2017年02月05日

島は僕らと

 辻村深月さんの青春小説です。

あらすじ
 瀬戸内海に浮かぶ冴島は人口三千人弱の小さな島。島には中学校まではあるが、高校はない。高校二年生の朱里の学年は彼女のほか網元の娘・衣花、リゾート開発業者の息子・源樹、演劇に熱を上げる新の三人だけ。高校卒業とともに島を出て進学するのを前提に、残り少ない日々を毎日四人で本土にある高校へフェリーで通って過ごしている。Iターンの増加や大人たちの取り組みで変容しつつある島を舞台に、島と本土の様々な人物が交錯する。



 青春小説の名手・辻村深月さんの作品の描いた地方小説です。現代の地方社会を絶妙に描いた名作でした。
 瀬戸内海の島。コミュニティデザイン。株式会社「さえじま」。読んでいてすぐに、兵庫県姫路市の家島がモデルではないだろうか、と思いました。以前紹介した山崎亮さんの本で紹介されている島です。山崎さんの『コミュニティデザイン』を合わせて読むと、おー、となるかも。
 「田舎」を描いた田園小説でありながら、その舞台はコミュニティデザインなど(先進的な)活性化の取り組みが積極的になされ、Iターンなど人口の移動が激しい島。旧態依然とした所謂「ムラ」が良くも悪くも変容しつつある、現代らしい舞台設定です(日本全国で見れば、冴島のようなところはかなり恵まれた「田舎」になるのでしょうが…)。怪しい作家・霧崎ハイジやコミュニティーデザイナー・ヨシノといった「ソト」の人物の目線も中々面白い描かれ方。古きと新しきが交じり合う現代の「田舎」での、複雑で微妙な人間関係の様子がよく描かれており、田園小説としては珠玉の作品だと思います。
 こうした舞台を背景に描かれる四人の青春劇も素敵です。特に、終盤。衣花の島を愛し、網元の娘として責務に従うことを受け入れながらも(あるいは進んでそれを選択した、と言えるかもしれません)、本土へ行く愛する友と別れるのが辛くて泣き叫ぶシーンは特に感情移入してしまいました。古くからのしがらみを打破するような描かれ方をする小説はよくありますが、このように、「しがらみ」を好んで受け入れながらも、それでも他の条件を考えて葛藤が起こるというのがかなりリアルに感じました。私自身の感情によく合っていたというのもあるかもしれませんが。
 大人と子供のあわいの、高校生という目線から見た島の社会、逆にその島の社会が彼女らを規定している様子、また島の社会での彼女らの生き方も注目ポイントです。
 そしてあと、女性の地方社会でのあり方もこの小説の一つのテーマですね。閉塞的・硬直的な地方社会はとりわけ女性をいろいろな形で生き方を規定し、悲しませ、ときには追いやってきた。そうした側面を描きながらも株式会社「さえじま」の代表を務める朱里の母、コミュニティデザイナーとして島の人たちの懐へ入ってゆくヨシノ、さまざまに思い悩み、暗中模索しながらも自らの道を選んできたシングルマザー・蕗子などなど、強く生きる女性たちの姿が描かれています。それを踏まえると、この作品のラストシーンはこれ以上にないほどこのテーマに調和的で、そしてかつ他の青春小説・田園小説としてのテーマも上手に落とし込んだ素晴らしい結末だと思います。

 ただ懐古的にもならず、かといって古きを全否定するわけでもない、良い作品です。田舎で生きるということ、そしてふるさとの意味を考え直させてくれる契機になることと思います。

評価:A
posted by みさと at 14:48| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(辻村深月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

子どもたちは夜と遊ぶ(上)(下)

 辻村深月さんの長編推理小説です。

あらすじ
 留学への道を開く論文コンクール。D大の狐塚孝太か木村浅葱が入賞すると思われていたが、賞を勝ち取ったのは「i」を名乗る謎の人物であった。浅葱はその正体を掴もうとし、ネットを探しているうちに、「i」は長いこと離れ離れになっている自分の兄ではないかと思い当たるが……。




 二巻に渡る大長編だけあって、読後胸がいっぱいいっぱいになりました。叙述トリック、意外な犯人、見立て殺人ん…推理小説をよく読む人なら予想しえて、食傷気味のものかもしれませんが、辻村さんの魅力は、ただの本格ミステリに終わりません。
 浅葱の視点になって、だんだんと心が追い詰められていく様がよく描かれていて、自分まで辛くなってきます。浅葱も、そして狐塚、月子も強いようでいて弱い、等身大の人間なのです。
 何度も書いたかもしれませんが、辻村さんは、非日常の舞台の中に映る等身大の(日常の)人間を描いてらっしゃいます。そして、どんなに辛い話でも大概少しの温かみがはいるのです(この作品で言えばエピローグですね)。
 他の作品とのリンクも楽しめます。恭司と孝太は昔読んだ別の小説にも出てきたので、「あ!」と思いました。
 また時間のある方は、「本日は大安なり」などと一緒に読んでみてください。ウィキペディアにリンクのまとめもあるので、ぜひご参考に。
評価:B
posted by みさと at 00:02| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(辻村深月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月31日

サクラ咲く

 辻村美月さんの中編集です。収録作品は『約束の場所、約束の時間』『サクラ咲く』『世界で一番美しい宝石』です。

あらすじ
 塚原マチは小学校の頃から自分の意見をはっきり言うことができないことを気に病んでいた。人の意見に心では異を唱えても、結局流される。そんな自分を変えたいと思ったが、なかなかできないでいた。マチは図書館に行くことが好きで、頻繁に本を借りていたが、ある日読んでいる本の中に紙が挟まれているのに気付いた。そこには「サクラチル」と書かれていた。その後も借りる本借りる本にメッセージが書かれた紙が見つかる。マチは同じ本を借り、メッセージを残す人物に興味を持つが……。




 さすが青春小説の名手、辻村さん! 特に内気な少年少女の内面の描き方が素晴らしいです。青春時代のはかなさ、切なさ。その一方で暖かさも同時に感じられます。恋愛ドラマのような派手な青春ではありませんが、その分身にしみるというか…決して現実的な話はありませんでしたが、自分のすぐ側に起こってもおかしくないような不思議な親近感を感じます。表題作が特におすすめです。素直で、だけどじんわり感動できる佳作です。

評価:B
posted by みさと at 22:01| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(辻村深月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

本日は大安なり

 辻村美月さんの長編小説です。

あらすじ
 今日は11月22日、大安吉日である。ここホテル・アールマティでは今日、何組ものカップルが式を挙げることとなっている。幸せなはずの式場に集まる人たちの中には、わがままな新婦、秘密の試験をしている双子姉妹、嫁ぐ叔母に憧れを持つ小児、また企みを持った一人の男など訳ありの人がたくさんいた……。




 辻村ワールド全開の作品です。辻村さん、基本作品の結末をこういうかたちにしてくれるのが魅力です。ブラックな感じも好きなのですが、辻村さんの作品は悪い意味でのそういう臭みがなくて、読み易いです。
 読後感が気持ちいいのはもちろんですが、中身も充実しています。鈴木さんパートの追いつめられた感じや、双子パートの複雑な心情変化に魅き込まれました。一番記憶に残ったのは真空君のパート。親戚のお兄さんお姉さんへの憧れという、誰もが経験したことを少し酸っぱい感じで描いているところが気に入りました。子供心に色々心配になってしまうというのも恥ずかしいですが記憶にあります。小説の彼は、本当にリアルです。
 どのパートも締めくくり方が魅力ですので、ぜひ本を手に取られた方は最後まで読んでほしいです。

評価:A
posted by みさと at 22:53| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(辻村深月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

ツナグ

 辻村美月さんの連作です。

あらすじ
 使者ーーツナグーーと呼ばれる仕事がある。人は使者を通じて、生涯に一度だけ死者と会えるのだ。好きなバラエティアイドルが急逝した女性、頑固なあまり親戚との関係を悪くしがちの長男、演劇部内のオーディションで親友に嫉妬した少女、婚約した翌日に帰ってこなくなった彼女を待つ会社員……死者と生者の思いをツナグは結ぶ……。




 中々夢中になって読みました。初めツナグには特別な人間のようなイメージがありましたが、後半でのあまりの人間らしさに驚きましたね。ツナグの視線も描くことで依頼する側だけの視点では見えないものも見えてきます。依頼して幸せになれるのか、逆に不幸にならないのか。それが分からないのに見届けるというのはやはり心痛むことでしょう。
 辻村さんは、もうミステリ作家を抜けて、オールラウンドの作家になった、と言っても、根底にはやはりミステリの書き方が隠れているなと思います。
 自分なら誰に会うだろう、と思いを馳せると、やっぱり物心つかないうちに死に別れたおじいちゃんでしょうか。でも、会うことで余計に辛くなる気もします。本当にあれば良いのにと思う一方、あったらあったで結局使えないかもしれません。

評価:B
posted by みさと at 23:11| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(辻村深月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

ふちなしのかがみ

 辻村美月さんの短編集です。収録作品は『踊り場の花子』『ブランコをこぐ足』『おとうさん、したいがあるよ』『ふちなしのかがみ』『八月の天変地異』です。

あらすじ
『踊り場の花子』 相川英樹の勤める若草南小学校には花子さんの七不思議がある。一般的に、花子さんはトイレに出るが、ウチの学校の花子さんは、階段に現れる。ーーある夏休みの日、相川は日直で一人学校に出勤していた。ケータイが鳴ったので取ると、以前教育実習に来ていた後輩・小谷チサ子であった。彼女は忘れ物を取りに来たいと言う。了解して間もなく、チサ子は到着したが、相川はふと違和感を覚えた……。
『ブランコをこぐ足』 小学五年生の倉崎みのりは、ぶらんこを激しく漕いでいた。これ以上ないというところまで上がり、誰もが今から減速するかと思った。しかし、彼女の体は空高く投げ出され、ブランコの柵を越えた遥か遠くに墜落した。翌朝彼女は息を引き取る。同級生たちの話を聞くと、様々な事実が浮かび上がるが……。
『おとうさん、したいがあるよ』 祖母の認知症が始まった。祖父も足が悪くなっているため、私は両親たちと祖父母の家の掃除を始めた。飼い犬のペロの小屋を見たとき、私は死体を見つけた。「お父さーん、死体があるよー!」私は大声で父を呼んだ……。
『ふちなしのかがみ』 私、香奈子はジャズクラブで知り合った友人、マイコとサキに、学校で流行っているらしい鏡の占いの話を聞いた。条件を揃えて鏡を見ると、一瞬だけ未来の自分の姿が見えると言う。香奈子は自分が思いを寄せる相手・高幡冬也ーークラブでサックスを演奏しているーーとの未来を見たがった。ある日、実際に試してみるが……。
『八月の天変地異』 キョウスケと仲良くなってから、俺・小島シンジは友達のいないやつと見なされるようになった。それまでは皆と、普通にサッカーなどをして遊んでいたのに。班替えなどでもあまるようになった。ある日堪えられなくなった俺は、架空の完璧な親友「ゆうちゃん」をでっち上げて自慢した。しばらく定期的に「ゆうちゃん」の自慢話をしたが、ある日嘘だとばれてしまう。その後、サッカーに久しぶりに入れてもらえたかと思うと、プレー中にひどい仕打ちを受ける。そこに、白い肌をした「ゆうちゃん」が現れる……。




 本当に久しぶりの読書感想です。結構気に入っている作品で、読むのは二回目。辻村さんの作品は、若者像の心理描写が特に巧くて、いつも感情移入して読んでしまいます。
 『踊り場の花子』は、「世にも奇妙な物語」にもなっているお話。ホラーとミステリの素晴らしい折衷作品で、ドキドキしながら読みました。「実はこうなんじゃないか」というのは大分最初の方から気になるのですが、ずっとじらされるのが、主人公の気持ちがよく伝わって中々良いと思います。ラスト、ゾクッとしますよね。(ネタバレ・反転→)無限の時に閉じ込められるってねぇ……。その後相川は、脱出するのを諦めるのでしょうか、それともずっと階段を下り続けるのでしょうか……。来るはずのない解放を、無限の時間の中でずっと待ち続けることなんて、ほんとに恐ろしいです。いっそ殺された方がマシな気がします。
『ブランコをこぐ足』この作品は、スクールカーストものです。私も高校生、クラスの「上の方」とか「下の方」は結構体験しています。みりちゃんは、キューピッドさんを利用して、「上の方」に上がりました。彼女のしたたかさが見えてきますが、同時に幸運があったことも忘れてはいけません。「十円一枚、動かす度胸もないくせに」とみりちゃんは言いますが、彼女も本当に度胸があれば、キューピッドさんなんて関係なしに「上の方」に行けたはず。真相はちょっと謎。ごまかし続ける自分が嫌になったのかな……。
『おとうさん、したいがあるよ』は、本当に気味悪かったです。死体を見つけての困惑は見えてきますが、驚愕や恐怖といった感情が見えてきません。妙に落ち着き、とぼけた登場人物たち。本当にうす気味の悪い話です。これも「世にも奇妙な物語」とか「ウルトラQ」とか、あと「ミステリーゾーン」とかみたいです。
 結局何がどうなっているのか謎ですが、私なりにも少し考えてみました。(ネタバレ・反転→)初めは死体は皆ネズミなのではないかと思いました。しかし、エピローグで蠅を見なかったとありますし、やっぱりちがう気がします。私は、集落から人が段々いなくなったことの比喩なのではないでしょうか。おじいさんは足が悪いことから、外にはあまり出ることができない。だから、集落から去った人は死んだのと同じ、ということ。去った人はただ記憶にだけ残る(家がおじいさんの脳内だと考えれば、家に死体が残る)。そして、死体を始末するということは記憶からも抹消してしまう、ということでしょう。後々お母さんやお父さんがとぼけるのも完全に忘れてしまったことの比喩。はっきりとおじいさんが喋るシーンがないのも、物語自体彼の頭の中ということ。
 まあ、無理に解釈しなくても、このように物語の破綻した様の気味悪さを感じるだけでも十分かもしれません。
『ふちなしのかがみ』はミステリ性が強くてあっと言わされました。香奈子に身を据えて考えると、本当に悲しい話です。精神的に追いつめられていく(いた)様は本当によく描かれていると思います。それにしても、この救いのなさは悲しすぎます。
『八月の天変地異』も、スクールカーストを主に据えた作品です。『踊り場の花子』もメインテーマではないもののスクールカーストの描写がありました。メッセージ性が高くて、『ブランコをこぐ足』と合わせて読むと、よりそれが強く感じられます。結局、「ゆうちゃんーー見えない友達」とか「キューピッド様」とか、実体のないものに頼っているようではいけないのですよね。前向きな結末と言い、これが一番普段の辻村さんらしい作品。

評価:A
posted by みさと at 18:20| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(辻村深月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

光待つ場所へ

 辻村美月さんの中編集です。収録作品は『しあわせのこみち』『チハラトーコの物語』『樹氷の街』です。

あらすじ
『しあわせのこみち』私、清水あやめは感性を武器に絵を描いてきた。人一倍自身があった。しかし、私のプライドは大学の講座で男子学生の田辺が作った映像の素晴らしさに打ちのめされる。生まれて初めての敗北感を味わった私は……。
『チハラトーコの物語』私・千原冬子はオタク系の地下アイドルをやっている。そして、私はメジャーでも通用する容姿を持っており、付け焼き刃でないオタク知識を持っている「ガチもの」と自負している。私はよく嘘をついてここまで来た。でも、それは人を喜ばせる嘘。だから、何も問題ない……。
『樹氷の街』天木たちのクラスは合唱コンクールで「樹氷の街」を歌うことになっていた。しかし、伴奏の倉田梢の楽譜がゴミ箱から発見され、クラスは気まずい雰囲気となるが……。





『しあわせのこみち』は、少し才能がある人にありがちな物語だな、と思いました。誰でも何か一つは、自分の誇りとなるような長所があると思いますが、そこで誰かに負けるというのは本当に堪え難いことです。嫉妬や自己嫌悪に繋がることも多いですが、彼女のように好意に繋げるようにしたいです。あと、この話って、大昔に読んだ『冷たい校舎の時は止まる』のスピンオフなんですね。通りで見覚えのある名前だと思った……。
 二話目もかなりクセのある女性の物語でした。誰でも嘘をつくことはありますが、彼女まで開き直れるのは凄いと思います。一方で、話を盛り上げるために、少し誇張して話すことにあまり罪悪感を感じていない自分に気づきました。
 三話目も、中々感じるもののある小説。倉田梢みたいな人、いたらちょっとめんどくさいなぁ、と思いながらも、誰の心にも彼女みたいな感情が少しはあるのでは、と思います。これも最近読んだ『名前探しの放課後』のスピンオフですね。
 いずれも、変にプライドのある人の話ばかりで、少し身につまされるところも多くありました。一話目が特にそうでした。自分より上って必ずいるからなぁ……。

評価:B
posted by みさと at 19:53| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(辻村深月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

名前探しの放課後(上)(下)

 辻村美月さんの長編小説です。

あらすじ
 依田いつかが違和感を感じたのはジャスコの屋上だった。ふとしたことから三ヶ月前にタイムスリップしたことに気がついた。彼は戸惑ううちにあることを思い出す。三ヶ月の間に、クラスの誰かが自殺するのだ。側へ飛び込んで。
 彼はまず友人の秀人に相談を持ちかけ、その後、坂崎あすなや正木たちにも協力をあおぐが……。




 物語が煮詰まっていて、重厚な作品でした。面白かった。ですが……構図がデビュー作『冷たい校舎の時は止まる』そのまんま。ラストも途中から見え見え。そしてもう一つ、連作と明言していない物語の根幹に、他作品読んでいないと分からない要素を入れないでほしい。
 文章にすると、悪い点ばかりが目立ってしまう作品でしたが、実際はそこそこ引き込まれました。リアルな高校生の人間関係を描けていると思います。でも、『ぼくのメジャースプーン』を読んでからこっちを読もうね。読んだ後ネットで調べて、ちょっと怒りました。
 辻村さんの実力はこんなもんじゃないはずです。他の作品と比べてどうしても見劣りしてしまいます。

評価:C
posted by みさと at 18:34| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(辻村深月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

オーダーメイド殺人クラブ

 辻村深月さんの長編小説です。

あらすじ
 私・小林アンはクラス内でも「イケてる」方の女子。ある日、ひょんなことから友人たちに仲間はずれにされるが、イケてない昆虫系男子・徳川の呟きをきっかけに仲直りする。
 彼の絵や思考のセンスは私の好みで、密かに気にしていた。あるきっかけで、私は彼に「私を殺して」と依頼するが……。




 作品に出てくる「中二病」という言葉は、以前から聞いたことがありました。友人達がよく使っている言葉です。誰でも、アンのようにダークなものに魅かれるのではないでしょうか。私自身も、丁度中一終わりから中二初めぐらいがそうだったように思います。ちょっと読んでいて恥ずかしい気がしました。法月綸太郎さん『密閉教室』の工藤少年みたいな感じですかね。
 この作品の大きなテーマの一つとして、「スクールカースト」というのがあります。うちの学校では、口に出してはっきり分けるということはないと思いますが、何となくわかれていますね。
 彼らの学校に自分がいたらどういう立ち位置になるのかな、とふと思いました。多分、昆虫系ですらない地味男子かな。スクールカーストはどんな学校にもあって当たり前だと思いますが、あんまり良いことではない気がします。
 アンのように、死に美しさを求めるのは果たしてよいことなのか、と思います。美しい死は良いかもしれませんが、それは自分で求めるものではないと思います。生きていく方がよいこと、美しいこときっとたくさんあるはずです。
 それにしても、臨場感のある学校生活が描かれていたと思います。この話を読むと、自分では苦労してきたつもりでも、私はまだましだったのだなと思います。少なくとも、本気で自殺を考えたことなんてありませんし。「死ぬことは現実からの逃げである」というのは苦労せず生きてきた者の言うことだとは思います。でも、これからある楽しいことを全て捨てて、目の前の苦労を避けるなんて、私はしたくありません。
 いろいろ考えさせてくれる小説でした。この文章、感想じゃなくてただ自分の意見を述べただけな気がしますが……まあお許しください。スクールカーストとか「死」についてとか、またゆっくりと考えてみたいと思います。

評価:B
posted by みさと at 23:25| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書(辻村深月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

鍵のない夢を見る

 辻村深月さんの短編集です。収録作品は『仁志野町の泥棒』『石蕗南地区の放火』『美弥谷団地の逃亡者』『芹葉大学の夢と殺人』『君本家の誘拐』です。

あらすじ
『仁志野町の泥棒』 私たちの小学校にりっちゃんーー水上律子ーーが転校して来た。私・ミチルと優美子は彼女や彼女の弟とよく遊ぶようになった。りっちゃんの母にも色々と世話を焼いてもらったが、あるとき私はりっちゃんの母が泥棒をしているという噂を聞くが……。
『石蕗南地区の放火』 私・笙子は三十六になったが、公有物件の保険事務所に未婚のまま勤めている。ある日、私の家の前の消防団詰所で不審火があった。丁度視察の任を負い、現地に行くが、ある男が気にかかった……。
『美弥谷団地の逃亡者』 私・美衣は複雑な思いを持ちつつも付き合いを続けている彼氏・陽二とともにホテルにいた。チェックアウトの後、彼とともに海にいくが、実は……。
『芹葉大学の夢と殺人』 私・未玖の元カレである雄大が殺人を犯した。心揺れているところに、雄大から最後に会いたいと言ってくるが……。
『君本家の誘拐』大型ショッピングモールで、君本良枝はベビーカーに乗った咲良がいつの間にかいなくなっていることに気づいた。ベビーカーは彼女の体の一部となっているほどだったのに。丁度その少し前、誘拐事件が起きていたので誘拐かと思い気に病み、店員たちとともに探しまわるが……。




 あまり辻村深月に似合わないダークな作品でした。自然な心の流れで、いとも簡単に悪人になることを思い知らされました。
『仁志野町の泥棒』では罪悪感や後悔が最終的に強く感じられ、私自身もミチルに近い心の動きをしたことがあるので、身につまされる思いでした。
『石蕗南地区の放火』は、自惚れとそれに起因する恐怖。自惚れなんて、自覚できないことが多いと思うので怖いです。最後もやはり、自分の名誉を気にしてしまう。読んでいてとても辛かったです。
『美弥谷団地の逃亡者』美衣ーーみえーーと言う名前は、「見栄」に繋がるんじゃないかと思います。カッコいい人、可愛い人とつき合うことがステータスになっている。美衣の場合は複雑な愛情があったのですが、ラストシーンは、結局自己保身。私も彼女の立場ならそうなってしまいそう。
『芹葉大学の夢と殺人』夢を抱く人に憧れますが、夢はどこかで妥協しなきゃいけないもの。そのことは分かっていても……辛いですよね。夢を遥か未来のもとして追い続ける人は可愛くカッコいいですが、同時に無邪気な子供っぽい人なのかも。未玖が雄大を愛し、少し疎んだのもよく分かる気がします。未玖と言う名前も、「ずっと叶わない夢」というのを意識した名前な気がします。
『君本家の誘拐』 現実に、どこにでもありそうな事件。最後は名誉のために行動してしまいますが、子供を思う気持ちは自分を思う気持ちと同じかそれ以上に強いのだな、と思います。赤ん坊の難しさ、可愛さが感じられました。実は、これを読み終わった次の夜、赤ん坊を抱く夢を見ました。

 自惚れ、後悔、名誉欲、自己保身、愛情……だれにでもある感情ですが、それがいろんなことに繋がることがとても不思議です。どの話もほんと、身につまされると言うか……。是非いろんな人に読んでいただきたいですね。
 さすが直木賞作品だと思いました。ちなみに、WOWOWでドラマ化されるそうです。広末涼子などが出演するそうです。

評価:A
posted by みさと at 12:20| 奈良 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(辻村深月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする