2018年07月03日

金閣寺

 三島由紀夫さんの小説です。1950年の金閣寺焼亡事件をモチーフにしたお話で、吃音症をもつ青年が鹿苑寺の小僧となり、美への想念や生や社会に拒まれた恨みを募らせながら金閣寺を焼くに至るまでを描いています。
 主人公がイメージとして思い浮かべる金閣と実際の金閣へ感じる美のズレは、人の普遍的な美の認識をよく表していると思います。自分の中で理想化しすぎて、実際目にしたときあれ、こんなものかと思うことって、よくある気がします。美に限らず、人間や他のものについても。構築主義の話にも通ずるところがありますね。

 永遠に続くであろう建築の美が、空襲で焼けるかと思われるときに、いつになく親しいものに感じられるようになったというくだりも強く印象に残っています。炎に脅かされてはじめて儚い人間と同じ次元に至るのです。戦争が終わったとき、金閣は「音楽の恐ろしい休止のように、鳴り響く沈黙のように、そこに存在し、屹立していたのである。」と描写されています。堅固な永劫の冷たい美をよく表していると思います。
 僧という聖職にありながら、主人公はやけに俗で、しかし、自分を拒否してきた俗を拒否しているのが、強烈な筆致で描かれています。生々しいような、硬いような、美しくも強烈な作風がとても印象的です。

 ものすごく濃い一冊で、考えることも多くありましたし、自分の思考が追いつかないところも多くありました。またそのうち読み返し、作品や三島の美学観をもっと深く考察してみたいと思います。
posted by みさと at 19:30| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(近代文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

人間失格 グッド・バイ 他一編

 太宰治さんの短編集です。他一編というのは、『如是我聞』です。
 太宰さんの本は恥ずかしながらあまり読んだことがなく、多分『走れメロス』以外では初めてな気がします。
 『人間失格』の主人公・葉蔵は周囲の人が考えているのかを理解できず、得体の知れない他者に怯えるあまり、道化に走って自らを守っています。
 周囲の考えていることがわからず道化に走る、という気持ちはわかる気がします。私自身も、彼ほどではありませんが、人の気持ちがわからなかったり、「こういうときは一般的にこう感じるものだ」と相対化してしか把握できなかったりします。女の子を指差して友人が「あの娘、可愛いくね?」と聞いてきた時とか。私は人間を「可愛い」と思う気持ちが理解できないのですが、「そうやね」などと答えます。最近では慣れてきてそうでもありませんが、これは可愛いやかっこいいを表す「記号」であると強く意識しながら、キーホルダーやTシャツを買ったりしています。

 葉蔵は人間に怯えてはいますが、無垢な妻を愛したり、アンダーグラウンドの世界に生きる人には共感を持ち、つるんだりしていたことを考えるとどこかで人間を求めていたような、そんな気がします。


 『グッド・バイ』は未完の絶筆。最後には、自らの妻にグッド・バイされるという皮肉な結末で終わるという構想であったそうです。『人間失格』と比べ、かなり軽妙に物語が進んでいきます。

 『如是我聞』は、議論としては粗雑なものですが、太宰の思いが、文章を通じて熱いほどにまで感じられるエッセイ。肩書きばかりを重視する世間を痛烈に批判しています。

 どの作品にも世間への批判・皮肉が込められた一冊。惹きこまれて一気に読んでしまいました。
posted by みさと at 18:06| 奈良 ☔| Comment(0) | 読書(近代文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

細雪(上)(中)(下)

 谷崎潤一郎さんの小説です。船場の名家・蒔岡家の怜美な四姉妹とその恋愛・縁談を巡るお話です。

 谷崎作品で過去に読んだのは『陰翳礼讃』と『春琴抄』。『陰翳礼讃』では、その表現世界の美しさに魅せられましたが『春琴抄』ではその情緒世界の強烈さに圧倒され、しばらく敬遠していた作家さんです。
 昨冬のある日、友人らと映画「細雪」の上映会を行い、それがとてもよかったので、この本にも手を伸ばしました。とは言っても、この本を読んだのはもうひと月以上前のこと。忘れないうちに感想をつけなければならないのですが、だいぶ感想を貯めてしまっています、、、。

 上品な関西弁で紡がれる作品世界。(春琴抄などと比べても)とても読みやすいのですが、華やかな関西の上流社会が美しく描かれています。華やかな美しさの中に、どこか儚さが含まれているのは、作品自体の内容に加え、日本の円環しながらもいつか色あせてゆく無常の世界観が長い作品を通じて上手く描かれている(四季の移ろいと時代の経過、戦争のかげなど)からな気がします。
 この小説は関西という一地方を舞台としながらも、「日本」の美をよく表していると思います。関西は古来より天皇や貴族が住んでおり、日本の文化を育んできた場所(ーーただしただ文化的な中心であったというだけでなく、近代に「日本」の社会的構築の材料とされたところも大きいとは思いますが)でありますから、日本の儚き美を描くのに格好の舞台だったと思います。『細雪』が東京や山形を舞台にしていたらどうだったか、と思うとかなり違うものになった気がします。

 作品で描かれるのは関西の名家。裕福な暮らしに基礎付けられ、伝統的な文化的な趣味に飛んだ暮らしをする蒔岡家。
 私の実家も、蒔岡家ほどではなく、さらに商家ー農家の違いはありますが、大阪近郊で庄屋を務めた、それなりに裕福な旧家。曽祖父の代以前はそれなりに文化的な暮らしをしていたようで、蔵の中に先祖が詠んだ和歌が残っていたり、家に良さそうな掛け軸があったり、伯母がお茶を習っていたり、その残り香があります。しかし、農地解放での凋落や世代交代のタイミングなどで、もうその文化性を受け継ぐことはできていません(親戚づきあいや親戚の結婚事情などに社会的な性質は残っていますが)。だからこそでしょうか、過去の実家に重ね合わせて蒔岡家の生活を羨ましく思ったり、蒔岡本家の没落をみて胸が痛んだり、そして雪子の縁談にものすごく感情移入してヤキモキしたりしてしまいました。
 かなり好みでしたので、谷崎の他作品も読んで行こうと思います。
posted by みさと at 13:16| 奈良 | Comment(0) | 読書(近代文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

檸檬

 梶井基次郎さんの短編集です。『檸檬』『城のある町にて』『泥濘』『路上』『橡の花』『過去』『雪後』『ある心の風景』『Kの昇天』『冬の日』『桜の樹の下には』『器楽的幻覚』『蒼穹』『筧の話』『冬の蠅』『ある崖上の感情』『愛撫』『闇の絵巻』『交尾』『呑気な患者』が収録されています。

 全体として鬱々とした雰囲気の話が多く、隙間時間に読もうとしてもなかなか読み進まなかった記憶があります。それで『泥濘』〜『ある心の風景』くらいがあまり入り込めずに、頭に残らず…。しっかりと本を読むための時間をとった部分は、印象に残った作品が多い気がします。暗い話は自分の気持ちも暗いときに読めばいいのか、明るいときに読めばいいのかって、結構難しい問題な気がします。

表題作『檸檬』は有名な小説ですが、読むのは初めて。京都丸善に行ったことを契機に読み始めました。鬱々とした生活の中の一事件が、様々な感覚描写を通じて鮮やかに描き出されています。沈みがちの心のモノトーンの上であるからこそ、鮮やかな描写が極めて美しく現れているように思います。鮮やかな黄色、ぎゅっと詰まった形、そのままでもほのかに酸い香り、ひんやりとした手触り…。檸檬一つが、これほどまで魅力的に思えてくるのも不思議な感じです。
 檸檬以外についても、寺町の明かりや花火、びいどろの味など、この作品は秀逸な五感の描写に彩られています。世界には、こんなに感覚が満ちているのか、と驚きを感じました。私は、生活していく中で様々な感覚をどこかで感じているはずなのに、魚が網をすり抜けるようにそれらを見逃している感じがします。
 『檸檬』の次には、『桜の樹の下には』が印象に残りました。「桜の樹の下には、屍体が埋まっている!」という印象的な冒頭から始まる掌編。どこかで聞いたことのあるフレーズだな、と思えば、恩田陸『図書室の海』に収録されている『睡蓮』に引用されていました。この先品では、生と死を憂鬱とグロテスクの中で結びつけています。生(特に生殖)というのは、生々しい気持ち悪さを備えているものでありますし、死も(「無」と結びつけられがちであるものの)実際のそれは、腐乱し蛆が湧き、おぞましいものであります。また、気持ち悪さという点で結びついているというだけでなく、「生」は「死」の裏返しであるという点も、この小説において重要な要素であると思います。
 花というものは、一見可憐に見えますが、それは言ってしまえば生殖器であり、よく見れば気味の悪さを感じさせるもの。そのような、なんとも言えない気味の悪さを、この小説はうまく表している気がします。
 上二編以外にも、秀作揃いの良い短編集です。お薦めは、『冬の蠅』『ある崖上の感情』『闇の絵巻』です。憂鬱な感覚で捉えられる情景の描写が、とても素晴らしいです。
posted by みさと at 18:39| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(近代文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

春昼・春昼後刻

泉鏡花さんの連作です。

あらすじ
 眠気を誘うような暖かな春の昼下がり、散策子は集落を歩いた後、ふと山寺に立ち寄る。彼は住職に、最近集落であった不可思議な恋の物語を聞くが……。




 春昼。ぽかぽかと暖かな陽気。とろとろと眠気を誘うようなのどかさを感じさせる舞台設定でありますが、鏡花特有の妖美さ、不気味さが感じられる作品です。
 白い半透明の幕を透かして見ているかのような、そんな気持ちにさせます。砂をつかむ、という描写が終盤にありましたが、それがこの物語を象徴しているようで。
 物語自体がうとうととゆったりとした夢のようでありましたが、最後急展開で終わりまうが、その緩急が素晴らしいところ。

――渚の砂は、崩しても、積る、くぼめば、たまる、音もせぬ。
posted by みさと at 17:03| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(近代文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

夜叉ケ池

泉鏡花さんの戯曲集です。収録作品は『夜叉ケ池』『海神別荘』『天守物語』です。

あらすじ(表題作)
 三国岳の麓、琴弾谷。萩原晃は妻・百合とともに鐘楼守をしていた。明六つ、暮六つ、夜中丑満に一度ずつ撞かねば、山奥にある夜叉ケ池の水があふれて田地田畠、陸という陸が水に呑まれるという伝説があるのだ。村の信仰も最早廃れ、百合と外から来た自分だけが迫害されながらも鐘の信仰を守っていた。ある旱の夏、晃の旧友の文学士・学円が偶然訪れたが……。




 最近はまりつつある鏡花さんの戯曲。夜叉ケ池、三国岳はワンダーフォーゲル部で訪れたことがある場所でありまして、そのときまでにこの本を読んでいたならばもっと楽しめたのに、と悔しく思うところであります。夜叉ケ池までは登山道もあり、ミニアルプスといった体で景色も美しいところでありました。ところが池を抜けて三国岳のほうへ参りますと、次第に道も消え失せ、完全なヤブ山になります。ワンゲルは精神力の鍛練とルートファインディング(読図)能力の強化のためわざわざヤブに突っ込むなんてことをしているのです。あの時は『夜叉ケ池』という作品の存在は知っていたのですが、「ここが鏡花の戯曲の舞台か」という感慨も何もなく、「ヤブ!痛い!辛い!」みたいな感じでうんざりとしながら歩いていた記憶があります。
 閑話休題。『夜叉ケ池』、かねてより聞いていた通りの名作でした。人の手も入らないヤブ山の鞍部にある涸れることのない大池。未知の領域が大きく神秘性を帯びており、このような小説の舞台にぴったりです。失われつつある伝説を巡って行われる村人たちと晃たちの応酬が個人的には一番の良い場面だと思います。昔話ではなく、現代(執筆当時)を舞台としているのもポイントですね。
『海神別荘』は人間の小ささ、浅ましさがややSFチックな物語を舞台に描き出された佳作。舞台設定としてはSFに近い話なのに、ヴェルヌなどの雰囲気とは全然違います。鏡花の美しい文体ではまた日本の民話であるかのような印象を受けます。
 『天守物語』は人ならぬ者たちの描写が中心のお話。彼女らの美しさ、そして気味悪さが鏡花らしい文体でじわりと沁みてきます。ちなみに、作中で夜叉ケ池の話が出てきておっと思ったり。後半にて妖美な夫人が人間の乙女のように恋い焦がれる様子の描きっぷりはは本当に流石といった感じです。
 鏡花作品のいずれにも言えることなのですが、鏡花は起承転結の「転」が上手だと思います。美しさはそのままに物語が急展開していくダイナミズムは鏡花作品の大きな醍醐味なのかもしれません。

評価:A
posted by みさと at 15:36| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(近代文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

高野聖・眉かくしの霊

 泉鏡花さんの小説です。

あらすじ(高野聖)
 ある旅館での夜ーー道連れの僧は飛騨山中の峠越えのとき体験した不思議な出来事を語った。行く道に横たわる大蛇に、雨のように降り注ぐ蛭の森、そして妖しくも美しい女性の暮らす峠の一つ家……。鏡花怪奇譚の名作の一つ。




 以前アンソロジーで読んだ『薬草取』に魅せられ、鏡花をしっかり読んでみようと思い、生協で購入した一冊です。
 妖しく幻想的な中に、どこか俗っぽさというか、親しみやすさが混じるのが鏡花の特徴なのかもしれません。これのあるおかげで不思議な世界に自らを没入させてくれるのかもしれないと思いました。
 鏡花の怪奇譚は妖しさ、気味悪さ、恐ろしさと同時に絶妙な美しさが存在しています。風景や世界観はもちろんですが、『高野聖』ならば、一つ家の女の妙に肉感的で、艶めかしい描写。俗なるもののような、聖なるもののような不思議さに幻想的な靄がかかったような美しさが感じられました。そしてここに「白痴」とされる少年を配することで女の妖しさが増しています。また僧侶も語り手に対して気安い態度をとり、また最終的に女に心惹かれるという俗性を持ちながらも、女に惹かれるのは性欲などではなく「白痴」にたいする優しさを持っているところに由来しており、動物に変えられることもなかったという聖性をも持っているのも一つ。聖俗の交わり、幻想的な美しさの両方がよく顕れており、そういう点で鏡花の良さがよく表れた作品といえるかもしれません。
 ちなみに蛭の森の描写も見どころの一つだと思います。自分はワンゲルで蛭にひどくやられた経験がありトラウマを抉られたということもあるかもしれませんが(汗)、気味悪さがひどく印象に残りました。この肉感的な気持ち悪さが幻想性を帯びた物語のよいアクセントとなっているように思います。

『眉かくしの霊』も佳作。先にもあげた鏡花の魅力がよく伝わってくる作品です。雪の山国のさびれた旅館というのも物語によく合っていて、聖性と俗性の交錯する地点としても、美しさ、妖しさ、そして儚さを醸し出す舞台としてもよく機能しています。日本の伝統的な怪談の妖美さが感じられる短編です。


評価:AA
posted by みさと at 15:03| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(近代文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

文豪山怪奇譚 山の怪談名作選

 東雅夫さん編のアンソロジーです。収録作品は火野葦平『千軒岳にて』、田中貢太郎さん『山の怪』、岡本綺堂さん『くろん坊』、宮沢賢治さん『河原坊』、本堂平四郎さん『秋葉長光ーー虚空に嘲るもの』、菊地寛さん『百鬼夜行』、村山槐多さん『鉄の童子』、平山藘江さん『鈴鹿峠の雨』、泉鏡花さん『薬草取』、太宰治さん『魚服記』、中勘助さん『夢の日記から』、柳田國男さん『山人外伝資料』です。
 またまた読み終わってから感想を書かずに一ヶ月超経ってしまった…。怪奇小説が好き+登山が好きな自分なのですが、本屋さんでふとこの本が目につきました。これは買うしかない!ということで衝動買い。実際心底買ってよかったと思える一冊でした。
 山は美しく、恐ろしく、生活に密着していて、それでいて未知の領域が大きい場所。怪談、幻想小説の格好の舞台であります。近代の文豪連が書いたというだけあってどの作品も文章が素晴らしい。もちろん、幻想的で美しいもの、読者の好奇心をかきたてるもの、背筋のぞくりとするもの、心躍るもの、とその素晴らしさの質は作品それぞれに異なります。私は中でも岡本綺堂さん、泉鏡花さんの作品が気に入りました。またお二人の他の作品も読んでみたいと思いました。
 一作一作魅力を語っていきたいところですが、一月前の記憶を辿りながら書いてはうまく表現できない気がするので、近く再読してからにします。(その前に積ん読を片付けていかなくては…笑)
 本当にオススメな一冊です。ぜひ本屋さんで探してみてください!笑

評価:AA
posted by みさと at 22:31| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(近代文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

吾輩は猫である

 夏目漱石さんの長編小説です。

あらすじ
 我輩は猫である。苦沙味先生の元に転がり込んで養ってもらっている。偏屈な主人の周りに集まる紳士達も一癖二癖あるものばかり。人間達との付き合いは不愉快なことも多いが、彼らを観察するのは面白い事この上ない。




 丁度朝日新聞にも連載中の、誰もが知っている超有名作でございます。苦沙味先生や迷亭先生たちのの珍妙でトンチキな掛け合いが面白いです。猫や登場人物たちは無茶苦茶な理屈を言っているように見えますが、実際は痛烈な社会批判になっているところが少なくないのがこの小説の魅力の一つだと思います。
 ただ…冗長な感じがあり、私は途中で少しダレてしまいました。個人的には夏目先生一番の名作は『こころ』だなぁと思います。
 個人的に一番好きなのは最後の50頁ほどです。特にラストシーン。ものすごく斬新な感じで、やられた、という感じがしたのですが、読んでから思えばこう言う結末になるのは必然であったような気もします。

評価:B
posted by みさと at 22:14| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(近代文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

坊っちゃん

 夏目漱石さんの長編小説です。

あらすじ
 東京の物理学校を卒業したおれは松山の中学校に数学教師として赴任した。江戸っ子気質のおれは私生活を冷やかしたりいたずらをしたりする生徒たちと対立する。赤シャツや野だら他の教師らとも交流を持つが、どうもしっくり来ないことばかりだった……。




 妹に借りて読みました。喋り言葉(べらんめえ口調の江戸弁?)で書かれており、読みやすい部類に入ると思います。ストーリーも痛快で分かりやすいです。いい意味で、子供向けに近い感じがします。登場人物の役割付けがはっきりしていて、悪役がきちんと定められていますが、その悪役も悪役ながら愛すべき印象を与える。赤シャツや野だいこがその役回りですが、決して心から憎むということはできません。バイキンマンみたいな感じとでも言うのでしょうか。親しみやすいキャラクターですよね。この親しみやすさは、彼らのような俗物的存在がある程度誰の心にも存在しているからかもしれません。
 もう一つ、この小説が傑作としているのは、構成/物語と文体がぴったり合っているからだと思います。文章が『こころ』とかのそれならば、『坊っちゃん』はあまり面白いと思えないのかもしれません。微妙なバランスで絶妙な作品が出来上がっているのだと思います。

評価:B
posted by みさと at 22:13| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(近代文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする