描写が素晴らしいですね。先が分からず、次第に心細くなっていくあの気持ち。ものすごくよく分かります。山登りしてる最中によく獣道や踏み分け道に突っ込んでちょこっと冒険するのが趣味なので、今でもよく感じます笑 帰った後、アレが少し心地よいものに感じるから少し不思議。そもそも人生自体先の見えない不安なもの。そうですよね。。。
 『蜜柑』。どんよりと曇った暗澹たる気持ちが、色鮮やかな蜜柑が乱落する様子を通じて、見事に朗らかな気持ちに転換する描写がこの上なく秀逸だと思います。暖な日の色の蜜柑が汽車からバラバラと落ちていく様子。映画を見ているようにありありと目の前に浮かびます。読んでいる自分の気持ちまで作品の語り手に一致して変化しているみたいな感じがします。最終シーンの感情は、ほんとうになんとも言えないですね。明るくなれるとか勇気をもらえるとか心よいとか書くと、ものすごく陳腐で筆足らずになってしまいます。とにかく、読んでみてください! この短編集の中でも一二を争う名作だと思います。

評価:A
posted by みさと at 00:04| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする