2017年04月18日

D坂の殺人事件

 江戸川乱歩さんの短編集です。収録作品は『二廃人』『D坂の殺人事件』『赤い部屋』『白昼夢』『毒草』『火星の運河』『お勢登場』『虫』『石榴』『防空壕』です。

あらすじ(表題作)
 私はD坂にある喫茶店「白梅軒」で変わり者の友人・明智小五郎と話しながら珈琲を啜っていたところ、向かいにある古本屋の異変に気付く。駆けつけると、古本屋の細君が首を絞められて倒れていた…。




 久しぶりの乱歩作品です。ワンゲル合宿のお供に読みました。推理小説を中心に、色々な作品が収録されています。ちょっとネタバレ注意かもしれません。
 収録作品の中でも一番有名なのはやはり表題『D坂の殺人事件』でしょう。明智小五郎の初登場作品。中学時代(ですから五年ほど前?)に読んだことがありましたが、意外と結末を忘れているものでした。ミステリマニアだった中学生のころを思い出して少し懐かしい気分になったり…。
 『二廃人』も以前読んだことがありましたが、それでも結末には唸らされました。個人的には『D坂〜』よりもこちらのほうが好み。
 『赤い部屋』。気味の悪いブラックな話。こういうテイストが乱歩の醍醐味ですね。どんよりとした夢幻の空気が陳腐な本性を現すという結末も示唆的で、架空の小説の儚さを感じさせて好きです。
 『白昼夢』『虫』はよく似たテイストのお話。大人向けの乱歩小説らしい、とことんグロテスクながらもどこか美しさを持ったよい作品です。
 『毒草』は当時の貧しい庶民の暮らしを黒く痛烈に描き出した話でした。
 『お勢登場』は他作品ほどの後味の悪さはありませんが、かなり完成度の高いお話な気がします。乱歩版『玄鶴山房』といったところか。主人公の悲惨な運命にかなり辛くなります…。
 『火星の運河』は少し幻想的な、乱歩にしては異色の作品。と思いきや肉感的な美しさ、気味の悪さがあり、やっぱり乱歩。なかなかに好きな掌編です。
 『石榴』はザ・推理小説といった感じ。『二廃人』と同じ空気を持つ佳作です。
 『防空壕』も異色作です。切ないような、恥ずかしいようなお話。
 どの作品も短いながらも、それぞれ読み応えのある良作ばかりでした。久々の乱歩ワールドを満喫できてよかったです。

評価:B
posted by みさと at 15:57| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ミステリ小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

少女

 湊かなえさんのミステリ小説です。

あらすじ
 親友の自殺体を目撃した。転校生・紫織の告白に、由紀と敦子、二人の少女は衝撃を受けた。由紀はそれに自慢めいたものを感じ自分はそれ以上のものを見たいと思って、敦子は死体を見たら死を悟ることができるのではないかと思って、それぞれ人の死を目撃したいと願うようになる。そのために由紀は小児科病棟、敦子は老人ホームへとボランティアに行くことにしたが…。




 『告白』『しらゆき姫殺人事件』以来に読んだ湊かなえさん作品。最近映画化されたらしいのですが、それを今日人に教えられて知るという…。高三以降テレビを全然見なくなっているので、世間から取り残されつつあるような気がします(苦笑)。
 さて、ミステリを読んだのがかなり久しぶり(大学生になって初!)でしたが、この小説は本当に精巧に構成されていると思いました。あらゆる記述が伏線となっていて、次々と話がつながっていく様子が気持ちの良いくらい見事でした。
 登場人物群。臆病で人の目を気にしながら生きている敦子。達観して(したつもりになっていて)、他者を下に見ている由紀。彼女らの個性の強さは現実の人間と乖離しているように見えますが、実際多くの人が持っている性質をデフォルメして描いているように思えます。作中に描かれている彼女たちそれぞれの恐怖感、優越感、劣等感などの感情や文章から感じられる視野の狭さ。人間、特に思春期の思考を痛烈に描いていると思います。自分の中高時代の思考を思い出しても、彼女らに重なるところが多く、胸の中がじんじんとするようでした。
 ハッピーエンドで終わるならば中高生の妹や後輩に勧めたいと思っていたのですが、まあこの内容なので。思春期真っ盛りでも、それを過ぎていても、ある程度精神的に落ち着いているときに読んだほうが楽しめるだろうと思います。

評価:A
posted by みさと at 16:49| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ミステリ小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

怪しい店

 有栖川有栖さんの短編集です。収録作品は『古物の魔』『燈火堂の奇禍』『ショーウィンドウを砕く』『潮騒理髪店』『怪しい店』

あらすじ
 「いらっしゃいませ」の言葉とともに得体の知れぬ見知らぬ人を招き入れる店というのは、日常にあるのに異常な空間である。場合によっては悪意まで同時に招き入れる店。ときには悪意までもが招かれて平気で上がりこむ。
 そんな不思議な空間を舞台に、臨床犯罪学者・火村英生と推理作家の有栖川有栖は五つの事件に挑む。

 久々に有栖川有栖さんの小説を読みました。そもそもミステリを読むこと自体かなり久しぶりかもしれません。有栖川さんの作品の魅力は、「紳士的」であることかもしれません。軽妙な要素もありますし、会話も関西弁ですし、むしろ割と読みやすいテンポの良さを持った文体でありながら、どこか気品があります。
 特に『燈火堂の奇禍』『潮騒理髪店』の二作品は、そのようなジェントル・ミステリの最たるものだと思います。前者では、リアリティのある、しかし薄赤いセピアのフィルムを通したようなそれぞれの人間像を脳裏に映写します。本当に短い作品でそこまで踏み入った人間描写はないのに、不思議と冬美ちゃんも半井爺さんにも愛着がわきます。最後の終わり方も、有栖川さんが微笑みを以ってそっと描いているような描き方で好きです。
 『潮騒理髪店』でもセピア色の風景が広がっています。なかなか散髪のシーンを描いた小説というものは目にしませんが、これは切られている様子を読むだけで、気持ちよく感じます。谷崎潤一郎さんの『陰翳礼讃』を読んだときの心地よさにも似ています。こんな店で自分も散髪してもらいたいな〜と。火村と有栖川のやりとりが魅力的なことはもちろんですが、会話の一つ一つ、例えば「奥でおやつをいただいておりました」や「桐杉さんですか」なども温かみを感じて好きです。
 『ショーウィンドウを砕く』は一転現代らしい作品。物欲の強い彼女と、それを愛しく思う彼氏。フォーマットに沿ったような心理ではなく、より生きた人間らしい心理描写です。そういう嗜好はない自分も共感してしまいます。
 もちろん、他の作品も魅力的です。本当に短編集のタイトルがよく内容を表していますが、『怪しい店』です。不気味なのだけれど、どこか心惹かれる。妖怪世界にギリギリ足を踏み入れないくらいの現実世界の隅っこにいるような感覚を受けます。

 ジェントル・ミステリ。久々でしたが、つくづく有栖川さんの文章の魅力を感じました。小学校のころから6年くらいのファンですが、本当に人生を通して読んでいきたい作家さんです。

評価: AA
posted by みさと at 19:12| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ミステリ小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

日本殺人事件

 山口雅也さんの中編集です。収録作品は『微笑みと死と』『侘びの密室』『不思議の国のアリンス』『南無観世音菩薩』

あらすじ
 義母のふるさと・憧れの国である日本へ移り住んだトウキョー・サム。日本は、神仏や侍の精神を色濃く残しながら西洋的文明を取り込んだ奇妙な異国であった。彼は日本で私立探偵事務所を開こうとしていたが、そうするまでもなく三つの事件に巻き込まれる。奇妙な切腹、茶室の密室、花魁の見立て殺人、彼の常識を逸脱する日本人の思考に彼は戸惑うが…。




 山口雅也さんが、沖縄の古本屋で見つけた外国人作家の推理小説を翻訳したという設定の物語です。勘違い外国人が想像したようなちょっぴり奇妙な、デフォルメした日本。大変面白い趣向でした。
 奇天烈な感じは受けるものの、案外日本の特徴を抽出・誇張したものとしては的を射てるのではないかなと思います。少し、デジャブを感じますね。
 同時に、不思議の国を冒険しているような感じもして楽しいです。幼い頃に読んだ不思議島の物語とか、小学校の頃に見ていたファンタジーアニメとかのような、懐かしいドキドキ感も感じられました。
 またミステリにこの舞台設定が上手く活かされていて、本当におもしろかったです。

評価:B
posted by みさと at 16:01| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ミステリ小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

犯罪ホロスコープU 三人の女神の問題

 法月綸太郎さんの短編集です。収録作品は『宿命の交わる城で』『三人の女神の問題』『オーキュロエの死』『錯乱のシランクス』『ガニュメデスの骸』『引き裂かれた双魚』です。

あらすじ(表題作)
 かつて一斉を風靡し、10年前に引退した三人組女性アイドルグループ・トライスター。トライスターが所属していた事務所の元社長が殺された。元ファンクラブの会長・安田は自身のブログに犯行声明をアップした後自殺した。捜査が進むうちに、トライスターメンバーの誰かがその黒幕ではないかという説が浮上したが……。




 探偵・法月綸太郎シリーズ。いずれも星座をモチーフにしたお話です。本格推理は久しぶりな気もします。本格推理って、数学の問題が解けたときみたいな快感がありますよね。それを苦労せずに味わえるのですから素敵なものです。
 特別ここがいい!!と強調したいところはありませんが、本当に上手くまとまったミステリでした。星座の見立てで流れがまとまっているのも飽きにくてGOOD。大人しいといえばそうかもしれません、変に奇をてらわないところが良かったです。

評価:B
posted by みさと at 23:36| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ミステリ小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

白ゆき姫殺人事件

 湊かなえさんの長編小説です。

あらすじ
 しぐれ谷で美人OLが黒こげ死体となって発見された。鹿尾は勤める化粧会社の商品「白ゆき」に因んで「白ゆき姫」と呼ばれ、世間で話題となった。フリージャーナリストの赤星はネットや人脈を使って情報を集めはじめるが……。




 主人公が探偵役かと思いきや……。ネットやら週刊誌やら噂やらの嫌らしさを思い知らされた作品でした。
 たくさんの人の憶測を含んだ証言が合わさり、次第に現実と乖離した事件像が現れてくるのが本当に恐ろしいと思いました。
 Twitterみたいな「マンマロー」や週刊誌の記事が資料編として載せられていました。斬新な試みですが、それがリアリティーを与えていて良いなと思いました。自分もTwitterやらブログやらの発言は注意しないといけないな、と考えさせられたりします……。

評価:A
posted by みさと at 21:18| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ミステリ小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

公開処刑人 森のくまさん

 堀内公太郎さんの長編推理小説です。

あらすじ
 悪人を殺し、ネットの掲示板に犯行声明を公表するという公開処刑人「森のくまさん」の話題で東京は満たされている。人々の畏怖の中で、次第「森のくまさん」をヒーロー視する人々が現れ始める……。




 これもかなり軽いミステリです。なんと二日足らずで読了です。単純なストーリーですが、かなりはまりますね。こういうブラックな小説は結構久しぶりで、一気に読んでしまいました。
 ミステリ的には、途中で「ああ、こうやろうな」と大体予測が立つので割と簡単。ネーミングを考えたらすぐにわかってしまいます。
 実際、正義だって行使の仕方を間違えれば立派な暴力ですよね。この小説ほどではないにしろ、世の中には誤った正義が満ちている気がします。近頃集団的自衛権やら原発問題やらで、右派も左派も極端なことを言っていますが、どちらもある面では良い処方箋となるでしょうし、ある面では暴力的なものになりうると思います。どこで縛るかが大切ですよね。

評価:B
posted by みさと at 00:17| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ミステリ小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

死刑台の舞踏

 森村誠一さんの推理小説です。

あらすじ
 志水義郎は中学時代、浜口伸一を中心とするグループに苛烈ないじめを受けていた。怨念を抱えたまま志水は卒業し、やがて刑事になった。
 あるとき、持田明は女性を守るために暴漢を殺害してしまった。死体を公園の隅に隠したが、間もなくそれは消失し、全く遠いところで発見される。暴漢は、志水をいじめていた三人衆の一人だった……。




 森村さんの作品は、悪く言えば代わり映えのしないともいえますが、基本的に同じカラーの小説ばかりなので、安心して読めます。飽きがこないです。大体悪徳政治家が絡んでくるのですが、これもその例に漏れず。そこまで分かりやすく悪徳なら、選挙で落ちるやろ、と思うのですが……。まあ、風刺ですからね。そう言えば、朝日新聞の声欄でお見かけしたことがあって驚いたのですが、政治に一家言持っていらっしゃるのでしょうか。
 私は私立中高に通っているのであまりいじめの経験はないのですが、どうしてそのようなことをする人が消えないのか、不思議です。人をいじめたところで何か良いことがある訳ではないのに、と思います。

評価:B
posted by みさと at 21:03| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ミステリ小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

私が彼を殺した

 東野圭吾さんの推理小説です。

あらすじ
 脚本家の穂高誠は人気詩人の神林美和子との結婚を目前に控えていた。穂高の家に美和子と兄の貴弘が式前の挨拶でやってきたが、そこに一人の女性が現れる。彼女は元々穂高と付き合っていたのだが……。




 有名な、答えのない推理小説。再読です。そんな考え込んでミステリを読むタチではないので、ちょっと不満なのですが、結局誰が犯人なのかなぁ。さっぱり分からない。読者への挑戦なら、エラリー・クイーンさんや有栖川有栖さんのスタイルで良かった気がします。こちらの方が話題作りにはなりますが、やっぱり賛否両論は覚悟したでしょうね。
 とは言いつつも結構魅き込まれる作品で、最後に犯人が分からないのがもどかしい! 東野さんはこれを狙ったのか、という重いです。思わずネットで検索しちゃいましたよ……。
 実験作の色が強いと思いますが、それでも本当に東野さんは素晴らしい作家だと思います。職人業とも言えると思います。
 そう言えば、何も知らずに手に取れば倒叙ものっぽいと思いますよね、このタイトル。

評価:B
posted by みさと at 23:18| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ミステリ小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

幻坂

 有栖川有栖さんの短編集です。収録作品は『清水坂』『愛染坂』『源聖寺坂』『口縄坂』『真言坂』『天神坂』『逢坂』『枯野』『夕陽庵』です。

あらすじ
『清水坂』 わたしは友人の岳郎、税、そして岳郎の妹の比奈子とともに大阪市・清水寺の周辺でよくやんちゃをしていた。しかし、ある日、岳郎と比奈子は家庭の事情で母親とともに貝塚へ引っ越すこととなったが……。
『愛染坂』 六月の終わりーー縁結びの神様の愛染さんのお祭りの季節である。小説家の青柳慧は愛染坂で自分のファンだと言う妙齢の女性に出逢う。見知らぬ人からファンだと言われたのは初めてであった。後に、彼女と思わぬ形で再会するが……。
『源聖寺坂』 デザイン専門学校の先生・鵜戸美彌子の家で行われる観月パーティーで、源聖寺坂と少年が描かれた絵を見た。あの坂は、少し怖いが風情のある、印象深い坂であった。また、友人たちから鵜戸邸に幽霊が出るという話を聞くが……。
『口縄坂』 美季は文学好きの友人の里緒に連れられ、口縄坂を訪れた。この坂は織田作之助ゆかりの地であり、また猫が多くいる坂であった。彼女は何度かこの地を訪れた。真っ白で美しい雄猫もいるという話も聞いた。ある晩、彼女は金縛りになり、嫌な体験をした……。
『真言坂』翻訳家のわたし・絹江は「I’ll leave if you prefer.」という文を訳しながら、あなたのことを思いだした。恋人ではないが何かと頼りにしていたあなた。しかし、あなたは私をストーカーしていた男に……。
『天神坂』 天神坂のすぐ側にある小さな割烹に探偵・濱地健三郎は若い女を導いた。料理を食べながら、二人は語らったが、二人とも普通の人ではなく……。
『逢坂』 大学を中退し、劇団に参加したおれは「俊徳丸」の劇のことで座長と喧嘩をした。その後真美に誘われ食事に向かう。食事も終わった帰りにおれは通天閣にあるものを見るが……。
『枯野』 門弟二人の諍いを仲介するために松尾芭蕉は大坂を訪れることになったその道中、彼は陣笠を目深に被った男を見かけるが……。
『夕陽庵』 男は主人の代参で熊野詣の道中、四天王寺辺りで彼は藤原家隆を偲び、彼の暮らした庵を訪れるが……。




 有栖川有栖さんのホラー短編集第二弾!ということで、かなり期待をして読みました。
 『清水坂』『愛染坂』はノスタルジックな感じでかなり切ないお話でした。期待通りの作品です。切なくて、『愛染坂』の方はかつ温かい。個人的には『愛染坂』の方が好きです。
 『源聖寺坂』は、探偵小説テイストの作品です。さすが本業で、上手いなと思いました。もう少しホラー色が強くなればもっと嬉しかったですが、かなり熱中して読みました。
 『口縄坂』が最もホラーチックの話でしょうか。途中まで怖いとは思わなかったけど、胸にもやもやとした霧が溜まるような気味悪さがあります。ラストは本当にゾクッとするほど恐ろしかったです。
 『真言坂』は初めの二作と同じような切ない系のお話。辛い中にやはり温かい終わり方です。特にひねったところがある訳でもありませんが、手堅くまとめられていて本当に完成度は高いと思います。
 『天神坂』がこの短編集の中で一番の作品だと思います。これも特別ひねっている訳ではありませんが、ジェントルゴーストストーリーという帯通りの、穏やかで美しい幽霊譚の傑作です。
 『逢坂』はあまり印象の残っていない作品です。東野圭吾さんの作品で何作か芝居ものを読んだ前後なので記憶が混ざりぎみです。
 『枯野』『夕陽庵』二作は時代物で、前者はかなりのホラーテイスト作品で、絶賛されたというだけあって中々味のある作品でした。この作品を作るとき、相当熟考されたのではないかと思います。後者は、原案とした人物を殆ど知らないのですがやはり温かみが伝わってきます。
 前作『赤い月、廃駅の上に』のようにバリバリに怖いと言う話はあまりありませんでしたが、本当に温かく切ない作品集です。総じて完成度が高く、どれも味わい深かったです。有栖川さんはミステリも良いですが、このようなゴーストストーリーも素敵だと思います。
 装丁やタイトルも素敵で、有栖川さんを知らなくても手に取って買ってしまいそうです。
 また有栖川さんの大阪愛があふれているのが感じられました。私は同じ大阪府民ですが殆ど大阪市の美しい風景を全然知りませんでした。そう遠くありませんので、また近いうちに訪ねてみたいと思います。

評価:A
posted by みさと at 22:48| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ミステリ小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする