2019年07月06日

グレート・ギャツビー(S・フィッツジェラルド)

 村上春樹訳で読みました。アメリカ文学に触れることは普段あまりないのですが、友人に声をかけられ、手に取ることに。

 華やかなパーティを毎週開く謎めいた隣人・ギャツビー。そこには煌びやかな男女が集まり、宴を楽しんでいた。ある日・ニックもパーティに招かれるが、そこに集う人々はギャツビーのことをろくに知らず、悪意ある噂ばかりを口にしていた。

 華やかな中に哀しい色の浮かび上がってくる物語であります。ギャツビーが大邸宅を買い、盛大なパーティを度々開くのは、過去に恋愛関係を持っていたデイジーと再び結ばれんとするため。
「ギャツビーは緑の灯火を信じていた。年を追うごとに我々の前からどんどん遠のいていく、陶酔に満ちた未来を。それはあのとき我々の手からすり抜けていった。でもまだ大丈夫。あしたはもっと速く走ろう。両腕をもっと先まで差し出そう。……そうすればある晴れたあさにーー
 だからこそ我々は、前へ前へと進み続けるのだ。流れに立ち向かうボートのように、絶え間無く過去へと押し流されながらも」(p326)
 華麗なる過去を未来に再び手にせんとしても、その試みを果たすことはとても難しい。東京五輪、大阪万博、現代日本でも、高度経済成長やバブルを懐かしみ、再現しようとする風潮がかんじられます。こうした空気感と、この物語がどうにもかぶるようで、少し座りの悪い心持ちを感じます。
 この物語では結局過去を手にすることはできず、哀しい結末を迎えてしまいます。悲惨な、悪意の介入した取り違えからギャツビーは死を迎える。パーティにはあれだけ人が集っていたのに、葬式に参列したのは彼の父親と使用人、主人公・ニック、「フクロウ眼鏡の男」だけ。無主となった屋敷には野次馬が集い、子供に卑猥な落書きがされ、荒れ果ててゆきます。。ギャッツビーの父親が死んだ息子の栄華を悲しくも誇らしげな態度で受け入れるのが、なんとも哀れで痛ましい。
 川を挟んでデイジーに向かって暮らし、プールで最期を迎えるというように水が彼の人生において印象的でありますが、これも時間の比喩のようにも読み取れます。隔てるもの、流れ行くものとしての川、淀み溜まるものとしてのプール。
 デイジーの魅力的な声は「金」と重ねられています。ギャツビーの生涯を通して、「アメリカン・ドリーム」のような栄華を儚み、悼むのが主題と読むのは、少し日本人的感覚にすぎるでしょうか。
 美しく、悲しく、良い物語でした。
posted by みさと at 09:43| 奈良 ☔| Comment(0) | 読書(海外文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

ムーミン谷の彗星(トーベ・ヤンソン)

 フィンランドの児童文学作家・ヤンソンによるムーミン・シリーズの二番目の作品。第一作品『小さなトロールと大きな洪水』によって住処を追われ、ムーミン谷に住み着くことになったムーミン一家ですが、ある日ジャコウネズミがやってきて、「ムーミン谷」に彗星が近づいてきて、地球にぶつかることを予言し、宇宙と星を見に天文台を目指すムーミンの旅が始まります。
 この小説の魅力は、何よりその舞台と登場人物からなる世界観にあります。
 子どもっぽいわがままを言うけど憎めないスニフ、学者気質でどこかかたいところのあるスノーク、冷静なさすらいの旅人・スナフキン、切手や虫のコレクションに夢中になるへムル族、「どうしても思ったところへ行きつけなくて、いつもどこかを憧れている」謎めいたニョロニョロ、、、  それぞれの言動はかなりわがままだったりむちゃくちゃで、それに誘導される物語の展開もナンセンスなところ(そもそも彗星がくるから天文台に向かうというところから…)が多いですが、それがとても心踊り、楽しい感じがします。
 登場人物たちの種族は様々でありますが、皆仲良く?関係を築いています。それぞれの種族の設定が、「世界の動物図鑑」だとか「おばけ図鑑」だとかにハマった子供心をくすぐって、魅力的であります。トロールというと「三びきのやぎのガラガラドン」に出てくるような、おどろおどろしい怪物をイメージしますが、この作品のムーミントロールは、カバのような温厚な見た目。スノークはムーミントロールにそっくりですが、体の色が変わる別の種族。人間に見えるスナフキンも、実はムムリクという種族。ニョロニョロのつかめない、たくさんいるのにどこか孤独な感じも素敵です。

「ムーミン谷」という舞台もナンセンスで、けれど、子供心をくすぐります。筏で川を降って行ったらいつの間にか山に入っていく。滝から落ちて危機一髪のところで、地面の割れ目から救い出される。。地形を想像すると、一体どうなっているのか、と感じますが、作品の不思議な世界観を作るのに良い働きをしています。講談社の新装版で読んだのですが、海底を竹馬で歩いているシーンを描いた表紙も素敵な雰囲気。
 原作を読んだのは初めてでしたし、アニメを見た記憶も遥か彼方で、新鮮な気分で読み始めたのですが、こんなに魅力的な世界観なら、人気シリーズになるのもさもありなん、と感じます。良い作品でした。
posted by みさと at 11:42| 奈良 | Comment(0) | 読書(海外文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

鏡の国のアリス(ルイス・キャロル)

 ルイス・キャロル作、中山知子訳の児童文学で、『不思議の国のアリス』と対になる作品ではあります。フォア文庫で読みました。『不思議の国〜』の方は即興で作られたものであり、破綻した世界観のイメージが強かったのですが、『鏡の国〜』は机上で書かれたものであるらしく、比較的整頓された印象。とはいえ、やっぱり『不思議の国〜』の香りは残して一つ一つのお話は、切り絵のように断片的で、夢を見ているような感じ。しっちゃかめっちゃかで面白いのですが、一つの物語として評価するには、少し難解な感じもします。
 チェスゲームの世界をモチーフにした物語で、アリスは白のポーンで、女王に「成る」ことを目指して世界を冒険して行きます。登場人物たちの行動も、それぞれチェスの動きに連動しています。こうした枠組みがあることが、『不思議の国〜』よりもとっつきやすさを与えている感じはしますが、やっぱり難しい。
 なんていうものの、とても魅力的なキャクター、世界感に彩られ、とても楽しく心躍る作品だと思います。子供心をとってもくすぐる。

 今では日常何気なく使っている鏡というものが、子供の頃は特別な存在であり、不思議で、怖くて、魅力的に感じていた記憶があります。覗くと現実世界と双子の空間が広がっているのに、決して入ることはできない。もし入ってしまったら、どうなるのだろうか。鏡ごしに向き合っている自分は一体何者なのか。どうやっても一部しか見ることのできない鏡の中の世界の先は、どんな風になっているのか。現実と同じように広がっているのだろうか。
 お話自体にも、鏡の要素がちらちら。トウィードルダム・トウィードルディーノ双子とか、白と赤の女王の性格の違いとか。あと、チェスのゲームの構造というのもそうですね。
 鏡って、素敵です。

 ジャバウォックの詩を始め、この作品にはしゃれや言葉遊びをたくさん散りばめられていますが、邦訳の際、どのように扱ったのかが気になるところ。友人が持っている新潮や角川の訳と比べてみると、その違いに驚きます。角川は韻踏みなどを忠実に守ろうとしているのですが、このフォア文庫の訳は子供向けでわかりやすくしているため、ある程度省略している。とはいえ、フォア文庫はフォア文庫で優しくて、角川や新潮にはない良差のある訳です。翻訳の難しさを感じます。。原文でも読んでみたいと感じる作品でありました。
posted by みさと at 21:58| 奈良 ☔| Comment(0) | 読書(海外文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

アルプスの少女ハイジ(ヨハンナ・スピリ)

 スイス人児童文学作家・ヨハンナ・スピリの作品です。訳は池田香代子、挿絵はいわさきちひろ。
 幼い頃、アニメで見たとは思うのですが、どうもぼんやりと記憶が薄く、話の筋は全く覚えていない。それでも懐かしさを感じるのは不思議な感じです。幼時に見た物語ってどれもそんな印象があります。

 この物語に現れる登場人物は皆、だれかを助けようとする優しさを持っています。だれかを支え、支えられることでおじいさんも、ハイジも、クララも、皆成長してゆく過程が、よく描かれています。
 この本は、先日京都駅のいわさきちひろ展に行ってきたのですが、その際に売店で購入しました。いわさきさんの絵は淡く柔らかな色彩が優しく可愛らしいのですが、モノクロの挿絵でもその優しさがよく現れており、物語とよく合っています。

 意外に思ったのは、キリスト教的世界観が色濃く現れていること。時代や地域を考えれば、当然なのかもしれません。おじいさんーーオンジがキリスト教世界の逸脱者として描かれ、物語が進むにつれ、その世界に復帰していく様が、とても印象的です。放蕩息子の喩えまで出てきます。
 非キリスト教世界ーーアルプス、キリスト教世界ーーフランクフルト、デルフリ村
という対比が考えられますが、アルプスを自然の営み、雄大さを感じさせるように肯定的に描き、フランクフルトを精神的にも空間的にも(デルフリ村も精神的には)閉ざされたように、否定的に描かれているのが、キリスト教への認識と対応せずに不思議な感じ。ーーこの作品は野生の精神とキリスト教主義的精神の止揚の様を描いているのではないか、とふと思いました。さらに、これが書かれたのは19世紀。近代主義の時代が訪れていることを考えると、近代合理主義へのアンチテーゼ・反発運動として、原始的・中世的精神の止揚を描いたとも考えられます。

 そのほかに印象に残ったのは、アルプスの自然を中心に、色彩の描写が鮮やかであったこと。
「しずみかけたお日さまが、もみの緑と雪渓の白にぬりわけられたアルプスの山々を照らしていました。とつぜん、足もとの草の上に赤い光が落ちました。ふりむくと、はるかな岩山のぎざぎざは、空にむかって炎のように燃えたち、広い雪渓は真っ赤にそまって、その手前には、ばら色の雲がぽっかりとうかんでいました。草は黄金色に輝いていました。」(青い鳥文庫、p166)
 普段から色彩に富んだ風景が夕焼けという片時の明かりに照らされ、また別の色に染まっていく。色彩のコントラストが素晴らしいです。

 どうでも良い話なのですが、実は私のワンゲルでのあだ名がペーター。この作品に出てくるペーターから取りました(ハイジ、クララもいます)。ペーターってこんな性格なんや、と思いながら、ちょっと恥ずかしい気分になりながら読みました。
 アニメもまた見てみたいな。
posted by みさと at 12:05| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(海外文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

小公女(フランシス・ホジソン・バーネット)

 フランシス=ホジソン=バーネット作の有名な児童文学です。曾野綾子訳の講談社・青い鳥文庫のものを読みました。
 名高い作品ですが、恥ずかしながら読んだのは、おそらく初めてです。

 児童文学とみなされる作品には、主人公が積極的に行動を起こし、自ら活路を切り開いていくというお話が多い気がしますが、このお話の主人公・セーラは少し違います。お金持ちのクルー家に生まれ、父の死により小間使いに転落し、父の友人との接触によって再び裕福になると言う風に、物語は主人公ではない外在的な営力によって進行されていきます。セーラは、気高き気丈な心と豊かな想像力をもってそうした運命に耐え、それらを導いているのです。物語・主人公がまさしく「運命」によって動かされていると言えるでしょう。
 受動的な展開ではありますが、だからこそこの作品のテーマである主人公の気高さ・気丈さが引き立っている気がします。気高さ・気丈さは「運命」と相性の良いテーマだと思います。

 また、セーラは屋根裏の自室で、粗末な部屋をバスティーユの監獄や豪華な部屋にいる「つもり」になる空想遊びをし、辛い気持ちにならないようにしていました。これは、粗末な、殺風景な部屋であるからこそできることだと思います。装飾も何もない、「意味」の削がれた空間であるからこそ、想像によって「意味」を付与したくなるのでしょうし、そうできるのでしょう。屋根裏部屋はセーラの想像力を活かすには良い環境であったと言えるでしょう。


 そういえば、小学生の時分、「小公女・セーラに似ている」と同級生に言われたことがやけに記憶に残っています。それはどのような文脈で、どのようなニュアンスで言われたことだったのかは、全く思い出すことはできないのですが……。
posted by みさと at 11:44| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(海外文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

ピーター・パンとウェンディ(ジェームズ・M・バリー)

  ジェームズ・M・バリーさんの小説です。

あらすじ
 ウェンディら三姉弟の家にピーターパンが現れた。彼は三姉弟に魔法の粉へとふりかけ、ネバーランドへと一緒に飛び立った。人魚、人食いワニ、インディアン、海賊たちの待つネバーランドではピーターパンを中心に様々な冒険が繰り広げられる。




 ものすごーく久々の海外小説。児童文学と言いつつも、かなり残酷な描写があり、いろいろ深く考えさせるところがあったり、結構大人向けな印象を受けました。「本当は怖いピーターパン」なんていう話(これは大人になった迷子を間引くという記述からだったかと)を聞いた事がありますが、確かに…。なんとなくピーターパンにヒーロー的なイメージを抱いていたので、見事に破られて結構ショックを受けましたが、おもしろかったです。
 ネバーランドというのは、子供達が作る想像の世界なのではないでしょうか。小さい子供って、「ごっこ遊び」をよくします。そうした遊びをするとき、私たちはある一貫した世界(ときにはそれは夢の中にも通じます)を作っていたかと思います。それがネバーランドなのではないでしょうか。三姉弟がある程度共通したネバーランドを持っていたのは同じ環境で育っていたから。そして、ある程度「ご都合主義」もそうした想像の世界では問題がありませんし、ネバーランドにいる間いろいろなことをする「フリ」をして済ませていたのもそうしたことの暗示なのかもしれません。また想像世界の象徴たる妖精・ティンカーベルの死は子供達が大人になってそうした世界が失われたことの象徴とも言えそうです。
 フックを見栄っ張りで冷酷な大人像を崩さないまま殺す一方で、大人の代表格であるウェンディのお父さんが同じく見栄っ張りで卑怯なのにやけに子供っぽく書かれているのが面白いです。この小説は大人と子供を大きく分けているようで、通底するところがあることを認めているのかもしれません。

 この本を読んで、つまらない大人になることに嘆きながらも、それを何の抵抗もなく受け入れようとしている自分に気がつきました。ピーターは記憶を積み重ねないから大人になれない(+なりたくない)のかなぁ、なんて思ったり。

評価:B
posted by みさと at 11:56| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(海外文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

ふしぎの国のアリス(ルイス・キャロル)

 ルイス・キャロルさんのファンタジー小説です。北村太郎さん訳のものを読みました。

あらすじ
 少女アリスは、面白そうな喋るウサギを追いかけて穴に飛び込んでしまった。穴の中では、奇妙なことがたくさん起こる不思議な世界だった。体の大きさが変わったり、動物や植物、無機物がしゃべったり……。




 ドラマ「アリスの棘」に触発されて、読みました。絵本やアニメで読んだり聞いたりしたことはありますが、実は小説を読むのが初めて。翻訳小説というのはどうも苦手で、読むのに大分時間がかかってしまいました。
 アニメなど絵がついていれば、まだ可笑しく読むことができるでしょうが、時折挟まる挿絵だけでこの小説を読むのは中々に苦痛です。破綻した世界を楽しむのがこの小説なのでしょうが、むしろ読んでいて頭がおかしくなってきそう。翻訳で良くあることですが、註釈を見ながら読むのもじれったいです。
 もっと英語力があれば、原文で読みたいなとも思うのですが、今はまだ辛そうです。
 尤も、長年に渡って読み続けられている世界の名作を読み逃すのも勿体ない話です。一度読んでおいて損はないと思います。
 「鏡の国のアリス」も一度挑戦してみたいですが、またしばらくしてからかな……。

評価:C
posted by みさと at 21:33| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(海外文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

たたり(シャーリイ・ジャクスン)

 シャーリイ・ジャクスン氏著、渡辺庸子氏訳の怪奇小説です。

あらすじ
 ジョン・モンタギュー博士の心霊調査により、「丘の屋敷」にエレーナ・ヴァンス、セオドラ、ルーク・サンダースンの三人が集められた。博士らの予想通り、「丘の屋敷」は怪異を起こし、四人の関係に傷をつける。怪異が続き、彼らは精神的に疲労し、そして…。




 超常現象も起こりますが、この物語で怖いのはそこではありません。
 物語の世界では、度々存在感のある「屋敷」が出てきます。この物語も屋敷が恐怖の対象。段々屋敷に侵され、おかしくなっていくエレーナを見ていると、不安を感じ、さらにそれが恐怖に変わります。本当に恐ろしい。
 人はやはり「家」に影響されるのでしょうね。現実の世界に生きる我々も、ひょっとすると「家」に影響されているのかも知れません。

評価:B
posted by みさと at 21:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(海外文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする