2019年01月22日

人でなしの恋

 創元推理文庫、江戸川乱歩の短編集です。収録作品は『百面相役者』『一人二役』『疑惑』『接吻』『踊る一寸法師』『覆面の舞踏者』『灰神楽』『モノグラム』『人でなしの恋』『木馬は廻る』です。小学生か中学生の頃に読んだものですが、久しぶりに読みました。
 小学校高学年の頃、2004年放映の特撮ドラマ「ウルトラQ dark fantasy」を父親と一緒にDVDで見てかなり衝撃を受けたのですが、そのうちの一話「ヒトガタ」が、江戸川乱歩『人でなしの恋』が原案だと聞き、書店で購入したのがこの本。少年探偵シリーズにハマってほぼ全作を読破し、それ以外にもポツポツと手を出し始めていた頃でした。


 最も気に入ったのはやはり表題作『人でなしの恋』。陰気で冷たい蔵での、艶美な古人形との密会。
「その花やかな、情欲的な顔が、時代のために幾ぶん色が褪せて、唇のほかは妙に青ざめ、手垢がついたものか、滑らかな肌がヌメヌメと汗ばんで、それゆえに、一そう悩ましく、艶めかしく見えるのでございます」(p210)
 人ならぬ者には、人には決してない、怪しげな魅力が宿ります。とりわけ人形というものは、人に似ているがゆえに、そして、人の寿命を超えてもいつまでも若々しく、しかし、長い年月の間に幾人もの人の愛の降り積もり、微妙な古びかたをするのですから、なおさらです。
 人形が愛する者が自ら流した血潮にまみれ、腕の中で恋敵たる主人公を笑っているという結末の描写には、慄然とするものがあります。乱歩の中でも名作に数えて良い作品だと思います。

『踊る一寸法師』もお気に入りです。サーカスに属する、子どもの体を持った30男。酒宴の席で仲間たちに嬲られる中、復讐を行うというお話。小人症と思われる人物を扱っており、現代ならば人権問題となりそうな主題をしておりますが、サーカスという非日常空間も相まって、作品の怪奇性・猟奇性を際立たせております。サーカスの手品と見せかけて本当に玉乗り女を殺し、踊りながら首に何度も何度も食いつくという結末。筋はシンプルながらも、身の毛のよだつ恐怖と魅力があります。

『疑惑』はフロイトを援用したカラクリを使ったミステリ。以前読んだ時から十年近く。少しばかり精神分析学という学問に触れたこともあり、この作品の持つ意義が自分の中で変わった気がします。そうややこしくないシンプルなものですが、なかなか面白かったです。

 『木馬は廻る』の物悲しいお話も、『モノグラム』の少し心ときめくお話も、『一人二役』の微笑ましいお話も、それぞれよかった。ミステリ色の強いものもあれば、怪奇色の強いものまで多様な作品が収録されています。どちらかといえば地味な小品ばかりですが、乱歩の世界を存分に楽しめる作品集だったと思います。
posted by みさと at 14:56| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(ミステリ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

球形の季節

 恩田陸さんの小説です。谷津という地方都市で広がった奇妙な噂をめぐり、「地歴研」の高校生たちがその出どころを確かめようと奔走するところから物語が始まります。
 なんとなく手に取った本なのですが、自分の専門である地理学と深く結びついており、
色々と考えさせられるところがありました。この小説は、谷津という架空都市を舞台に、それの持つ「場所性」というものを強く意識しています。「場所」というものは、ただそこにある、ニュートラルな空間というだけではなく、歴史や文化の積み重なりーー意味や物語を伴うものであります。そう考えると、小説という表象の場は、空間が必ず「場所」であらざるを得ない場であるということができると思います。学校が出てくる時、山が出てくる時、喫茶店が出てくるとき。小説において、場所の描写がされる時、その場所がそこである必然性があるのです。そういう点で、必ず小説の地理は必ず意味を持ち、「場所」であるのです。
 小谷真理さんが、解説で「学校」という場の意味を考察していますが、それがとても興味深いので、要点を引いておきたいと思います。学校は制度で縛ることで架空の「日常」を作り出します。本当は多様な生徒たちに均質性を求めるのです。当然のことながら一つの価値観を求めることは、逸脱者をも多く生み出します。こうした逸脱者が、ファンタジーの源泉となっているということだそうです。
 加えて、予言の自己成就というのは社会学のお話ですし、民俗学的な伝承のお話もあります。そう思うと、人文諸学の要素がたくさん盛り込まれた物語なのだなぁ、と恩田陸さんの教養を強く感じます。

 恩田陸さんというと、中高時代に読み漁った作家さんの一人。今多少学を身につけた上で読むと、色々と深く考えることができているような気がします。
 中高時代は、学校の課題や勉強の枠が設定されており、私はそれを満たして「勉強のできる子」として評価されており、満足していました。今思えば、もっといろいろな本を読んだり、いろんなところに行ったりして学をつけておけば精神生活も変わってきたのかなぁ、と思ってしまいます。
 ちょうどこの小説の題材が高校であります。日常に満足し、そのルーティンの中で変化を厭って生きてきた自分が、少しみのりに重なりました。
posted by みさと at 23:58| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(ミステリ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

わたしはここにいる、と呟く。

 新津きよみさんの短編集です。収録作品は『わたしを探して』『時のひずみ』『あなたの居場所』『忘れはしない』『思い出を盗んだ女』『あの日あの時』『その日まで』です。
 ザ・新津作品と言った感じの日常系ミステリ集です。一応ミステリに分類されるのか、ノンジャンルと言うべきか。作品に登場する人物の立場は様々ですが、総じて30代後半くらいの女性が多く、子供や認知症に向かっていく老人のモチーフも頻繁に登場しています。新津さんが執筆当時この年代だったのか、この年代の体験が大きな記憶に残っているのでしょうか。
 他の短編集であったような、ゾッとする、と言うほど怖い作品はありません。少し後味が悪かったり、あるいはホッとするような作品もあります。
 『時のひずみ』は、探し物が得意な奥さんの話。そんな奥さんがどうしても見つけられないものがあって、、、と言うあらすじです。子供の健気な行為が、温かな気持ちになれます。
 作品展開的にドラマチックで好きなのが、『思い出を盗んだ女』『あの日あの時』の二作品。過去と現在の偶然の符合が見事な形で現れます。

 この作品は、と言うほどものすごく大好きな作品があったわけではありませんが、どの短編もコンパクトな佳作揃いで、試験期間中の良い息抜きになりました。
posted by みさと at 18:06| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(ミステリ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

フルコースな女たち

 新津きよみさんの短編集です。収録作品は『転落――食前酒』『ゼンサイのような女――前菜』『散骨――スープ』『水難の相――魚料理』『薬――お口直し』『男狩り――肉料理』『スイーツ・バイキング――デザート』『マタニティ・メニュー』です。

あらすじ
 陶芸家、ハンター、料理人である三人の女は、富永英作という男をそれぞれ憎んでいた。三人はふとしたことで知り合い、男を殺す計画を立てるが…。(男狩り――肉料理)




 久々に市立図書館で本を借り、久々に読んだ新津作品。料理にまつわった後味悪い系のお話が満載です。この感じ、懐かしい。
 一番印象に残ったのは「散骨――スープ」です。粉骨された「骨を飲む」という人間の倫理観を絶妙に利用した描写。しばしばミステリに出てくる人肉食というのは、見た目にもグロテスクですが、粉になった骨を飲むというのは見た目のおぞましさを伴わないがゆえの気味悪さを感じます。スープとの結びつき方、落としどころも秀逸です。
 他のお話も総じて佳作揃い。後味悪いお話を「食」と結びつけているところに作者の皮肉を感じます。コース料理のように、ぜひゆっくり味わって読んでください。

評価:B
posted by みさと at 15:07| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(ミステリ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

まひるの月を追いかけて

 恩田陸さんのミステリ小説です。

あらすじ
 異母兄の研吾が奈良で消息不明になった。ほとんどあったこともない研吾の恋人に連れられて、私は奈良へと旅立った。旅が進むにつれ、事実が少しずつ明らかになっていく。虚偽と真実が入り混じる旅の中、私は――。




 奈良を舞台にした恩田さんの小説ということで読んでみました。設定だけを聞くとありがちな二時間ドラマのような感じがしますが、陳腐にならず、見事に恩田ワールドになっていました。さすがです。
 知ってる風景が多く出てくると、なかなか物語に現実感が出てきて不思議な感じです。しかもそれが、少し幻想的な恩田作品なだけに、なおさら……。

評価:B
posted by みさと at 15:18| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ミステリ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

D坂の殺人事件

 江戸川乱歩さんの短編集です。収録作品は『二廃人』『D坂の殺人事件』『赤い部屋』『白昼夢』『毒草』『火星の運河』『お勢登場』『虫』『石榴』『防空壕』です。

あらすじ(表題作)
 私はD坂にある喫茶店「白梅軒」で変わり者の友人・明智小五郎と話しながら珈琲を啜っていたところ、向かいにある古本屋の異変に気付く。駆けつけると、古本屋の細君が首を絞められて倒れていた…。




 久しぶりの乱歩作品です。ワンゲル合宿のお供に読みました。推理小説を中心に、色々な作品が収録されています。ちょっとネタバレ注意かもしれません。
 収録作品の中でも一番有名なのはやはり表題『D坂の殺人事件』でしょう。明智小五郎の初登場作品。中学時代(ですから五年ほど前?)に読んだことがありましたが、意外と結末を忘れているものでした。ミステリマニアだった中学生のころを思い出して少し懐かしい気分になったり…。
 『二廃人』も以前読んだことがありましたが、それでも結末には唸らされました。個人的には『D坂〜』よりもこちらのほうが好み。
 『赤い部屋』。気味の悪いブラックな話。こういうテイストが乱歩の醍醐味ですね。どんよりとした夢幻の空気が陳腐な本性を現すという結末も示唆的で、架空の小説の儚さを感じさせて好きです。
 『白昼夢』『虫』はよく似たテイストのお話。大人向けの乱歩小説らしい、とことんグロテスクながらもどこか美しさを持ったよい作品です。
 『毒草』は当時の貧しい庶民の暮らしを黒く痛烈に描き出した話でした。
 『お勢登場』は他作品ほどの後味の悪さはありませんが、かなり完成度の高いお話な気がします。乱歩版『玄鶴山房』といったところか。主人公の悲惨な運命にかなり辛くなります…。
 『火星の運河』は少し幻想的な、乱歩にしては異色の作品。と思いきや肉感的な美しさ、気味の悪さがあり、やっぱり乱歩。なかなかに好きな掌編です。
 『石榴』はザ・推理小説といった感じ。『二廃人』と同じ空気を持つ佳作です。
 『防空壕』も異色作です。切ないような、恥ずかしいようなお話。
 どの作品も短いながらも、それぞれ読み応えのある良作ばかりでした。久々の乱歩ワールドを満喫できてよかったです。

評価:B
posted by みさと at 15:57| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ミステリ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

島は僕らと

 辻村深月さんの青春小説です。

あらすじ
 瀬戸内海に浮かぶ冴島は人口三千人弱の小さな島。島には中学校まではあるが、高校はない。高校二年生の朱里の学年は彼女のほか網元の娘・衣花、リゾート開発業者の息子・源樹、演劇に熱を上げる新の三人だけ。高校卒業とともに島を出て進学するのを前提に、残り少ない日々を毎日四人で本土にある高校へフェリーで通って過ごしている。Iターンの増加や大人たちの取り組みで変容しつつある島を舞台に、島と本土の様々な人物が交錯する。



 青春小説の名手・辻村深月さんの作品の描いた地方小説です。現代の地方社会を絶妙に描いた名作でした。
 瀬戸内海の島。コミュニティデザイン。株式会社「さえじま」。読んでいてすぐに、兵庫県姫路市の家島がモデルではないだろうか、と思いました。以前紹介した山崎亮さんの本で紹介されている島です。山崎さんの『コミュニティデザイン』を合わせて読むと、おー、となるかも。
 「田舎」を描いた田園小説でありながら、その舞台はコミュニティデザインなど(先進的な)活性化の取り組みが積極的になされ、Iターンなど人口の移動が激しい島。旧態依然とした所謂「ムラ」が良くも悪くも変容しつつある、現代らしい舞台設定です(日本全国で見れば、冴島のようなところはかなり恵まれた「田舎」になるのでしょうが…)。怪しい作家・霧崎ハイジやコミュニティーデザイナー・ヨシノといった「ソト」の人物の目線も中々面白い描かれ方。古きと新しきが交じり合う現代の「田舎」での、複雑で微妙な人間関係の様子がよく描かれており、田園小説としては珠玉の作品だと思います。
 こうした舞台を背景に描かれる四人の青春劇も素敵です。特に、終盤。衣花の島を愛し、網元の娘として責務に従うことを受け入れながらも(あるいは進んでそれを選択した、と言えるかもしれません)、本土へ行く愛する友と別れるのが辛くて泣き叫ぶシーンは特に感情移入してしまいました。古くからのしがらみを打破するような描かれ方をする小説はよくありますが、このように、「しがらみ」を好んで受け入れながらも、それでも他の条件を考えて葛藤が起こるというのがかなりリアルに感じました。私自身の感情によく合っていたというのもあるかもしれませんが。
 大人と子供のあわいの、高校生という目線から見た島の社会、逆にその島の社会が彼女らを規定している様子、また島の社会での彼女らの生き方も注目ポイントです。
 そしてあと、女性の地方社会でのあり方もこの小説の一つのテーマですね。閉塞的・硬直的な地方社会はとりわけ女性をいろいろな形で生き方を規定し、悲しませ、ときには追いやってきた。そうした側面を描きながらも株式会社「さえじま」の代表を務める朱里の母、コミュニティデザイナーとして島の人たちの懐へ入ってゆくヨシノ、さまざまに思い悩み、暗中模索しながらも自らの道を選んできたシングルマザー・蕗子などなど、強く生きる女性たちの姿が描かれています。それを踏まえると、この作品のラストシーンはこれ以上にないほどこのテーマに調和的で、そしてかつ他の青春小説・田園小説としてのテーマも上手に落とし込んだ素晴らしい結末だと思います。

 ただ懐古的にもならず、かといって古きを全否定するわけでもない、良い作品です。田舎で生きるということ、そしてふるさとの意味を考え直させてくれる契機になることと思います。

評価:A
posted by みさと at 14:48| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ミステリ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

少女

 湊かなえさんのミステリ小説です。

あらすじ
 親友の自殺体を目撃した。転校生・紫織の告白に、由紀と敦子、二人の少女は衝撃を受けた。由紀はそれに自慢めいたものを感じ自分はそれ以上のものを見たいと思って、敦子は死体を見たら死を悟ることができるのではないかと思って、それぞれ人の死を目撃したいと願うようになる。そのために由紀は小児科病棟、敦子は老人ホームへとボランティアに行くことにしたが…。




 『告白』『しらゆき姫殺人事件』以来に読んだ湊かなえさん作品。最近映画化されたらしいのですが、それを今日人に教えられて知るという…。高三以降テレビを全然見なくなっているので、世間から取り残されつつあるような気がします(苦笑)。
 さて、ミステリを読んだのがかなり久しぶり(大学生になって初!)でしたが、この小説は本当に精巧に構成されていると思いました。あらゆる記述が伏線となっていて、次々と話がつながっていく様子が気持ちの良いくらい見事でした。
 登場人物群。臆病で人の目を気にしながら生きている敦子。達観して(したつもりになっていて)、他者を下に見ている由紀。彼女らの個性の強さは現実の人間と乖離しているように見えますが、実際多くの人が持っている性質をデフォルメして描いているように思えます。作中に描かれている彼女たちそれぞれの恐怖感、優越感、劣等感などの感情や文章から感じられる視野の狭さ。人間、特に思春期の思考を痛烈に描いていると思います。自分の中高時代の思考を思い出しても、彼女らに重なるところが多く、胸の中がじんじんとするようでした。
 ハッピーエンドで終わるならば中高生の妹や後輩に勧めたいと思っていたのですが、まあこの内容なので。思春期真っ盛りでも、それを過ぎていても、ある程度精神的に落ち着いているときに読んだほうが楽しめるだろうと思います。

評価:A
posted by みさと at 16:49| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ミステリ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

猫と針

 恩田陸さんの小説です。

あらすじ
 高校時代の友人の葬式の後、高校の映画研究会の同級生四人が集まった。久々に集まった面々は四方山話に花を咲かせるが…。




 「人はその場にいない人の話をする」というテーマのお話です。実際面と向かった相手の話題を出すのってやはりどこか抵抗がある感じはします。第三者について話す方が比較的遠慮なく、おしゃべりを楽しめるのでしょうね…。
 さて、この小説は恩田陸さんが書いた戯曲の脚本です。実は私はもともとこれを、恩田さんが戯曲の台本を書いたという小説で、戯曲自体が架空のものだと思っていました。キャストの女優さんの名前をグーグル検索して初めて劇団や戯曲が実在のものと知ったのです。さらに、劇中でさらに劇を作っているという描写があるので実世界と劇のあわいが曖昧になったような感じがします。噂話という主題の特性も虚構と現実の曖昧さに拍車をかけています。
 形だけを見れば恩田作品の中では異色ですが、中身や手法を見れば恩田ワールド炸裂ですね。

評価: B
posted by みさと at 23:35| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ミステリ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

麦の海に沈む果実(再)

 恩田陸さんの長編小説です。

あらすじ
 二月の末日、青の丘にある全寮制の学園に転校してきた理瀬。そこは、三月しか転入生を受け入れてこなかった「三月の国」で会った。至れり尽くせりの教育を受けられる一方、自由な外出もできず、半ば学園内に隔離された状態になる者も多い。ある者にとっては「養成所」であり、ある者にとっては「墓場」であった。




 丁度5年前、中学時代に読んでいたく気に入った本です。ミステリ要素をふんだんに含みながらも少し現実離れした雰囲気に包まれた一冊です。
 5年前、理瀬と同世代だった自分も、はや大学生。また当時と違った風に物語を読むことができました。理瀬たちの若さ、幼さ、そして、それらが持つ甘いようなほろ苦いような、まっすぐ見るのが恥ずかしいような感情。これらは彼女らと同世代では気づきにくいものだと思います。
 またこの小説の魅力は、キャラクターの魅力にも直結しているような気がします。普段前面に出ている恐れの感情から芯の強さ垣間見ることのできる理瀬。ある意味で「正しい」クールキャラ・黎二。その他にもヨハン、憂理、聖……。登場人物の一人一人が個性的で愛着がわきます。孤立した学園都市、という要素だけでどこかワクワクしてしまいますが、そこに暮らす人々が魅力的なら、なおさら……。

評価:A
posted by みさと at 23:48| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ミステリ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする