2012年04月01日

平成23年度読了本一覧 後半

 平成23年10月〜平成24年3月に読んだ本をリストにしました。再読のものは書名の後ろに(再)マークをつけています。
 昨年度はサイクリングを多くしていた為読書時間が削られ、あまり多くの本を読むことが出来ませんでした。こちらの方が健康的と言えばそうですが、この平成24年度は更に多くの本を読みたいと思います。

十月   9冊
書名                 著者名
鴉                  麻耶雄嵩
人形館の殺人             綾辻行人
緋色の囁き              綾辻行人
英国庭園の謎(再)          有栖川有栖
妃は船を沈める            有栖川有栖
蛍                  麻耶雄嵩
超・殺人事件 推理作家の苦悩(再)  東野圭吾
人質カノン              宮部みゆき
誰か Somebody           宮部みゆき


 作者のばらつきがいつになく良い加減です。





十一月   十三冊
書名                 著者名
学ばない探偵たちの学園        東川篤哉
ジョーカー・ゲーム          柳広司
作家小説(再)            有栖川有栖
赤い月、廃駅の上に(再)       有栖川有栖
絶叫城殺人事件(再)         有栖川有栖
邪馬台国はどこですか?(再)     鯨統一郎
密閉教室(再)            法月綸太郎
ダブル・ジョーカー          柳広司
暗闇の囁き              綾辻行人
放課後はミステリーとともに      東川篤哉
孤島パズル(再)           有栖川有栖
螺旋階段のアリス           加納朋子
乱鴉の島               有栖川有栖


 再読書も含め、読書量が増えました。




十二月   9冊
書名                 著者名
女王国の城              有栖川有栖
ファンタジスタはどこにいる?     鯨統一郎
ヤクザ者の屁理屈           森田健介
悪霊の棲む部屋            塔山郁
真夏の方程式             東野圭吾
世界の日本人ジョーク集        早坂隆
時計館の殺人             綾辻行人
テツはこう乗る 鉄ちゃん気分の鉄道旅 野田隆
館島                 東川篤哉


 著者名が一人として被っていないのは恐らく初めてです。




一月   9冊
書名                 著者名
有栖川有栖の鉄道ミステリー旅     有栖川有栖
チヨ子                宮部みゆき
蛇行する川のほとり          恩田陸
眼球綺譚               綾辻行人
新・日本の七不思議          鯨統一郎
生首に聞いてみろ           法月綸太郎
たたり                シャーリイ・ジャクスン
心とろかすような マサの事件簿    宮部みゆき
黒猫館の殺人             綾辻行人


 久々に海外小説を読みました。




二月   9冊
書名                 著者名
魔術はささやく            宮部みゆき
殺人方程式 切断された死体の問題   綾辻行人
銀河鉄道の夜             宮沢賢治
虹の家のアリス            加納朋子
龍は眠る               宮部みゆき
柏原市史第二巻 本編(T)       柏原市史編纂委員会
鹿男あをによし            万城目学
まほろしの殺人 冬 蜃気楼に手を振る  有栖川有栖
B級グルメが地方を救う         田村秀


 郷土史に興味を持ち、色々と歴史関連書籍を読みあさりましたが、完読したのは一冊だけでした。




三月   10冊
書名                  著者名
東京下町殺人暮色            宮部みゆき
かまいたち               宮部みゆき
堪忍箱                 宮部みゆき
ローマは一日にして成らず(上)     塩野七生
ローマは一日にして成らず(下)     塩野七生
メルカトルかく語りき          麻耶雄嵩
幽霊刑事(再)             有栖川有栖
ロードムービー             辻村深月
今夜は眠れない             宮部みゆき
幻想運河                有栖川有栖


 女性作家の作品を多く読みました。




 10月〜3月で計59冊読みました。平成23年度の合計は117冊です。うち小説は109冊です。
posted by みさと at 22:19| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

平成23年度読了本一覧 前半

 今年度も残り半分です。今日は4月〜9月に読んだ本を一覧表にして紹介します。再読のものは書名の後ろに(再)のマークをつけています。





四月   9冊

書名                 著者名
図書室の海              恩田陸
交換殺人には向かない夜(再)     東川篤哉
迷路館の殺人             綾辻行人
白銀ジャック             東野圭吾
白い兎が逃げる            有栖川有栖
ユージニア(再)           恩田陸
眠りの森               東野圭吾
鳩笛草ー燔祭・朽ちてゆくまで     宮部みゆき
冷たい校舎の時は止まる(上)     辻村深月


 『鳩笛草』を除いて全て推理小説です。




五月   8冊
書名                 著者名
冷たい校舎の時は止まる(下)     辻村深月
黄昏の百合の花            恩田陸
密室に向かって撃て!(再)      東川篤哉
レベル7               宮部みゆき
六番目の小夜子            恩田陸
三月は深き紅の淵を          恩田陸
阪急電車               有川浩
麦の海に沈む果実           恩田陸


 この月は恩田陸さんの本を沢山読みました。今気づきましたが東川さんを除いてこの月に読んだ人は全員女流作家ですね。




六月   8冊
書名                 著者名
頼子のために             法月綸太郎
46番目の密室             有栖川有栖
黒と茶の幻想(上)          恩田陸
黒と茶の幻想(下)          恩田陸
パラレルワールドラブストーリー    東野圭吾
ここに死体を捨てないでください    東川篤哉
夜のピクニック            恩田陸
図書室の海(再)           恩田陸


 また恩田さん続きです。




七月   14冊
書名                 著者名
十角館の殺人             綾辻行人
名探偵木更津悠也(再)        麻耶雄嵩
藪の中                芥川龍之介
マジックミラー(再)         有栖川有栖
メルカトルと美袋のための殺人(再)  麻耶雄嵩
ロシア紅茶の謎(再)         有栖川有栖
義経                 司馬遼太郎
スウェーデン館の謎          有栖川有栖
象と耳鳴り              恩田陸
怪しい人々              東野圭吾
天使の耳               東野圭吾
翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件(再) 麻耶雄嵩
十字屋敷のピエロ           東野圭吾
ブラジル蝶の謎(再)         有栖川有栖


 これまでの月の二倍近くの量を読みました。




八月   11冊
書名                 著者名
夏と冬の奏鳴曲(再)         麻耶雄嵩
痾                  麻耶雄嵩
ダリの繭               有栖川有栖
あいにくの雨で            麻耶雄嵩
海のある奈良に死す(再)       有栖川有栖
夜明けのコーヒーを君と一緒に     森村誠一
双頭の悪魔(再)           有栖川有栖
月光ゲーム Yの悲劇'88(再)     有栖川有栖
木製の王子              麻耶雄嵩
ふたたび赤い悪夢           法月綸太郎
義経はここにいる           伊沢元彦


 有栖川さんと麻耶さんの本を沢山読みました。




九月   8冊
書名                 著者名
ラッシュライフ            伊坂幸太郎
さよならドビュッシー         中山七里
江戸川乱歩傑作選           江戸川乱歩
法月綸太郎の冒険           法月綸太郎
環境問題のウソ(再)         池田清彦
ついていったらこうなった       多田文明
水車館の殺人             綾辻行人
狐笛のかなた             上橋菜穂子

 普段よく読む作家の本をあまり読みませんでした。




 4月1日〜9月30日で計58冊読みました。
posted by みさと at 21:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

平成20年度〜平成22年度 読了本ベスト5

 今日は2008年度、2009年度、2010年度に読んだ本の中で面白かったものをランキング形式で紹介します。



2008年度 この年度は少年探偵シリーズにはまっていました。
一位:『英雄ここにあり』 柴田錬三郎さん作。大変気に入り、何度も読み返しました。
二位:『項羽と劉邦』 司馬遼太郎さん作。『英雄ここにあり』と同じく何度も読み返しました。
三位:『呪いの指紋』 江戸川乱歩さん作。このようなタイプの小説は初めて読みました。
四位:『大金塊』 江戸川乱歩さん作。冒険小説のようなノリが気に入りました。
五位;『夜光人間』 江戸川乱歩さん作。これは初めて親に買ってもらった推理小説です。





2009年度 この年度から有栖川さん、東野さんの本をよく読むようになりました。
一位:『幽霊刑事』 有栖川有栖さん作。続きが気になり、夜も眠れないほどでした。
二位:『暗黒星』 江戸川乱歩さん作。犯人の意外さに舌を巻きました。
三位:『名探偵の掟』 東野圭吾さん作。この作品は本当に笑えます。何度読み返しても飽きません。
四位:『探偵ガリレオ』 東野圭吾さん作。どの作品も犯行方法が意外です。
五位:『赤い月、廃駅の上に』 有栖川有栖さん作。初めて読んだ有栖川さんの作品です。




2010年度 東野圭吾さんを中心に様々な作家さんの本を読みました。
一位:『白夜行』 東野圭吾さん作。2010年度のベストワンはやはりこの作品ですね。非常に出来のよい作品で、東野さんの腕が存分に発揮されていると思います。
二位:『容疑者Xの献身』 東野圭吾さん作。見たドラマのベストはこれです。小説は白夜行に一歩劣りますが。
三位:『流星の絆』 東野圭吾さん作。悪とは何かを考えさせる作品です。
四位:『親指さがし』 山田悠介さん作。これまでに読んだホラーの中で一番怖かったです。ラストの恐ろしさはなんともいえません…。
五位:『地下街の雨』 宮部みゆきさん作。短編『混線』がよかったです。『親指さがし』以来の戦慄を覚えました。
posted by みさと at 23:07| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

平成22年度読了本一覧 後半

 今日は10月1日から3月29日現在までに読んだ本を載せます。





十月  11冊

書名                   著者名
「Y」の悲劇                有栖川 有栖、 二階堂 黎人、篠田 真由美、
                     法月 綸太郎
火車                   宮部みゆき
巷説百物語                京極夏彦
国マニア                 吉田一郎
鉄道新車レビュー             川島令三
人質カノン                宮部みゆき
密閉教室                 法月綸太郎
地球はふるえる              根本順吉
廃線4000キロ               新人往来社
密閉教室(ノーカット版)         法月綸太郎
世紀末の気象               根本順吉


 この月は東野さんの本を一冊も読んでいません。




十一月  9冊

書名                   著者名
我らが隣人の犯罪             宮部みゆき
ステップファザー・ステップ        宮部みゆき
パーフェクト・ブルー           宮部みゆき
長い長い殺人               宮部みゆき
「ABC」殺人事件             有栖川有栖、恩田陸、加納朋子、
                     貫井徳郎、法月綸太郎
赤い月、廃駅の上に(再)         有栖川有栖
名探偵の呪縛               東野圭吾
感染                   仙川環
あの頃ぼくらはアホでした(再)      東野圭吾


 この月は宮部みゆきさんの本を多く読みました。




十二月  10冊

書名                   著者名
臓器農場                 帚木蓬生
安楽病棟                 帚木蓬生
プラチナデータ              東野圭吾
親指さがし                山田悠介
まほろ市の殺人 冬 蜃気楼に手を振る    有栖川有栖
英雄ここにあり(上)(再)      柴田錬三郎
英雄ここにあり(中)(再)      柴田錬三郎
英雄ここにあり(下)(再)      柴田錬三郎
英雄生きるべきか死すべきか(上)(再)  柴田錬三郎
白夜行                  東野圭吾


 小学校の頃、何度も読んだ柴錬三国志を久しぶりに読みました。




一月  14冊

書名                   著者名
雪密室                  法月綸太郎
パラドックス学園             鯨統一郎
ミステリアス学園             鯨統一郎
誰彼                   法月綸太郎
京都・陰陽師の殺人            鯨統一郎
交換殺人には向かない夜          東川篤哉
密室の鍵貸します             東川篤哉
ホームアウェイ              森村誠一
二人のシンデレラ             鯨統一郎
今宵バーで謎解きを(再)         鯨統一郎
白夜行(再)               東野圭吾
終着駅                  森村誠一
時生                   東野圭吾
もう誘拐なんてしない           東川篤哉


 この頃はユーモアミステリーを読みふけっていました。




二月  8冊

書名                   著者名 
謎解きはディナーの後で          東川篤哉
そして誰もいなくなった          アガサ・クリスティー
「超」怖い話 怪災            久田樹生
みなとみらいで捕まえて          鯨統一郎
英雄生きるべきか死すべきか(中)(再)  柴田錬三郎
黒猫 モルグ街の殺人 他五編       エドガー・アラン・ポオ
リサ・ランドール 異次元は存在する    若田光一、リサ・ランドール
英雄生きるべきか死すべきか(下)(再)  柴田錬三郎


 海外ものを久しぶりに読みました。




三月  12冊

書名                   著者名
夏と冬の奏鳴曲              麻耶雄嵩
トライアングル              新津きよみ
淋しい狩人                宮部みゆき
まほろ市の殺人 秋 闇雲A子と憂鬱刑事   麻耶雄嵩
さいえんす?               東野圭吾
とり残されて               宮部みゆき
あの頃の誰か               東野圭吾
地下街の雨                宮部みゆき
世界奇食大全(再)            杉岡幸徳
理由                   宮部みゆき
返事はいらない              宮部みゆき
密室の鍵貸します (再)         東川篤哉



 三月は『世界奇食大全』を除いて小説ばかり読みました。三月はまだ二日残っています。その二日に何かを読み終えたら、この記事に追加しておきます。




 記録し忘れなどもあると思いますが、10月1日〜3月29日までで計62冊の本を読みました。
4月8日からの合計は123冊です。うち小説は97冊です。三月の残り二日で小説を3冊読み、小説だけで100冊に届くようにしたいです。



 
3月31日 追記
 結局4月8日〜3月31日までで、読んだ本は125冊でした。うち99冊が小説です。
posted by みさと at 14:54| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

平成22年度読了本一覧 前半

 今日から前半と後半の二回に分けて、2010年度に読んだ本を一覧表にして紹介します。今日紹介するのは4月〜9月に読んだ本です。
記録をつけているのは4月8日〜現在までです。再読のものは書名の後ろに(再)のマークをつけています。





四月  10冊

書名                   著者名
エジプト十字架の秘密           エラリイ・クイーン
暴走する「地球温暖化」論         武田邦彦、池田清彦、渡辺正、
                     薬師院仁志、山形浩生、伊藤公紀、
                     岩瀬正則
スイス時計の謎              有栖川有栖
大密室                  有栖川有栖、恩田陸、 北森 鴻 、
                      倉知 淳 、西澤 保彦
今そこに迫る「地球寒冷化」人類の危機   丸山茂徳
むかし僕が死んだ家            東野圭吾
偽善エコロジー              武田邦彦
プリオン説は本当か            福岡伸一
毒笑小説                 東野圭吾
化学物質はなぜ嫌われるのか        佐藤健太郎


 四月は何故か理科系の本を沢山読んでいました。




五月  13冊

書名                   著者名
ガリレオの苦悩              東野圭吾
卒業                   東野圭吾
放課後                  東野圭吾
孤島パズル                有栖川有栖
双頭の悪魔                有栖川有栖
宿命                   東野圭吾
私が彼を殺した              東野圭吾
遺品整理屋は見た!(再)         吉田太一
変な生き物(再)             早川いくを
天空の蜂                 東野圭吾
夜明けの街で               東野圭吾
殺人の門                 東野圭吾
怪笑小説                 東野圭吾


 この頃は東野圭吾さんの本ばっかり読んでいたのですね。




六月  9冊

書名                   著者名
鉄道廃線跡を歩く             宮脇俊三
悪意                   東野圭吾
一億人青春18きっぷの旅         小林克己
浦島太郎の真相(再)           鯨統一郎
赤い指                  東野圭吾
容疑者Xの献身               東野圭吾        
鉄道廃線跡を歩く2            宮脇俊三
今宵バーで謎解きを            鯨統一郎


 鉄道の本の割合が増えました。




七月  9冊

書名                   著者名
容疑者Xの献身(再)            東野圭吾
ブルータスの心臓             東野圭吾
どちらかが彼女を殺した          東野圭吾
学校の階段                常光徹
秘密                   東野圭吾
国鉄の車輌 京阪神各線          松本典久
死体を科学する              上野正彦
手紙                   東野圭吾
カッコウの卵は誰のもの          東野圭吾


 また東野さんばかりですね。




八月  10冊

書名                   著者名
鳥人計画                 東野圭吾
おれは非情勤               東野圭吾
さまよう刃                東野圭吾
片思い                  東野圭吾
金太のサラ金勤務日誌           金太
奇譚草紙                 夢枕獏
流星の絆                 東野圭吾
世界奇食大全               杉岡幸徳
裁判官を信じるな!            杉本哲之
今夜は眠れない              宮部みゆき


 この頃は社会のことに興味を示していました。漫画なので表には載せていませんが『マンガ「人権」弁護士』というのも読みました。




九月  10冊
書名                   著者名
名探偵の掟(再)             東野圭吾
転生                   仙川環
君が地球を守る必要はありません      武田邦彦
レイクサイド               東野圭吾
分身                   東野圭吾
11文字の殺人               東野圭吾
ウインクで乾杯              東野圭吾
夢にも思わない              宮部みゆき
リサイクルは資源のムダ使い        小若順一
新参者                  東野圭吾


 東野さんの本にはまっていたのはこの月までです。次の月からは東野さんの本の割合がうんと減ります。




 記録し忘れなどもあると思いますが、4月8日〜9月31日までで計61冊の本を読みました。
posted by みさと at 15:22| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする