2018年05月19日

4月30日 元越谷 久々の沢登り

 たまには山の記録でも。去年の夏に膝を怪我して以来、あまり山に行けない日々(沢には全く)を送っていたのですが、4月30日に久々の沢登りに行ってきました。久々に行くととても楽しく、膝を怪我して以来一番テンションの上がった1日であった気がします。

 CLを務めたので、ワンゲルブログも私が書いたので、転載しておきます。詳しくは↓を参照です。

http://kuwv.seesaa.net/article/459121996.html
posted by みさと at 19:17| 奈良 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

20歳になって思うこと。

1月7日、20歳となりました。12歳の頃に始め、8年間このブログを続けているのも不思議な感じがします。
 幼い頃は、20歳というととってもお兄さんな印象を抱いていたのですが、実際になってみると、まだまだ未熟で幼い感じ。こんなので(法律的にそうなっているというだけで)「大人」を名乗っても良いのかな、と不安に思います。


 楽しいことも苦しいこともいっぱいあった10代。小学校時代の手芸部、かるたクラブ、中学時代の地歴部。高校時代のインターアクト(ボランティア)クラブ。大学に入ってからのワンダーフォーゲル部、山仕事サークル。所属してきた部活だけをとって見ても、色々な経験をすることができてきたのだな、と。またこれらは私の価値観の形成に強く影響してきました。

 中学時代、サイクリングを通じて、柏原市、三郷町、王寺町を中心とする大阪府・奈良県の郷土史に興味を持ち、現地を回りながら地域のことを調べました。高校時代は河内長野でボランティア活動に取り組むうちに、社会問題についての興味が生じ、中学時代に考えたことと合わせて「まちおこし」「まちづくり」を将来の仕事にしたいと思い、拙いなりにその手法を考えたりしていました。大学になって地理学や建築史を学ぶうちに、「地域」というもの、「まちおこし」「まちづくり」というものを相対化して考えるようになり、「地域活性化」系から身を引くようになりました。代わりに、「地域」というものは一体どういうものなのか、また私がこれまで「地域」を愛する大きな理由となっていた「風景」が如何様に存在するのかについてを中心に考えることが多くなりました。
 色々変遷しているように思えますが、どの時代にやっていたこともいまの私の思考を形成しているものです。いまの自分の思考・性格を必ずしも肯定的に捉えているわけではありませんが、私はいまの私でしかありません。
 詳しくは申しませんが、勉強面でも、人間関係面でも、中学生活、高校生活、もっと良い10代の過ごし方があったのではないか、と考えることも多いです。しかし、上のように思うと、やっぱり掛け替えのない10代だったな、と思います。

 20代。色々な責任が生じてくる年代になってしまいました。自分の未熟さは痛感していますが、学問や仕事に励み、しっかりとした大人になることができるよう、精進したいと思います。
 30になる時、20代を振り返って、どのように思うでしょうか。どう過ごしても、10代の振り返りのようになんだかんだ肯定できるのかもしれませんが、積極的に認められるようにできたらいいな、と思っています。
posted by みさと at 12:46| 奈良 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

後期雑感

  読み終わった本の感想をだらだらと書き連ねるだけのブログになりつつあるこの頃ですが、今日は珍しく日記でも。夏休みが終わり、大学一回生も後期に差し掛かりました。
地理学や都市空間論関係の授業をとりまくる、かなり趣味性の強い履修を行い、毎日授業に臨んでいます。以前は「過疎地域の活性化をやりたい!」とばかり考えていましたが、最近ではそれに加えて「(変わっていくはずの)文化を守る」とはどういうことか、さらに関連して「文化を守る」思想の変遷やそのありかたを考えたりしています。
 土日は、10月中はほとんどワンゲルで埋まり、金比羅山でロッククライミングのトレーニング、比良の奥の深谷や南紀の立間戸谷などで沢登りなどをしていました。沢は楽しいのですが、かなりの週末が潰れるのでほかのやりたいことが全然できなくなるのがつらいところであります。
 11月6日は山仕事サークル杉良太郎のほうで「森の文化祭」というお祭りに参加しました。このお祭りは林業お手伝い先の雲ケ畑にてサークル主催で行ったものです。私はバルーンアートのパフォーマンスをしてまわりました。そのほか、廃材を使った積み木や杉玉づくり、バームクーヘン、竹ごはん、鹿肉コロッケ、野菜販売、ネームプレートづくり、輪投げなどなどいろいろな企画・料理がふるまわれていました。自分は立場上あまり遊びまわれなかったのですが、それでもとっても楽しかったです。今年は先輩におんぶにだっこでしたが、また来年か再来年には自分が中心となって動きたいです。過疎地でのお祭りを企画できる、というのは自分のやりたいことを考えると素晴らしい機会を与えられていると思います。来年のこの日を心待ちにしています。
 そして13日の日曜日には薪割りの作業。初めてやった時と比べるとだいぶ良くなったとは思いますが、先輩方のやるのを見ると、まだまだ精進が必要だな、と痛感。さらに、はじめてチェーンソーを使って木を伐採させてもらえました。少し怖いという思いはありましたが、なんとか伐採。なかなかできない良い経験をさせていただいたと思います。一番大変だったのは、切った木をロープで引っ張って作業場まで持っていく作業。綱引きの要領で引っ張っていくのですが、重くて大変な木もいくつか。久々にサークル活動で筋肉痛になりました。
 山仕事サークル杉良太郎、楽しいし、勉強になるし、居心地が良いしで本当に良いサークルです(居心地が良すぎてはめをはずし気味な気もするので、気をつけないと、ということはありますが)。入ってよかったな〜と最近殊に感じています。
 さて、次に来るのは学祭です。いよいよ今週末。クラス有志であげもの屋さんを出します。揚げスイーツ、揚げあんこもち、揚げチーズを売ります。高校に学園祭がなかったこともあり、かなり楽しみにしています。シフトが多くてあまり遊ぶ時間はないけれど、これも思う存分楽しみたいです!
posted by みさと at 17:46| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

長い夏休み

 さて、大学は8月の頭から9月いっぱい夏休み。二ヶ月も授業がなくては堕落しそうだ…などと思っていましたが、サークル活動や自動車教習所などで意外と暇のない生活を送っています。
 林業サークルではお手伝い先の集落でのお祭り(松上げ)のお手伝いをいたしました。地元の若中が足りないということで毎年うちのサークルが手伝っているそうです。中々他所の町のお祭りのお手伝いをするという機会はないため、本当に貴重な体験となりました。
 8月の末日からはワンゲルの沢合宿。日帰り〜2泊3日の沢登りを天候と体力気力の許す限り実行するというものだったのですが、台風の影響で二つだけ行っておしまいになりました。しかし、その二つがこれまでの沢登りの中で一番楽しいものだったので満足でした。京大ワンゲルのホームページに写真が上がっているので、よかったら検索してご覧ください笑。ちなみに下界でも野宿を貫いたので一週間かけたのに宿泊費が一銭もかからないという格安旅行でした笑
 合宿終了後は東京の友人宅に3泊して関東を観光して回りました。中々行くことの出来ない土地を回ることができて楽しかったです。
 10月からはまた授業。授業でもサークルでも詰め込みすぎてしまうきらいのある自分ですが、キャパオーバーにならない程度に頑張っていくつもりです。
posted by みさと at 23:20| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

大学生。

 ワンゲル部、林業サークルなどで土日をほぼ返上した学生生活をしていますが、今週は同じパーティの仲間が体調不良で急遽山行が中止になり、土日を比較的自由に使えることになりました。
 金曜日は沢に行く気満々で大学に登校した(金曜の晩出発予定でした)のですが、一時間目が始まる直前に山行中止の報。エネルギーのやり場に困り、ふと大学近くにある大文字山でも登ろうと思い立ちました。ワンゲルの一回生陣に声をかけたのですが、女子一人しか集まらず。4限後ボックスに向かっている最中に友達二人とあったので彼らにも声をかけ、四人で登ることになりました。
 一緒に登るワンゲルの子と歩荷(トレーニング用の重り)を持っていくかどうか相談。友達連中が変な反応をするので、不思議に思っていたところ、彼らが歩荷(ボッカ)を ウォッカ(водка)と勘違いしてたことが判明。自分としてはそれがかなりツボでした。
 山上では友達の持って来た麻雀に興じました。日も暮れていたので、ヘッドライトをつけて。ワンゲル勢二人はルールが分からなかったので、友人たちに教えてもらいました。途中夜景を見にカップルが登ってきました。折角のムードを馬鹿な大学生たちがぶち壊してしまって申し訳ない、と少しバツが悪かったです(あまり気にしてなかったようではありましたが…)。下山後大文字で麻雀をしたことを先輩に話すと、かなりびっくりされていました。ワンゲルで最も麻雀をしなさそうな二人が麻雀を覚えたからか、大文字で麻雀をするという発想が斬新だったからか…。
 詳しい内容は書きませんが、登山中も下山中も破天荒な友達にいろいろ楽しませてもらいました。いつものようなハードな山行も楽しいですが、ワイワイ話しながらのんびりハイキングするのも楽しいですね。
 下山後食事に行き、友達のうち一人の家にお泊まりさせてもらいました。定番の恋バナをしたり、祇園祭や夏休みの予定など話し合ったりといろいろ盛り上がりました。
 何だか、大学に入ってから初めていわゆる「大学生」なことをした気がします。勉強とサークルで全て過ぎ去ってゆく毎日の良い息抜きになりました。

 土曜日は勉強をしたりまた別の友達の家にお邪魔したり。日曜日は期日前投票に行き、ワンゲルでなかなか行けていなかった狂言のお稽古にも行きました。中々充実した週末を過ごせたと思います。
 ただ、この週末は仲間が体調不良だったから得られたものなのですよね…。彼女の体調が早く回復しますように祈るばかりです


追記
 毎度当ブログをご覧いただきありがとうございます。ただいま大学の授業の一環で自然科学・科学技術へのアンケート調査を行っております。ご協力いただけると嬉しいです。
回答フォーム↓
https://docs.google.com/forms/d/1woIRCWrjNRxrVzV_LghLaRsDo9U0TEuuTd2897Qlulg/viewform
posted by みさと at 23:24| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

サークル活動。

 大学入学からもうじき二ヶ月。地理学や都市論など、将来取り組みたい地域/過疎地振興にまつわる教科を中に履修登録しました。一週間に19コマですから、割と忙しい日々が続いています。
 サークルはメインとしてワンダーフォーゲル部に入部しました。沢登りのパーティに入ったのですが、同級生の保険が5月に間に合わず、残念ながらまだ一度も沢に行けていません。来週が初の沢登りで楽しみにしているところであります。ここまでは金比羅山でロッククライミングの技術を磨いたり、奥美濃で藪漕ぎをして読図・ルートファインディング・節水の練習と精神力の鍛錬をしたりしていました。
 ワンゲルの他に山仕事サークルと地元大学のボランティア系サークル、後芋けんぴ同好会なるものに入りました。参加できる頻度はワンゲルほどではありませんが、これらのサークルからも色々と学んでいきたいです。
posted by みさと at 21:15| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

高校卒業・京都へ

 お久しぶりです。3月9日、第一志望大学の合格が決まりました。学校や友達、家族らと共に喜びあったのも束の間、受験という壁が消えた途端に「卒業」の文字が目の前に現れました。めでたくも悲しく寂しい、感傷に浸るひと時となると思いきや、諸々の入学や以前から友人と構想していた卒業旅行の計画で、多忙に追われて一瞬の間に一週間がたってしまいました。
 16日に高校の卒業式を終え、翌日から親しい友人四人と二泊三日の卒業旅行に出かけました。魚津で見た蜃気楼(感動で騒ぎまくっていたら地元テレビに取材されました笑)、宇奈月の温泉、富山のお城、金沢の兼六園などなど、どれも心に残る思い出になりました。卒業式直後からというハードスケジュールのせいで後半バテ気味ではありましたが、仲の良い友達と忙しいこの三月の貴重な時間を共有できて、本当によかったと思います。4月からは遠く離れた土地へ行く友人もいたこともあり、別れるのが名残惜しくてなりませんでした。
 昨日は入学書類提出日だったのですが、一週間の無理がたたってか風邪をひいてしまい、しんどい中大学へ書類を提出を提出しに行きました。無事に出せたのですが、帰宅後バタンキューで、そのまま12時間も寝てしまいました。幸い今朝には殆ど回復し、地元の友人と会ったり塾の卒業式に行ったりしました。明日からは高校に合格体験記を出しに行ったり、大学の新歓に行ったりする予定です。
 こんな感じで忙しい毎日ですが、1日1日が本当に充実しているように感じます。


 4月より京都府内の某国公立大学へ通うことになります。遠距離通学となるためさらに時間がなくなって郷土ネタを書く時間がますますなくなってしまうかもしれません。しかし、京都も大和河内と同様歴史の宝庫ですので、新天地でも歴史探求をしていきたいと思っています。
 たとえブログに書けないとしても、柏原や三郷を始め、南河内・西和の歴史への興味は生涯持ち続けるつもりです! 高校の定期が切れるまでに、定期券内の河内長野・富田林の名所旧跡を回ってみる計画も立てています(*^_^*)
 これからも、間隔は長くなっても(やはり読書感想が中心となるかもしれませんが)ブログは更新していくつもりです。気長にお付き合い下さるれば幸いに存じます。これからもよろしくお願いたしますm(_ _)m
posted by みさと at 23:54| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

合格していますように。

 お久しぶりです。先週前期の大学入試試験が終わり、今は後期試験の小論対策をしながらものんびりとした日を送っています。前期試験の合格発表が3月9日で、それまでは中々落ち着かない日が続きます。
 一応合格圏内とは言われてきましたが、恐らく競い合うのも自分と同レベルの人たち。やってきた努力も、そう大きく(上にも下にも)変わるものではないでしょう。答案用紙に自分の力を精一杯ぶつけた後は天に委ねるほかありません。どうか合格していますように…。
posted by みさと at 20:58| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

受験の夏

 六月に部活を引退してからいよいよ受験モードに突入している高三です。だいぶと勉強三昧な夏休みだった気がします。後輩や大人の方には「大変やろ〜」などと言われるのですが、不思議と部活やっているときより楽な気もします。クラブに労する精神や体力をその分勉強に捧げているみたいな感じで、ひょっとすると部活をやっていたときより精神状態は良いかもしれないです笑
 しかし、自習ばっかりの生活はやっぱり飽きてきますね。学校の補講で7コマ、塾の夏期講習で25コマとっていましたが、それも終わったここ数日は自習の集中力が下がっている気がします。明日からは学校の授業が始まるので、自習に飽きるということはなくなるかな〜と思っています。しかしそれは自分で自由に使える勉強時間が減るということでもあるので、一時一時を大切に過ごしていきたいです。

 あ、卒業文集書かなきゃ…。何書こかな。
posted by みさと at 23:31| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

忙しい春休み

 春休みですが、部活、習い事、そして来年はいよいよ受験ということで塾の春期講習。結構忙しい毎日を送っています。
 さて、なかなかブログを更新していなくて、少し申し訳なく思っています。今気付けば、1月14日以降、読んだ本のレポを半ば保守更新的にアップしているだけでした。四月以降、高校三年生ということでますます受験勉強のため更新が減るとおもいます。
 12月にはクラブの海外研修でマレーシアに行ってきたり、この3月には岡山にハンセン病フィールドワーク行ってきたり、学外活動もいろいろありました。また機会があればそれについても載せたいと思います。
posted by みさと at 09:52| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする