2019年03月17日

夢分析(新宮一成)

 新宮一成さんによる新書です。新宮さんは現在奈良大学の教授をされている精神医学・精神分析学の学者さんで、前任校が私の在籍する京都大学人間環境学研究科/総合人間学部です。私が入学する前年に退官されたので、直接お会いすることはありませんでしたが、後任の松本卓也先生の研究室に在籍する友人もおり、少し親しみがあります。京大教養部系の精神分析学はラカン研究に特色があるという話も聞いたことがありますが、新宮さんもラカン研究で業績を残されております。

 この本は、ラカンより以前のフロイトの『夢判断』を基礎として、夢分析を行い、人間の無意識を探るという内容。具体的事例を多く取り上げており、初学者でも平易に理解できると思います。
 空飛ぶ夢が言語の習得の記憶と結びついているとか、虫にたかられる夢は妊娠への意識を暗示しているだとか、車に轢かれることが性行為を意味するとか。エディプス神話と結びつく三つの類型夢(裸で困る夢、近親者が死ぬ夢、試験の夢)があるだとか。夢には汎人類的な類型があるというのが定説となっているように書かれていますが、中々初学者には新鮮で、どのように証明したのか(あるいは分析学の世界ではどのようなレベルで証明したということになるのか)気になるところであります。
 不思議な感じはしますが、面白い。とりわけエディプスのトリアス(三類型夢)がそれぞれ人間の社会的成長と深く結びついているという理論は興味深く読みました。
 モチーフばかりでなく、夢に現れる数字に意味があるというのも、中々信じがたいですが面白いところ。三はファルス(象徴的意味を持った男性器)、四は結婚と結びついているだとか。なぜ数が象徴的な意味を持つようになったかについて、新宮さんは、幼児が人間がいかにして増えて行くかについてーーひいては性の問題について、性行為ではなく、純粋に「数」で把握していたからではないかと述べています。人間は、数によって社会を把握していると言います。

 夢分析は中々興味深く、自分も夢日記をつけて分析しようかなと思うほど刺激的ではありましたが、詳しい理論を知らない私のような初学者にとっては、少し飛躍的な論理構成で、戸惑いも感じました。少しの勉強ではとんでも科学と簡単に結びつきそうで、もう少ししっかり精神分析学について学んでみたい気もします。

 そう言えば、精神分析学というものは人文科学、社会科学、自然科学のいずれに当てはまるのか、不思議な感じがします。医学系の研究者(フロムなんかは社会心理学ですが)が多いですが、明らかに人文主義的なアプローチをとっている。それを言えば、私の所属する建築学なんかも人文主義的なところが大きいですし、農村社会学や生態人類学なんかもそうですし、理系出身者が人文的な手法を取ることは普通のことなんだなぁと思います。(記事分類は新宮さんが医学出身ということで自然科学の方に入れてます)
posted by みさと at 14:37| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(他自然科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

PTSDとトラウマのすべてがわかる本(飛鳥井望監修)

 飛鳥井望さん監修の本です。下の妹が数年PTSDを患っていることから母に貸してもらったものを読みました。一般向けの本で、イラストと簡単な文章を使ってわかりやすく述べられています。
 PTSDやうつと言ったものの症状は、単なる悲嘆、気分の落ち込みと混同されやすく、多少のリテラシーを持っていないと、患者のこころを傷つけ、病気を長引かせる誘引にもなります。私も当時はPTSDの存在こそ知っていましたが、正しい理解を持たないまま妹と触れ合って、傷つけてしまったこともあるかもしれません。
 何となくPTSDのことを知ってきたつもりでいましたが、再体験、回避・麻痺、過覚醒がPTSD の主要三症状ということや実際の治療でどのようなことをしているのかということさえ知らず、読んでよかったと思います。何となく自分で知ること、妹の病気と向き合うことを避けている面もあったので、これをきっかけにもう少し勉強し、向き合いたいと思えました。
 このシリーズを何冊か貸してもらっているので、また空き時間に読もうと思います。本当に簡単な一般書で情報量もそう多くありませんが、基礎知識もない身からすると気楽に読める分良い気がします。
posted by みさと at 23:51| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(他自然科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

薬物乱用の本(中原雄二)

 中原雄二さんの本です。覚醒剤、シンナー、麻薬など、あらゆる薬物について科学的に書かれています。

 十冊近く溜まっている感想の第一弾です。一部は昔すぎてあまり覚えておらず、もう一度読むつもりです。
 非常に科学的……で、少々難解なところがあった気がします。中でも印象に残っているのがシンナーです。シンナー遊びをしているところなんて私は見たことがありませんでしたが、この本が発行された1983年頃はまだ多かったようです。シンナー遊びが消えていったのはこのような本が多く発行されたからなのでしょうね。そう思ってこそ、こういう本の良さが分かると思います。
 少々古いですが、この本を読めば、薬物についての基礎知識、いや詳しい知識がつくと思います。

評価:B
posted by みさと at 12:05| 奈良 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | 読書(他自然科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

宇宙がよろこぶ生命論(長沼毅)

 長沼毅さんの本です。地球に生命が生まれた理由について、また他のところに生まれる可能性があるかについてなど、様々なことを科学的観点から書かれています。

 軽い文調でしたが、内容が難しかったです。中学課程すら修了していない者が読むには早すぎたかな……。ただ、生命が生まれる条件については大雑把ですが理解することが出来ました。またもう少し勉強してから読んでみたいと思います。

 評価:B
posted by みさと at 21:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(他自然科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

毒草を食べてみた(植松黎)

 植松黎さんのエッセイです。多種多様な毒草の紹介が書かれた本です。

 タイトルに惹かれて読みましたが、全て食べてみた訳ではありませんでした(そりゃそうだ)。本当に一部だけ。
 毒とは恐ろしいものだと昔から思っていましたが、その印象は変わらず、むしろ強まりました。この本を読んで自然の脅威、神秘を感じることができました。

評価:B
posted by みさと at 14:41| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(他自然科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする