2017年01月29日

高野聖・眉かくしの霊(泉鏡花)

 泉鏡花さんの小説です。

あらすじ(高野聖)
 ある旅館での夜ーー道連れの僧は飛騨山中の峠越えのとき体験した不思議な出来事を語った。行く道に横たわる大蛇に、雨のように降り注ぐ蛭の森、そして妖しくも美しい女性の暮らす峠の一つ家……。鏡花怪奇譚の名作の一つ。




 以前アンソロジーで読んだ『薬草取』に魅せられ、鏡花をしっかり読んでみようと思い、生協で購入した一冊です。
 妖しく幻想的な中に、どこか俗っぽさというか、親しみやすさが混じるのが鏡花の特徴なのかもしれません。これのあるおかげで不思議な世界に自らを没入させてくれるのかもしれないと思いました。
 鏡花の怪奇譚は妖しさ、気味悪さ、恐ろしさと同時に絶妙な美しさが存在しています。風景や世界観はもちろんですが、『高野聖』ならば、一つ家の女の妙に肉感的で、艶めかしい描写。俗なるもののような、聖なるもののような不思議さに幻想的な靄がかかったような美しさが感じられました。そしてここに「白痴」とされる少年を配することで女の妖しさが増しています。また僧侶も語り手に対して気安い態度をとり、また最終的に女に心惹かれるという俗性を持ちながらも、女に惹かれるのは性欲などではなく「白痴」にたいする優しさを持っているところに由来しており、動物に変えられることもなかったという聖性をも持っているのも一つ。聖俗の交わり、幻想的な美しさの両方がよく顕れており、そういう点で鏡花の良さがよく表れた作品といえるかもしれません。
 ちなみに蛭の森の描写も見どころの一つだと思います。自分はワンゲルで蛭にひどくやられた経験がありトラウマを抉られたということもあるかもしれませんが(汗)、気味悪さがひどく印象に残りました。この肉感的な気持ち悪さが幻想性を帯びた物語のよいアクセントとなっているように思います。

『眉かくしの霊』も佳作。先にもあげた鏡花の魅力がよく伝わってくる作品です。雪の山国のさびれた旅館というのも物語によく合っていて、聖性と俗性の交錯する地点としても、美しさ、妖しさ、そして儚さを醸し出す舞台としてもよく機能しています。日本の伝統的な怪談の妖美さが感じられる短編です。


評価:AA
posted by みさと at 15:03| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(近代文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

文豪山怪奇譚 山の怪談名作選(東雅夫編)

 東雅夫さん編のアンソロジーです。収録作品は火野葦平『千軒岳にて』、田中貢太郎さん『山の怪』、岡本綺堂さん『くろん坊』、宮沢賢治さん『河原坊』、本堂平四郎さん『秋葉長光ーー虚空に嘲るもの』、菊地寛さん『百鬼夜行』、村山槐多さん『鉄の童子』、平山藘江さん『鈴鹿峠の雨』、泉鏡花さん『薬草取』、太宰治さん『魚服記』、中勘助さん『夢の日記から』、柳田國男さん『山人外伝資料』です。
 またまた読み終わってから感想を書かずに一ヶ月超経ってしまった…。怪奇小説が好き+登山が好きな自分なのですが、本屋さんでふとこの本が目につきました。これは買うしかない!ということで衝動買い。実際心底買ってよかったと思える一冊でした。
 山は美しく、恐ろしく、生活に密着していて、それでいて未知の領域が大きい場所。怪談、幻想小説の格好の舞台であります。近代の文豪連が書いたというだけあってどの作品も文章が素晴らしい。もちろん、幻想的で美しいもの、読者の好奇心をかきたてるもの、背筋のぞくりとするもの、心躍るもの、とその素晴らしさの質は作品それぞれに異なります。私は中でも岡本綺堂さん、泉鏡花さんの作品が気に入りました。またお二人の他の作品も読んでみたいと思いました。
 一作一作魅力を語っていきたいところですが、一月前の記憶を辿りながら書いてはうまく表現できない気がするので、近く再読してからにします。(その前に積ん読を片付けていかなくては…笑)
 本当にオススメな一冊です。ぜひ本屋さんで探してみてください!笑

評価:AA
posted by みさと at 22:31| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(近代文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

吾輩は猫である(夏目漱石)

 夏目漱石さんの長編小説です。

あらすじ
 我輩は猫である。苦沙味先生の元に転がり込んで養ってもらっている。偏屈な主人の周りに集まる紳士達も一癖二癖あるものばかり。人間達との付き合いは不愉快なことも多いが、彼らを観察するのは面白い事この上ない。




 丁度朝日新聞にも連載中の、誰もが知っている超有名作でございます。苦沙味先生や迷亭先生たちのの珍妙でトンチキな掛け合いが面白いです。猫や登場人物たちは無茶苦茶な理屈を言っているように見えますが、実際は痛烈な社会批判になっているところが少なくないのがこの小説の魅力の一つだと思います。
 ただ…冗長な感じがあり、私は途中で少しダレてしまいました。個人的には夏目先生一番の名作は『こころ』だなぁと思います。
 個人的に一番好きなのは最後の50頁ほどです。特にラストシーン。ものすごく斬新な感じで、やられた、という感じがしたのですが、読んでから思えばこう言う結末になるのは必然であったような気もします。

評価:B
posted by みさと at 22:14| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(近代文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

坊っちゃん(夏目漱石)

 夏目漱石さんの長編小説です。

あらすじ
 東京の物理学校を卒業したおれは松山の中学校に数学教師として赴任した。江戸っ子気質のおれは私生活を冷やかしたりいたずらをしたりする生徒たちと対立する。赤シャツや野だら他の教師らとも交流を持つが、どうもしっくり来ないことばかりだった……。




 妹に借りて読みました。喋り言葉(べらんめえ口調の江戸弁?)で書かれており、読みやすい部類に入ると思います。ストーリーも痛快で分かりやすいです。いい意味で、子供向けに近い感じがします。登場人物の役割付けがはっきりしていて、悪役がきちんと定められていますが、その悪役も悪役ながら愛すべき印象を与える。赤シャツや野だいこがその役回りですが、決して心から憎むということはできません。バイキンマンみたいな感じとでも言うのでしょうか。親しみやすいキャラクターですよね。この親しみやすさは、彼らのような俗物的存在がある程度誰の心にも存在しているからかもしれません。
 もう一つ、この小説が傑作としているのは、構成/物語と文体がぴったり合っているからだと思います。文章が『こころ』とかのそれならば、『坊っちゃん』はあまり面白いと思えないのかもしれません。微妙なバランスで絶妙な作品が出来上がっているのだと思います。

評価:B
posted by みさと at 22:13| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(近代文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

蜘蛛の糸/杜子春(芥川龍之介)

 芥川龍之介さんの短編集です。収録作品は『蜘蛛の糸』『犬と笛』『蜜柑』『魔術』『杜子春』『アグニの神』『トロッコ』『仙人』『猿蟹合戦』『白』です。

あらすじ
 財産を使い果たした杜子春は宿もなく、洛陽の西の門にもたれかかって空を眺めていた。すると、どこからか片目すがめの老人がやってきた。老人の指示に従い、杜子春は再び金持ちになるが…。




 童話を中心に芥川さんの名作を収録した短編集です。そろそろ芥川さんのカテゴリ独立させようかな…。
 『蜘蛛の糸』『杜子春』は言わずとしれた寓話的な超有名作品です。『羅生門』のイメージが強すぎてか、個人的に芥川さんは暗くて重厚なイメージがあるのですが、この二作品は強烈な印象を残しながらも心をえぐってしまわない程度で歯止めが聞いています。絵本を読んでいるような少し懐かしい感じもしました。将来子供に読み聞かせてやりたい。そう思わせる作品です。
 『犬と笛』『魔術』『アグニの神』『仙人』『白』も童話の類ですね。子供向けの作品、というとまるで侮っているように聞こえますが、子供向けに書くって、大人向けに書くよりも遥かに難しいと思います。簡潔で、示唆に富んで、読む人を心躍らせ、感動させる。いずれも佳作で楽しめました。『犬と笛』『白』みたいな話を一回自分でも書いてみたいな、なんて思ったり。
 『猿蟹合戦』。解説で「所詮は気軽な戯作』とさらっと書いていて、「解説で作品批判してええん?」ってものすごく思いました。皮肉が効いていて面白いです。ただ、これは子供には読み聞かせたくないですね笑。
 『トロッコ』。実は読むのは初めて。子供の心理の描写が素晴らしいですね。先が分からず、次第に心細くなっていくあの気持ち。ものすごくよく分かります。山登りしてる最中によく獣道や踏み分け道に突っ込んでちょこっと冒険するのが趣味なので、今でもよく感じます笑 帰った後、アレが少し心地よいものに感じるから少し不思議。そもそも人生自体先の見えない不安なもの。そうですよね。。。
 『蜜柑』。どんよりと曇った暗澹たる気持ちが、色鮮やかな蜜柑が乱落する様子を通じて、見事に朗らかな気持ちに転換する描写がこの上なく秀逸だと思います。暖な日の色の蜜柑が汽車からバラバラと落ちていく様子。映画を見ているようにありありと目の前に浮かびます。読んでいる自分の気持ちまで作品の語り手に一致して変化しているみたいな感じがします。最終シーンの感情は、ほんとうになんとも言えないですね。明るくなれるとか勇気をもらえるとか心よいとか書くと、ものすごく陳腐で筆足らずになってしまいます。とにかく、読んでみてください! この短編集の中でも一二を争う名作だと思います。

評価:A
posted by みさと at 00:04| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(近代文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

地獄変(芥川龍之介)

 芥川龍之介さんの短編集です。収録作品は『地獄変』『藪の中』『六の宮の姫君』『舞踏会』です。

あらすじ
 良秀は非凡な才能を持つ絵師だが、見た目にも醜く、絵のためであれば人の命をも危険にさらす非情の持ち主であった。そんな彼だが、唯一娘には煩悩で溺愛していた。あるとき堀川の大殿様に地獄変の屏風を描くよう命じられたが……。
 表題作『地獄変』ほか、藪の中で殺された男を巡る様々な食い違った証言を描いた『藪の中』、喜びも悲しみも少ない毎日を好んで送る姫君の物語『六の宮の姫君』、美しい菊と管弦楽の彩る艶やかな舞踏会の中人生の儚さが垣間見える『舞踏会』収録。




 受験生だというのにまたしても一気に読んでしまいました…苦笑。まあこうしてあらすじを書いたり感想を書くっていうのも現代文の勉強の一環ということで。記述力育成に…なるかなぁ笑。
 芥川さんといえば、中学二年のときに『藪の中』の短編集を読んで、『羅生門』に甚く感動を受けたのですが、それ以来。この人の作風、自分に合うな、などと思いつつも中々手を出せませんでしたが、ようやく。

 『地獄変』は、『羅生門』再びと言った体の感動。だんだんと狂っていくかのような不思議な迫力。良秀の奇行に得体の知れぬ恐怖感を抱きながら、同時に大殿にも薄気味悪さを覚えました。不安に近いような興奮が募ってゆくクライマックスシーンの、良秀の姿。やっぱり良秀も人の感情を持っていて、どうしようもなく可哀想だと思いきや…。ここまで芸術にこだわる良秀に、畏怖に近い尊敬と、微かな羨望、そしてやっぱりこういう人間とは付き合いたくないな、という思いも抱きました。芥川さんの芸術至上主義の表れなのでしょうか。
 良秀の描いた「地獄変」…。芥川さんのこの小説が、100年間の読者一人一人の心の中に投影してきたのですね。存在しない絵を、ここまで畏怖と感動を持ってみられるなんて、芥川さんの表現力ってほんまに凄いと思います。

 『藪の中』は、以前読んだときと比べものにならないくらいの衝撃を受けました。確か東野圭吾さんが『新参者』でこんな感じの構成の話を書いていたのを思い出しました。初めて読んだ中学二年のときは、推理小説一辺倒だったもので、「これってミステリ?」って思いつつ少し釈然としない思いを抱いていましたが、今回読んで、想像がいくらでも膨らんでいく名作だと思いました。読む人の想像力を上手く引き出し、かつ答えを一つに収斂させない。ある意味理想的な小説かもしれません。

 『六の宮の姫君』。これって、現代人を象徴しているようなお話ですよね。100年近く前に出された小説とは思えません。極楽も地獄も知らぬ…。現代人ってそんな状態を「平凡だけど幸せな」などと良いように言い換えて理想的な人生としている気がします。自分自身、そう思ってしまう時もよくあります。でも、人生無為に過ごすよりは、何か生き甲斐を持って過ごす方が良いと思います。平穏主義って結局自分の身を中心に考えている面もありますから。このお話は、そのことを気づかせてくれる良い小説です。現代の若者だからこそ読むべき小説。教科書に載せてほしいなって思います。

 『舞踏会』。題材的にはレトロなのに、全然古さを感じず、現代の本を読んでいる気分になりました。鹿鳴館の幻想、明治のノスタルジックな優雅さを感じさせるのに、同時にどこか清新な若々しさを感じさせます。明子の回想シーンはもちろんなのですが、ラストに出てくる小説家の青年ーー芥川さん自身でしょうかーーのごく短い描写からもそれが感じられます。最後の場面、本当に好きです。青年も、老婦人・明子も、ほんとに若々しい。昔を懐かしむおじいさんおばあさんって不思議な若々しさを持っているものだと思いますが、それが感じられるというのは他の小説ではなかなかありません。むしろ、そういう描写をするとかえって老いが強調されるものが多いくらいです。やっぱり芥川さんってすごいです!
 回想シーンから、現在に戻って筆者と思われる人物との会話に至るという設定、現代作家もたまにやる書き方ですよね。そこに大正小説が平成小説に通じるのを感じて、清々しい今様さを感じるのかもしれません。そういう平成の若者だからこそ感じるという個人的な理由こそあれ、やっぱり芥川さんの筆の妙がこの若さを生み出しているのに間違いはありません。この構成だからこそ生まれる小説の魅力が、精一杯引き出されています。
 ぜひこの物語も同世代の人たちに読んでもらいたいです。

評価: AA
posted by みさと at 20:05| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(近代文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

春琴抄(谷崎潤一郎)

 谷崎潤一郎さんの中編小説です。

あらすじ
 盲目の美女・春琴は三味線の達人であったが、吝嗇や嗜虐の気があるわがままな女性であった。少年・佐助は春琴の身の回りの世話をしていたのだが、ふとしたきっかけに年下の彼女を三味線の師匠として仕えるようになる。男女の関係を持つようになっても、春琴は佐助を旦那と認めず、佐助は弟子兼世話役としての生活を長らく続けた。
 あるとき、春琴は誰かに大火傷を負わされるが…。




 谷崎潤一郎さんは、学校の授業で読んだ『陰翳礼讃』に甚く感銘を受けて、興味を持ちました谷崎さんの本を何か読みたい、と思って家の書庫を探していて見つけたのがこの小説であります。あらすじを見てみると「被虐」とか「官能」とか書いていて「これって高校生が読んでもええんやろか…」と思いましたが、まあ江戸川乱歩さんの「芋虫」とか「人間椅子」とか読んでるし今更やなどと思いまして読み始めた次第でございます。
 先に挙げた二作品ほどエグみは少なく予想以上に読みやすかったです江戸川さんの持つ怪奇色は薄くやはり耽美派というだけあって官能的という言葉がよく合っています佐助が己の目を潰す場面には思わず自分まで目を覆いたくなりますが憐憫は殆ど感じず驚きと感嘆と少しの恐ろしさを感じました。盲目になったからこそ敬愛する春琴の永遠の美が保たれるようになったのです同時に複雑な恋愛関係もある意味でさらなる境地へ移行したように思えます中々常人では共感しがたい世界ではありますが読んでいて本当に圧巻されます。
 耽美派…。意外と好きなジャンルかもしれないです。もっと谷崎さんの本を読んでみたいな、と思いました。今年は受験勉強で中々読めないのが残念です…。

 気まぐれで句読点の使い方を真似てみましたが、素人がやったら読みにくいだけでしたね(苦笑

評価:A
 
posted by みさと at 22:56| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(近代文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

こころ(夏目漱石)

 夏目漱石さんの長編小説です。

あらすじ
 私は海水浴で「先生」と出逢い交流を始めた。先生は奥さんと二人で隠棲のような生活を送っていた。私は毎月雑司ヶ谷の友人の墓にお参りする先生の過去に興味を持ち、聞き出そうとするが、いつか話す約束をして断られる。
 あるとき、前から腎臓の病を煩っていた父の容態が悪しいと連絡を受け、実家に帰るが……。




 学校の課題で読めと言われたのですが、思いのほか面白くて二、三日で読み切ってしまいました。さすが名作と言われるだけあって、確かに古さは感じるのですが読みにくい古さは全く感じません。

 エゴイズムが主題。明治から今と同じようなことが言われていたことに驚きです。平凡な小説は教訓が押し付けがましいことが大井ですが、この小説はそんなことはなく嫌味を感じません。これを読んで、自分の自分勝手さを見つめ直す良い機会となりました。
 危篤のお父さんを放って既に死んでいると思われる先生の元に向かう「私」もかなり自分勝手ですよね……。利己を戒めるはずの手紙が利己的行動のきっかけとなってしまうというのは皮肉に感じます。
 先生のKに対する気持ちが本当にリアルです。自分より優れた人間に嫉妬するというのはよくありますが、僕自身一歩間違えば先生のようになってしまいかねないなと思いました。少しの利己心で人の人生を奪い、自分の人生も無駄にしてしまうことがあると思うと恐ろしいです。

 漱石は以前読んだ「三四郎」があまり面白く感じられなかったので敬遠していたのですが、またたくさん読んでみたいと思いました。「夢十夜」辺り図書館で借りようかな。

評価:AA
posted by みさと at 18:27| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(近代文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

三四郎(夏目漱石)

 夏目漱石さんの恋愛小説です。

あらすじ
 熊本から上京してきた三四郎は、都会の街・学問・女性に驚かされ続ける。未知の匂いを放つ東京で出逢った友人たちの中に、ひときわ輝く女がいた……。




 久々に明治文学を読みました。古い小説の割には、割と読みやすい類に入ると思います。ほろ苦い青春悲恋の話ですが、この小説みたいに比喩とか使った恋愛表現なんてとてもできません。その点、ちょっと感情移入しにくかったのですが、恋愛でかっこいい比喩を使えたら気障やけどかっこいいな、と思います。まあ、現実の恋愛なんてそんなこと考える余裕もないかもしれないですが……。
 三四郎からにじみ出る青さが自分や友人に重ね合わされました。三四郎という若者像は、かなり普遍的なものだと思います。

評価:B
posted by みさと at 23:04| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(近代文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

赤い繭(安部公房)

 本日、中学校の最後の国語の授業で、安部公房の『赤い繭』を読みました。この記事を日記に入れようか読書に入れようか悩んだけど、一応読書にします。

あらすじ
 おれは帰る家がない。帰る家を探している。夕暮れの街路をさまよううちに、自分の左足の先が絹糸となっていることにきづく。絹糸は勝手にほぐれていき、おれのからだは消滅しその絹糸は空っぽの繭となってしまった。繭となり踏切とレールの間に落ちていた俺は彼に拾われ、彼の息子のおもちゃ箱に入れられた。



 読み終えて頭の中は「何だこりゃ?」という思いでいっぱい。一体どういうこと? 先生は皆が読み終わったところで、問いを出してくれました。「最後に繭を拾った『彼』は誰か?」
 この回答は割とすぐに分かりました。「彼」は「おれ」。そう考えた理由を文章化しようとしている(というより、何故自分がそう考えたか考えている)最中に問いのヒントが出ました。「この文章の視点を考えよ」。最後の方の文章に、彼の考えが主観的に(「おれ」が考えているように)書かれているから、ということですね。正答が出たところで先生は、夕方だけが「おれ」で、他の時間はずっと「彼」である

 さて、この後。「彼」が「おれ」であるなら、「帰る家がない」とはどういうことか、という問いが出されました。相談OK、定まった答えはなし、で。
 初めの問いが分かった段階で、この答えって一つしかないんじゃないのかな……、と思いましたが、友人と相談するとそうでもないようでした。相談した友人は「ユダヤ人が〜」という、私がただの比喩としてスルーしたところを突っ込んできました。
 そして、先生が生徒を当てる時間。一人目、二人目はほぼ同じ答え。私はこれを聞いて驚きました。一人目は「主人公は恐妻家。家では妻におさえられる」と。二人目は「主人公は離婚している。家はあっても家庭はない」という意味のこと。そんな考え方もできるんや、と思いました。特に二人目はなるほど、と思いました。
 三人目、私が当てられました。私が考えたのは「『おれ』は普段、職場でも家庭でも"キャラ作り"をしていて、ありのままの自分は一人でいる夕方しかない」ということ。すべての人にそう思った経験があるのではないでしょうか。私もあります。私の場合は、家庭と学校であまり変わらないと思います。しかし、そのどちらも演技で、さらに一人でいるときも自分に演技しているのではないかと疑ってしまいます……。ひょっとしたら、誰も本当の自分なんていないのかもしれません。現代人を象徴した小説だと思います。
 ちなみに、先生の解釈は私と表現は大分違いますが、意味は殆ど同じだったそうです。私の考え方は割とスタンダードだったのかな?
 ネットで検索してみると、さらにいろいろな解釈がありました。こういう物語は人によって解釈が変わるのが面白いですね。

評価:A
posted by みさと at 21:28| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(近代文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする