2012年06月30日

藤井 〜〜王寺の原風景〜〜(王寺町)

 交通の要衝であるが故の宅地開発で、王寺からは集落地と呼べるような場所は消えているのではないかと思っていました。ですが、明神山麓にある"藤井"と呼ばれる地域にそんな地域があります。
 今日はそんな藤井について紹介します。

 江戸時代、集落の近くを流れる大和川では水運が盛んでした。ここ葛下郡藤井村と安宿郡国分村(現柏原市)、大県郡峠村(現柏原市)の境界の亀の瀬は川底が浅く、流れが急な為、舟の通行が出来ず、河内側の剣先舟(国分村・志紀郡柏原村所有)と大和側の魚梁舟(やなぶね・平群郡立野村)、そして藤井村の藤井問屋に分業して水運を担っておりました。魚梁舟が川を使って荷物を輸送するのに対し、藤井問屋は牛馬を使って亀の瀬から大和各地に陸運をおこなっていました。
 昭和七年には、中河内郡堅上村峠からこの藤井の山間部にかけて地辷りが発生しました。大和川が隆起したせいで上流から流れてくる水が停滞し始めました。周辺の村々はもとより、最悪北は郡山や奈良市内、南は高田や橿原までが水没してしまう危険性が示され、奈良県などは大和川を掘削するなど対策をしましたが、三郷村の立野と王藤井を結ぶ大正橋がまず浸水し、宇智郡五條町から渡し船を借りて代替するという事態になりました。それから間もない6月3日、大和平野は大雨に見舞われ、危険を感じた藤井区民は王寺町に要求し、避難住宅を用意してもらいました(6月28日完工)。完成した二日後の6月30日から7月1日にかけてまた豪雨が降り藤井集落の25戸が沈水。王寺駅周辺の市街地も洪水に見舞われました。

 藤井は王寺町の住宅地の中で最も西にあります。国道25号線沿いにマンションや新しい住宅があり、三郷町方面から国道を渡って奥(南)に進むと集落地に着きます。
 グーグルの航空写真を見ていただくと分かるのですが、藤井集落は王寺の他の住宅街と山地で隔たれています。町内の他の地域に行くには、国道25号線に沿ってそれなりに走らなければなりません。
 一変、三郷町の立野南住宅地(旧集落でいうと立野高山)には近く、駅も三郷駅の方が近いです。とは言え、立野とは川を隔てています。昔は橋がなかったことを考えると、やはり心理的な距離があるのでしょう。
 上記のことから、今はいざ知らず昔は他のどの旧集落からも離れた立地であることが分かります。そんな歴史が藤井を開発の波から救ったのかもしれません。
 新興住宅地は少ないのですが、現在藤井は住居表示が実施されており、藤井一〜三丁目と畠田の飛び地に分けられています。


 藤井の町並み。基本的に王寺は市街地しか行っていなかった私には、この町並みが大変印象的でした。数少ないながらも大和棟の家がありました。本当にのどかな、美しい集落でした。また行きたいなぁ……。
th_IMG_0013.jpg




th_IMG_0014.jpg




th_IMG_0015.jpg


よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 柏原情報へ
にほんブログ村
posted by みさと at 20:53| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あの街この町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

川畑 〜〜吊り橋と新興住宅地〜〜(柏原市)

 大阪府柏原市堅上地区に"川畑"というところがあります。市民の方でもおそらく耳にしたことがない人が多いと思います。場所はというと、大和川沿いで芝山の東の対岸。つまり、青谷運動場のある辺りです。
 今回はそんな川畑について紹介します。

 地名の語源は恐らく「川の端」即ち「川端」から字が変わって「川畑」となったと思われます。現在「川端橋」という吊り橋があります。
 村としての歴史なのですが、資料があまりに少ないので正確に遡ることはできません。はっきりと存在が分かるのは明治20年。柏原市史第三巻に収録されている明治20年の地図によると大字青谷の内に"字川畑"とあり、四軒ほどの家屋が見られます。このことから川畑は青谷の枝郷とわかります。ちなみに享保20年に発行された『河内誌』の大県郡青谷村の項には、属邑の記載はありません。
 また、古代には竹原井頓宮(たかはらいとんぐう)という竜田道を行く天皇の休憩場所がここにおかれたという説が有力です。河内国分尼寺がおかれたという説があります。さらには、ここが「鳥取千軒」と呼ばれていることから鳥取郷の中心が置かれていたと推測されます。
 川端橋の説明書きによると、川畑との近辺(その対岸のジェイテクト周辺を含む?)は夏目茶屋という地名で呼ばれていました。現在でこそ橋が架かっていますが、昔はここで対岸へ舟渡しをしていたそうです。また、茶屋がありその付近にナツメの木が植わっていたのでここが「夏目茶屋」という地名になったと伝えられています。

 川畑は堅上唯一の平地で、現在は旧集落は残っておらず、農地・運動場が主な土地利用です。また、堅上地区では数少ない市街化区域に指定されており、小規模な住宅地も存在しております。堅上地区での新興住宅地はここだけです。


 川畑の町並み。閑静な住宅地で、人とはあまりすれ違いませんでした。地元の人たちは川畑を何と呼んでいるのか、ふと気になりました。
th_IMG_0008.jpg




th_IMG_0011.jpg




 昔からありそうなものと言えばこの祠くらいです。
th_IMG_0007.jpg




 川端橋。自転車で渡ってみると中々スリリングです。対岸は国分東条のジェイテクト工場近くとなっています。
th_IMG_0152.jpg


よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 柏原情報へ
にほんブログ村
posted by みさと at 22:43| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あの街この町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

上徳谷 〜〜風光明媚な棚田風景〜〜(柏原市)

 今回は大阪府柏原市の山中に上徳谷と呼ばれる道があります。
 河内堅上駅から青谷集落の中を進み、府道183号本堂高井田線に出ます。それ沿いに北上すると、左手に柏原市立堅上中学校が見えてきます。堅上中学校の校門の脇に道があるので道沿いに進むと上徳谷です。この谷は横尾集落まで続いています。

 この谷は主に農業に利用されており、雁多尾畑や横尾の方々が棚田やぶどう畑を作っておられるようです。
 大変風景がきれいな谷で、大阪市からたった20キロの距離とは思えませんでした。
 横尾から堅上駅方面に抜けるショートカットコースとしても使えます。車は通れませんが、自転車は十分通行できます。集団での通行はやめた方が良いとは思いますが……。
 町並みではありませんが、一つの狭い地域を紹介するということで、この記事はカテゴリ「あの街この町」に入れます。


 上徳谷の風景。柏原にもこれだけの規模の棚田があったんや、とびっくりしました。柏原市で最もきれいな風景の一つではないでしょうか……。結構長い谷ですが、歩いていて飽きません。
th_IMG_0023.jpg




th_IMG_0024.jpg


よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 柏原情報へ
にほんブログ村
posted by みさと at 20:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あの街この町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

神宮寺 〜〜堅下と同じ風景〜〜(八尾市)

 以前、サイクリングの記事で八尾市南高安地区の神宮寺について書きました。今日は神宮寺についてもう少し掘り下げてみたいと思います。

 ーー以前の記事に載せた文章ーー
 神宮寺という地域は八尾の南高安地区の中でも特異な歴史を持っています。南高安地区は旧高安郡の村が合併してできた南高安村がベースとなって出来ています。しかし、神宮寺地区ーー町村制施行以前は神宮寺村ーーのみ旧大県郡です。大県郡の他の村々は現柏原市の、堅下村と堅上村になりました。神宮寺村のみ外れたのは、神宮寺村が高安郡恩智村と交流が深かったからだそうです。
 また、柏原市史によると神宮寺村に当たる地域は律令時代には大里郷(一部津積郷含む?)に含まれていたようです。

 現在神宮寺は一〜五丁目と住居表示未実施大字地域からなっています。東西に長い地域で、東部は信貴・龍田の山地。山麓に集落地が広がっており、北に恩智集落、南に山ノ井(平野の枝郷)集落に近接しています。集落地の西は畑地が広がっています。畑地に囲まれるように八尾翠翔高校が存在。畑地の西北に、小規模な住宅地(曙川東と連続)があります。
 八尾市には珍しく畑地が多く、旧来の村の姿をよく守っていると言えるでしょう。八尾市の他の地域とは雰囲気が異なり、柏原市の平野や大県、太平寺などと似た町の雰囲気でした。八尾市で雰囲気の似ているところと言えば、やはりお隣の恩智でしょうか。


 神宮寺の町並み。柏原市大県や平野などの旧集落地と似た風景です。町並みが似ているのは昔大県郡であった名残でしょうか。
th_IMG_0063.jpg


よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 柏原情報へ
にほんブログ村
posted by みさと at 20:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あの街この町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする