2020年04月01日

花見と桜 <日本的なるもの>再考(白幡洋三郎)

感染症の流行で中々し難い時節柄ですが、一応お花見シーズンということで手に取った新書。筆者は世に「桜」論は多くありますが、それらはあくまでテクストベースであり(しばしば国粋主義などの精神主義と結びつけられ)、修辞に蹂躙されていない、群衆と桜の関係を描いた「花見」論は見られないとして議論を始めます。
 筆者によると「花見」は「群桜」「飲食」「群集」の三要素を持って「花見」が成立します。この定義によると「花見」は海外に見られぬ日本独自の文化であります。
「花見」は中国への憧れから生じた貴族的・儀礼的な梅の花見の伝統と、豊作を祈る農村の「春山行き」の二つの文化の融合して生じたものだという理論は興味深いです。このため花見の名所は郊外に多く作られたと述べられています。具体的事例としては、徳川吉宗が飛鳥山、向島、御殿山に桜を植樹しましたが、これは鷹狩りのための野生鳥獣の保護のためであり、農民への慰撫策であり、都市民を消費者として惹きつける観光振興策でありました。筆者はこれらの公園を都市拡大に伴う郊外公園のさきがけとも位置付けています。

 色々と面白いトピックの多い一般書でありましたが、この本の議論の出発点となる三要素が個人的にはあまりすっきりしませんでした。イメージで恐縮なのですが、「群桜」「飲食」「群集」からなる「花見」は(筆者は都鄙折衷と述べていましたが)どちらかというと都市的なもので、あまり農村にはないものなのではないでしょうか。そもそも農村には「群桜」があるところは観光地をのぞいて少ないでしょうし、そもそも「群集」は成立しません。
私は都市郊外の旧農村に生まれましたが、個人的な経験としても、神社や駅の桜を観に行ったり写真を撮ったりした記憶はありますが、シートを敷いて飲食を伴う「花見」をしたことはありませんでした。大学に上がって上洛して初めて、こうした「花見」を経験しました。初めてで不思議な感覚を受けた記憶が残っています。
ちょっと「花見」というものを狭義に設定しすぎているんじゃないか、もっと多様な花見のあり方を議論しても良いのではないかな、と感じました。

筆者の白幡さんは京大農学部の造園学(現環境デザイン)教室出身。今でこそ生態学寄りのイメージが強いですが、かつては西田正憲さんとか小野健吉さんとか文化/歴史系の研究者も多く輩出しています。柴田先生のやっているような今の研究も面白いですが、私自身の研究が文化史的なところなので庭園史系が弱くなってきたのはちょっと寂しい気がします。
posted by みさと at 13:58| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(森林/造園,農学系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

都市と緑地(石川幹子)

 院試勉強、第四弾。今回読んだ本は緑地、公園の歴史についての本です。欧州、米国、日本それぞれの公園史の概観を通して、今後の都市マネジメントの方向性について提言をするといった構成。扱っている内容はかなり広範に渡りますが、かなりしっかりした内容で、中々読み応えがありました。
 筆者の出自は農学部の造園系ですが、研究内容は都市計画にかなり近い方で、本書も公園・緑地計画の都市計画史上の意味づけを確認しつつ進んでいきます。

 そもそも、「緑地」「公園」と言っても、とりあえず緑のあるところ、とか、子供が遊んでいるところ、とか、植栽の多い広場、とか、一般にはその程度の漠然としたイメージであります。
 この「緑地」は公的に定義されており、大きく「施設緑地」と「地域性緑地」にわかれます。前者はいわゆる都市公園や児童遊園、あるいは寺社境内地などのような、公的機関や民間業者によって一般市民に解放されている空地のことを指します。後者は風致地区や生産緑地、保安林区域、自然公園などをゾーニング指定すること、すなわちゾーニングによって、既存の緑(森林、農地など)を守っているものであります。

 産業革命期、欧州各地では都市環境・公衆衛生の悪化が顕著になり、ペストが流行し、多くの死者が出ました。そこで都市改造が社会的に要請され、その一環として、都市の肺たる「緑地」が注目されました。ここにおいて、王侯貴族の庭園や狩猟地の解放、顧問の保全、城壁跡地のプールヴァール(広幅員道路)への転換が行われてゆきます。これこそ、「近代公園」の誕生であります。
 19世紀中葉以降、米国においても急速に工業化、都市化が進展する中で、都市の秩序をを担保すべく、「パークシステム」と呼ばれる公園緑地と広幅員街路の系統が整備されます。これは、従来別のものとして考えられていた街路計画と緑地を結びつけ、緑を重視した都市基盤を整備した画期的なものでありました。
 さらには、19世紀末に郊外に都市と農村を止揚した自律的な理想都市を作ることを目指したエベネザー・ハワードの「田園都市思想」、さらにはこれに基づいて都市を越える広域計画として「地域計画」が緑地保全の第三の潮流として現れます。

 緑地は戦後の日本においては、経済性のないものとしてあまり省みられることのないものでありますが、火災の延焼防止、気象の緩和、コミュニティの場のなど、多面的な機能を持つ重要な都市インフラであります。
 19世紀の米国では、緑地を作ることで周辺の地価があがり、受益者負担を課すことで緑地の設置・管理費用を賄えたとあります。衛生状態の良い現代日本では公衆衛生や緑地の大切さへの認識が下がり、地価への影響は当時の米国ほど期待できず、このような形での資金調達は難しいかもしれません。
 しかし、人口の減少していく21世紀において、現在の建蔽地を非建蔽地に転換していくこと、緑地(農地を含む)を新しく創出していくことはこれからの都市計画における最重要テーマの一つではないかと思います。維持に費用のかからない緑地をどこに、どのように作っていくのか、ということをこれから先考えて行かねばなりません。この時、都市計画は都市計画、農政は農政と別々に考えていてはなりません。現在縦割りに分かれている都市計画と農村計画、さらには森林計画など国土空間を扱う多様な行政分野(さらにはそれの基礎となる哲学、地理学、社会学、農学、建築学、行政学などの諸学問)が手を携えることが必要があると考えます。
posted by みさと at 18:54| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(森林/造園,農学系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

日本の樹木ポケット図鑑(増村征夫)

 増村征夫さん著、340種を収録した樹木図鑑です。森林科学の人が使うような本格的な辞書ではありませんが、街路樹から山の木に至るまで、身近な樹木は一通り収録しています。花や葉、果実、樹皮など、植物をそれぞれ特徴的な部分ごとに分けて収録しているので、素人にも探しやすいです。
 文庫サイズで携帯しやすいのも良い。隙間時間の暇つぶしに、と思って通読しましたが、読み物としても面白いです。北原白秋の「この道」に出てくる「アカシヤ」は「ハリエンジュ」=「ニセアカシヤ」だとか、文学的な小ネタもところどころに入れてくれているのが私の関心とも合って嬉しかったです。
 最近造園への関心が強く、もっと植物を覚えたいという思いが強くなってきております。森林科学の人に声かけて、里山かどこかを一緒に歩いてもらおうかなぁ。
posted by みさと at 10:23| 奈良 | Comment(0) | 読書(森林/造園,農学系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

みぢかな樹木のえほん(公益社団法人国土緑化推進機構編)

 後輩に貸してもらった一冊です。公益社団法人国土緑化推進機構編、平田美紗子絵。
 山に、庭に、街に身近に植わっている樹木をイラスト・漫画を用いて、子供向けに紹介した本です。春夏秋冬の生態や生き物や人間の生活との関わりが簡潔に書かれています。
カエデ、マツ、ケヤキ、ツバキ、スギ……紹介されている木はいずれも名前は誰もが知っているもの。しかし、これらを全て識別できる人も、それらがどのように使われているか知らない人がほとんどではないでしょうか。私自身、2年間林業サークルに所属してある程度木についての知識がついてきたつもりでしたが、それでもなお知らない知識が多くありました。大人が読んでも、大いに勉強になる本だと思います。

 一方で、子供向けにしては情報量が過多で、熟語も多く、子供向けにしては難しすぎる気がします。普通の一般書にふりがなを振っただけのような部分もあり、子どもの教育よりも、大人の入門書として良書であると思います。
posted by みさと at 23:16| 奈良 | Comment(0) | 読書(森林/造園,農学系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

知識ゼロからの現代農業入門(八木宏典)

 八木宏典さん監修の本です。遺伝子や制度、貿易などの概論や各作物の各論をざっくりと行なっています。

 私は中学時代より「農村」に興味があり、「生活空間」を中心に、地理学・社会学・民俗学などの知識を用いて分析したり、巡検したり、文献を読んだりしてきました。実家に少しばかりの畑もありますし、サークルで林業をしていたり「農」「農村」というものに馴染み深いはずなのですが、意外と「農業」自体については知識がないな、と思ってこの本を図書館で手に取りました。
 ざっくりと様々なことに触れており、軽く暇つぶしに読めました。
 私にとって直接役立つ知識ではありませんが、「農村」をフィールドにする上で、農村関係の書物を読む上での基礎知識となったと思います。
 この本でもほんの軽く触れられていることですが、最近地主制について興味が出ており、土地制度史・農政史について、もっと掘り下げてみたい気がします。
posted by みさと at 22:47| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(森林/造園,農学系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

造園の手引き(京都府造園組合)

 京都府造園組合の本で、庭園史から設計、施工、管理に至るまでを概観しています。かなり平易に造園学の基礎をまとめており、とても読みやすく勉強になりました。とりわけ日本庭園のデザイン特性や空間構成技法が興味深かったです。借景や縮景、見え隠れくらいは知っていましたが、遮り、障り、生け捕りなど知らない技法もたくさん学ぶことができて、日本庭園を見る目が少し向上した気がします。
 かなりテクニカルな話も平易に書かれていて、人文系学生の私が読んでも理解できました。造園や建築の技術的な面を知ることは半ばあきらめている傾向があるのですが。この程度の基礎の基礎くらいを書いてくれていると面白くてうれしいです。
 造園系の人だけでなく、庭園、緑地空間に興味があれば、ぜひ読んでほしい一冊です。
posted by みさと at 16:50| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(森林/造園,農学系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

日本庭園ーー空間の美の歴史(小野健吉)

 小野健吉さんの本です。先史時代の庭園前史から重森三玲の近代に至るまで、日本の庭園史を概観しています。大学の授業で小野先生の授業をとっており、庭園に興味が出てきたことから読みました。
 小野先生はかつて私の学部で客員教授をされており、現在は和歌山大の観光学部で教鞭をとっていらっしゃいます。後期に急遽ピンチヒッターとして授業を担当なさることになり、学系の建築史の先生から、受講を勧められて受けたところ、庭園の魅力に惹かれるようになったという次第であります。庭園というのは日本人特有の「名所」の風景観が現れるところでありますから、風景に興味のある私にとってとても気になるものだったのです。
 これ一冊を通読すれば、日本庭園の通史が理解できます。ただ綺麗だな、と庭を見るというだけでなく、歴史を知れば、ますます庭を見るのが面白くなります。浄土思想の表現された木津川市の浄瑠璃寺庭園、桃山期・醍醐寺三宝院の豪奢な庭園など、いくつかの庭園を実際に観に行きました。中学や高校の頃、兼六園や栗林公園をただ綺麗やな、とだけ思っていたのがもったいないように思えてきます。またこれまでにいったことのあるところを含めて、お庭巡りをしてみたいな、と思います。

 また小野先生が終章で書いているのですが、様々な時代の庭を考えることで、日本人の空間的美意識が見えてくるのがとても興味深いところです。時代により変容はありますが、自然の眺めがその規範となっているということは、奈良時代以降の庭園に共通するものであります。
 私が考えている風景は近代以降に偏っている気がします。前近代も含めて風景についてもっと思考できるようになれば、今回学んだ庭園史がもっと生きてくるのだろうな、と。もっとたくさん本を読まねば!  美学あたりも勉強したいです。
posted by みさと at 20:44| 奈良 ☔| Comment(0) | 読書(森林/造園,農学系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

森林の機能と評価(木平勇吉)

 木平勇吉さん編著の一冊です。公共政策論の演習で林業・森林政策をテーマに選び、その参考にするために読みました。資本主義の世界を考えていると、森林は林業者が木材を生産する場という側面が目立ちますが、実際森林は「緑のダム」というように水を蓄えたり、根を貼ることで土砂災害を防止したり、日本人の原風景を構成する要素となることで、また信仰の対象となること文化形成の基盤となったり、散策に来る人を癒したりするなど、人間社会に多様な形で貢献しています。このため、森林を活用する、時に林業という産業は極めて外部経済の大きな産業であるのです。
 こうした森林の多面的機能は大昔から知られており、平安時代に禁伐令が出されたり、江戸幕府が造林を行ったりしております。戦後初期は経済的機能を重視した政策が中心でしたが、多面的機能を分析し、評価しようとする試みも次第に盛んになり、昭和40年代にはいくつかの森林機能が貨幣評価されました。特に2001年に日本学術会議の「地球環境・人間生活にかかわる農業及び森林の多面的な機能評価について」の答申があり、林業基本法が森林・林業基本法に改正されて以降森林の多面的機能についての注目は強まります。

 ある程度知っている知識を、少し学問的に消化できたような気がします、特に、外部経済をミクロ経済的に費用便益分析を行なったグラフが載っており、このように描けるのだ、と驚きました。経済学の人なら常識のようなことなのかもしれませんが、全然経済学をやってない身からすると、数式だけでこの世を描ける面白さに触れることが感動しました。

 発表では多面的機能の内部化と、森林機能の保持、林業山村振興を目的に、申請に応じて森林機能を簡便に段階評価してそのランクに合わせた助成金を交付するという政策を考えました。かなり粗いな、と思いながらも、教授には(1、2回生向けの基礎演習ということもあって)高評価をいただいたので、ちょっと満足です。
posted by みさと at 12:16| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(森林/造園,農学系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

図解 知識ゼロからの林業入門(関岡東生監修)

 関岡東生さん監修の本です。東京農業大学の森林総合科学科の人たちが中心となって書かれています。林学の基礎の基礎がきわめてわかりやすく書かれてあるといった感じです。私は林学が専門ではありませんが、サークルで林業をやっており、また山村にも興味があるので、結構知っている内容が多かったのですが、まとまって確認できたのでよかったです。林産加工の話は全然知らないことばかりで、勉強になりました。
とてもわかりやすいので、林学入門書におすすめです。
posted by みさと at 17:29| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(森林/造園,農学系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

日本風景論序説 農の美学(勝原文夫)

 勝原文夫さんの風景論です。風景論シリーズその3。人々は幼少期に過ごした自己形成空間から「個人的原風景」、また国民的風土・歴史的伝統によって形成される「国民的原風景」からなる「原風景」を基準にして風景を審美しているというのが本旨であります。「国民的原風景」というのは、「ふるさと」とか「春の小川」に歌われる、山河麗しい農村風景と考えられます。都市の住民であっても、農村の景色を見て懐かしい、と感じるのは国民的原風景があるからということです。
 中でも興味深かったのが、都市にある農地――生産緑地のお話。生産緑地は農村風景の一端を示すものであり、人々はそれを通じて農村風景への欲求を満たしているということ。なんとなく都市にある田園は好きでしたが、この本を見てその理由が解き明かされたようでおお、となりました。どんどんと宅地化の進む生産緑地をみると、少しやるせなく感じます。

この本を読んで、人々の「原風景の揺らぎ」についていろいろと思うところがあったのですが、授業のレポートにしてしまったので、書くのはやめておきます。レポートにした内容をブログに書くの、別に悪い訳ではないと思います(逆はアウトでしょうけれど)が、念のため。また気が向いたら書くかもしれません。
たぶん、風景論シリーズまだまだ続きます。笑。

評価:A
posted by みさと at 15:15| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(森林/造園,農学系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする