2018年05月17日

地名の研究

 柳田國男さんの地名にまつわる論文をまとめてある本です。地名の形成の仕方や、具体的に色々な地名がいかにして成り立っているのかが書かれています。利用地名、占有地名、分割地名の概念をはじめ、地名を考える上で必要な基礎的な事柄、また具体的な地名の成り立ちの考察などが書かれています。
 地名はそれぞれ独自性の強いもので、その地を調べるならばその地を入念に検討しないといけない、という念が頭にありましたが、当然色々な土地に共通の地名はあるわけで、、、。たくさん採集して比較検討しなければならない分野です。この本一冊を読むだけでたくさんの事例は頭に入ってくるので、地名を考えていきたい人には必読の本ではないでしょうか。
 柳田さんですが、地理学っぽい話、地理学の雑誌で発表した話が多いです。地域研究って民俗学、地理学、農村社会学など色々わかれていますが、結構重複するところも多いなー、と。


posted by みさと at 09:51| 奈良 | Comment(0) | 読書(民俗学/人類学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

日本の祭りと神賑

 森田玲さんの本です。祭りを「神事」と「神賑」に分節し、祭りの構造を解説するとともに、だんじり、布団太鼓、唐獅子、神輿などの練り物について詳述しています。
 中でも面白かったのが神輿の節の、「ミアレ型」「オイデ型」「ミソギ型」に神の道行の分類です。あまりおみこしの出るお祭りになじみがないのですが、「神事」「神賑」について考えるわかりやすい例となっていました。
 また幼いころより慣れ親しんできただんじりや布団太鼓がいかに成立したのかも大変興味深かったです。
 祭りのあり方について深く考える基礎知識をつけるとともに、祭事の民俗学的なフィールドワークをするときの指針を与えてくれたように思えます。
 在野の方の本ですが、参考文献もかなりしっかりしているのでおすすめです。

評価:A
posted by みさと at 16:50| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(民俗学/人類学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

文化人類学入門

 祖父江孝雄さんの本です。人類学は以前から興味があったのですが、なんだかんだで結局一冊本を読み、授業を一つ受けだだけにとどまっていました。人文地理学、建築史と並んで私の所属する学系(文化環境学系)の専門で、私の興味のある分野と隣接した学問なのでしっかり学んでみたいな、と思って入門書を読んだ次第であります。
 内容自体は平易で、一般的な教科書類と比べると圧倒的に読みやすいです。ただ、書かれたのが昭和54年であり、かなり古い本であります。平成2年に増補改訂版が出されたようでありますが、こちらでも早27年前。とはいえ基礎の基礎を身に着けることはできたと思いますし、これからもっとたくさん文化人類学の関連書籍を読んでいきたいな、と思いました。祖父江さんは県民性の研究で有名ですし、そのあたりの本も読んでみたいです。

評価:B
posted by みさと at 12:46| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(民俗学/人類学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

山怪 山人が語る不思議な話

 田中康弘さんの本です。山における不思議な話、怖い話をたくさん蒐集しています。何となく遠野物語を髣髴とさせるのですが、筆者の本職がらマタギにまつわるお話がかなりの割合で、内容も狐関係の話がやけに多い印象を受けました。あとがきで書かれていた蒐集方法を読むと、ああなるほど。作者はインタビューをするとき、呼び水としてここまでに蒐集した話を語ってみせているらしいです。
 内容に偏りがあるとはいったものの、やっぱり個々の内容は面白いです。そう遠くない昔の、名前の見える人の話だと思うと、かなりドキドキします。自分もどこかで不思議な体験に遭ってみたい気もしてきます(怖いから遭いたくないという思いもありますが…笑)。
なんだかんだ不思議な民話や怪談が好きな人にとっては十二分に楽しめる一冊だと思います。

評価:B
posted by みさと at 18:18| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(民俗学/人類学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

改訂新版 文化人類学

 内堀基光さん、奥野克己さんらによる教科書です。私は将来日本の過疎集落や衰退都市の地域活性化を行いたいと思っているのですが、そこに文化の保全というものが深くかかわってくることに気づき、文化人類学についても少し学んでみようと思ってこの本を読みました。
 ある程度文化の消失を覚悟して新規開発を行うにしても、今ある集落・都市の文化を活かして町おこしをするにしても、その文化を持っている人たちがどうしたいかを考えねばなりません。「文化」というものそれ自体移り変わっていくものなので、それを保全するとはいかなることかということも大きな問題です。文化相対主義は一見わかりやすい思想ですが、そのありかたについてもかなり奥が深いと思います。(また機会があればこのあたりの自分の考えをまとめて改めてブログに載せるかもしれません。)
 文化人類学をかなり広い観点から概論した一冊です。教科書というものはどうも読みにくいもので読了に時間はかかりましたが、学ぶことも多く、時間をかけて読んだ価値はありました。

評価:B
posted by みさと at 17:55| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(民俗学/人類学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

遠野物語

 柳田國男さんの作品です。言わずと知れた遠野物語。民俗学のバイブル的存在です。小話が無数に連ねられている形式で、7月以来隙間時間に少しずつ読んでいって、先週やっと読了しました。
 淡々と遠野の伝承や文化、民俗を綴っているだけなのに、遥か遠い遠野が不思議と近しい存在に感じてきます。全くの異国のはずなのにどこか郷愁めいたものを感じるのです。
 大学生中に遠野へ旅行してみたいなぁ、とふと思ったり。大学で専門にするわけではありませんが、地元含め、いろんな土地の民俗を調べるのもやってみたいですね。

評価:B
posted by みさと at 17:01| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(民俗学/人類学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする