2017年04月27日

日本村落の社会地理

 浜谷正人さんによる地理学の書籍です。大学でお世話になっている教授に貸していただいた本です。
 日本はしばしば狭い島国だ、などと言われますが、実際は世界の国々と比べても広い上に、地形も多様。景観的(集村、散村、疎塊村…)にも、制度・生活空間的(標準型、須恵村型、煙山村型…)にも日本の村落は極めて多様であります。
 私は中学時代より柏原市、三郷町、王寺町を中心に河内・大和地域の村落の形態についていろいろ考えていたものでした。関西は集村卓越地域でありますが、三郷町立野、平群町信貴畑、千早赤阪村小吹など山間地域は結構小村的な様式の村々もあることを面白く思っていた記憶があります。柏原市雁多尾畑の枝村の横尾・生津をいかに評価するかも面白いところ。
 この本を読んで、これまでの私は景観的な要素ばかりに注目して、制度・生活空間的な村落の結びつきについて探求することはほとんどなかったことに気が付きました。水利・農業・自治・祭祀などにおいて村々がどの単位で如何に結びついているのか。大学で学んでいる地理学を踏まえ、これまで見てきた村々についてもう一度考察してみたいと思います(それを卒業研究にしてもよいかも、と考えていたり…)。
 手に入るハードルは高いかもしれませんが、民俗学や地理学に興味のある人はぜひ読んでほしい一冊でした。

評価:A
posted by みさと at 11:19| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

都市・集まって住む形

 鳴海邦碩さんの本です。世界中のさまざまな都市をとりあげてそ形成の過程や集住における知恵を紹介しています。
風土が違えば住まいのあり方も全然違うのかと思いきや、意外と同様の形式の住まいがあることに驚きました(台湾の亭仔客と日本の雁木など…)。
 以前読んだ本にもありましたが、各戸を繋ぐ空間(アパートの共用スペースや、路地空間など)の重要性を強く思います。植木鉢などの表出があれば見た目にうるおいが生じるだけでなく、近所同士でのつながりも増え、人の目も増えるため防犯効果も上がります。そして、ブラジリアがよい逆例となっているように、ある程度雑然としているほうが人間的な、にぎわいのある空間となっているというのも確かだと思います。
近年では画一的、没地方性な、そして隣家とかかわりを持たない家がたくさん生まれていますが、古い家の、そしてそれが構成する町や村のあり方を見つめなおすことが必要なのではないでしょうか。

評価:B
posted by みさと at 10:36| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

やさしい教育心理学

 鎌原雅彦さん、竹綱誠一郎さんらによる教育心理学の教科書です。教職免許をとるわけではありませんが、子供相手のボランティアをしている中、興味がわいて読みました。入門書であり、かなり平易な内容。経験則的に知っていることも多くありましたが、自分や周囲の人の行動に照らし合わせながら読んでいると、なるほど、と思わされることが何度もありました。何かにすぐ応用できるというわけではありませんが、教育や心理について考えていくうえでの基礎となりそうです。

評価:B
posted by みさと at 15:32| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

地方創生大全

 木下斉さんの本です。主に「経営」の立場から様々な地域事業の問題点などを考察しています。

 採算の取れないビジネスに延々とつぎ込まれる補助金、結果より手続きが重視される行政政策づくり、耳障りの良い真新しいだけのアイデア、合意ありきの議論…現在なされている地域事業によくある問題点を暴いています。
 実際読んでいて確かにな〜と思う指摘も多いです。当然なようで意外と意識しない観点が含まれていて面白かったと思います。特に「視察にお金を取る」というのははじめ見た時は目を疑いましたが、かなり良い案です。人に自分の事業を解説するのってかなり手間も時間もかかることです。成功したところに集中して視察が押し寄せて無料の解説を要求してはその団体が疲弊することは避けられません。
 ただ気になったのは、地域の活性化をお金の面だけからのみ見ていること。行政がすべきことは、住民の効用を上げることです。それはお金で測ることができるとは限りません。採算面で見ると赤字の事業でも、それによって住民が大きな効用を得られていればそれはやる価値があると思います。金銭利益以外の効用をどうやって評価するというのは難しいところではありますが…(費用便益分析というのがありますがこれも難しいところ。。)
 地域活性事業に関わる人には中々考えさせられる一冊だと思います。

評価:B
posted by みさと at 18:11| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

住まいを読む――現代日本住居論

 鈴木成史さんの本です。現代日本の住宅の歴史を追うとともに、それぞれの住宅についての意義を考察しています。取り上げられているのは、農村住宅、漁村住宅、町家、下町の住まい、中廊下型住宅、都市LDK型住宅、地方続き間型住宅、建築家の設計した住宅、集合住宅、コーポラティブ住宅などです。
 戦前から現代(といっても20世紀終わりまでですが)にいたるまでの住宅史が概観できるのもよかったですが、特に心に残ったのが、下町や漁村の住まいにおける家と路地との関係です。このような密集して暮らす地域では、路地が各戸により宅の延長として、日常生活(炊事、洗濯、etc…)の場所として使われているのです。これは住宅の狭さを補うと同時に同じ路地を使う人々の生活空間が重なり合って、町内での連帯心や防犯効果も生み出しているのです。路地で植木鉢をおいて自分の家の特徴を表す「表出」行為や開放的な家屋構造などもこれを支えているのです。
 また現代によくある閉鎖的、固定的な間取り構造についても批判をされています。鈴木氏の言うとおり、家族というものは不変的なものではなく、家族形態の変化に合わせて住宅の使い方も変えていくべだと思います。現代ではけ結婚するまでは実家、結婚したら夫婦でマンション、子供が育ってきたら一戸建ての新住宅、という風に、家族形態の変化を「引っ越し」という形で対応する傾向がありますが、これは人口に対する住宅の過剰供給を招いて将来の空き家問題につながります。また文化の継承という面を考えても、核家族ではなく、どちらかの親元の家に同居して、その昔からの家を住みこなし、住み変えていくべきだと思います。(もちろん、地域や建てられた時代によって住宅の特徴や広さは千差万別でありますから、一概にそうしろ、ということはできませんが…)
 個人的には中廊下型住宅が良い住宅だな、と思いました。部屋がふすまなどでつながっていて間取りの柔軟性が確保できている一方で個室というものができ、さらに各部屋への動線が分離することで一定のプライバシー性も生まれている。そして各部屋が完全に遮断されず音などがある程度通るからこそいざというとき駆けつけやすく、介護や育児などもしやすいのです。

 私は地域づくりを将来の仕事としたいと考えていますが、これまで考えてきたのは都市や村全体のことばかりだったような気がします。この本を読んで、改めてそれらは、個人の生活・個人の住まいの集合体だということに気付かされた思いです。当然のことで理解していたはずなのですが、まちのことを考えようとするときどうしても巨視的な方に思考が行ってしまっていた気がします。自分のものごとを考えるアプローチを増やしてくれた一冊でした。
 同時に、住宅や間取り、生活空間に俄然興味が……。建築関係の本ももっと読んでみたいと思いました。

評価:AA
posted by みさと at 12:03| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

山怪 山人が語る不思議な話

 田中康弘さんの本です。山における不思議な話、怖い話をたくさん蒐集しています。何となく遠野物語を髣髴とさせるのですが、筆者の本職がらマタギにまつわるお話がかなりの割合で、内容も狐関係の話がやけに多い印象を受けました。あとがきで書かれていた蒐集方法を読むと、ああなるほど。作者はインタビューをするとき、呼び水としてここまでに蒐集した話を語ってみせているらしいです。
 内容に偏りがあるとはいったものの、やっぱり個々の内容は面白いです。そう遠くない昔の、名前の見える人の話だと思うと、かなりドキドキします。自分もどこかで不思議な体験に遭ってみたい気もしてきます(怖いから遭いたくないという思いもありますが…笑)。
なんだかんだ不思議な民話や怪談が好きな人にとっては十二分に楽しめる一冊だと思います。

評価:B
posted by みさと at 18:18| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

コミュニティデザインーー人がつながるしくみをつくる

 山崎亮さんの本です。コミュニティを形成することで、長く人気の続く公園を作ったり、地域を活性化させてきた筆者の取り組みがつづられてきています。
 人がいなくなってコミュニティが消えるのではなく、コミュニティがなくなることで人がいなくなる。そのようなことが書かれており、考えてみれば当然のことではありますが、なるほど、と思いました。
 地域を守るためにコミュニティが必要だ、ということは地域活性化を考える人ならば誰もが思うことでしょうが、なかなかコミュニティを作る、ということは積極的に行われていないように思います。観光客誘致、地域でのお祭りや交流会などがあっても、その実践は極めて安直なことが多く、それで地域を活気づけるほどのコミュニティを形成できるかというとかなり疑問です。
 主体的な事業/地域の担い手を育てること。それが筆者の取り組みの根幹です。単発的なイベントや箱モノの建設などは、一時的に地域は賑やかになり、潤うかもしれませんが、その先に続くことは稀であります。そのイベントや箱モノを通して人々がつながり、コミュニティを形成していくことが必要なのです。そして、そのコミュニティが主体的に続くイベントや箱モノなどを運営し、地域を未来へ繋げようと動いてゆく。あくまで行政や事業者が行うべきものは、きっかけづくりなのです。

 私は高校時代から地域の活性化に取り組みたいといろいろ考えてきましたが、その内容は都市計画、教育制度、文化財保全などハード面のことが多くを占めてきました。この本を読んで新たな視点を得ることができたと思います。
地域の活性化を考える人にはぜひ読んでほしい一冊であります。

評価:AA
posted by みさと at 18:02| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

女子と愛国

佐波優子さんのドキュメンタリーです。自虐史観的な教育に反し、「愛国」に目覚めた女性たちを描いています。
 図書館でなんとなく手に取った一冊。いわゆる「ネット右翼」の行う思考をそのまま表したような本でした。あまりにもステレオタイプにすぎ、逆側の立場を持つ人が皮肉的に描いたといっても不思議には思わないほどです。
 論理的に戦後教育などを批判するわけではなく、それらが批判されるべきものという前提で、女性たちが「愛国」に目覚める様子が描かれており、その時点で、同じような思想を持つ人に読者層を絞っていることがわかります。その目覚める理屈も同じ立場からきわめて主観的に眺めているため、いまいちよく理解できませんでした。
 外を説得させるのではなく、内輪で共感を持ちながら読むような本なのだろうなー、と思いながら読了しました。

 このような思想を見ていると、「国」というものが何なのかよく考えないまま「愛国」を叫んでいる人が多いような気がします。また機会があれば国家や「愛国」についての私見を改めて載せるかもしれません。

評価:D
posted by みさと at 17:36| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

改訂新版 文化人類学

 内堀基光さん、奥野克己さんらによる教科書です。私は将来日本の過疎集落や衰退都市の地域活性化を行いたいと思っているのですが、そこに文化の保全というものが深くかかわってくることに気づき、文化人類学についても少し学んでみようと思ってこの本を読みました。
 ある程度文化の消失を覚悟して新規開発を行うにしても、今ある集落・都市の文化を活かして町おこしをするにしても、その文化を持っている人たちがどうしたいかを考えねばなりません。「文化」というものそれ自体移り変わっていくものなので、それを保全するとはいかなることかということも大きな問題です。文化相対主義は一見わかりやすい思想ですが、そのありかたについてもかなり奥が深いと思います。(また機会があればこのあたりの自分の考えをまとめて改めてブログに載せるかもしれません。)
 文化人類学をかなり広い観点から概論した一冊です。教科書というものはどうも読みにくいもので読了に時間はかかりましたが、学ぶことも多く、時間をかけて読んだ価値はありました。

評価:B
posted by みさと at 17:55| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

遠野物語

 柳田國男さんの作品です。言わずと知れた遠野物語。民俗学のバイブル的存在です。小話が無数に連ねられている形式で、7月以来隙間時間に少しずつ読んでいって、先週やっと読了しました。
 淡々と遠野の伝承や文化、民俗を綴っているだけなのに、遥か遠い遠野が不思議と近しい存在に感じてきます。全くの異国のはずなのにどこか郷愁めいたものを感じるのです。
 大学生中に遠野へ旅行してみたいなぁ、とふと思ったり。大学で専門にするわけではありませんが、地元含め、いろんな土地の民俗を調べるのもやってみたいですね。

評価:B
posted by みさと at 17:01| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする