2015年06月15日

怪しい店

 有栖川有栖さんの短編集です。収録作品は『古物の魔』『燈火堂の奇禍』『ショーウィンドウを砕く』『潮騒理髪店』『怪しい店』

あらすじ
 「いらっしゃいませ」の言葉とともに得体の知れぬ見知らぬ人を招き入れる店というのは、日常にあるのに異常な空間である。場合によっては悪意まで同時に招き入れる店。ときには悪意までもが招かれて平気で上がりこむ。
 そんな不思議な空間を舞台に、臨床犯罪学者・火村英生と推理作家の有栖川有栖は五つの事件に挑む。

 久々に有栖川有栖さんの小説を読みました。そもそもミステリを読むこと自体かなり久しぶりかもしれません。有栖川さんの作品の魅力は、「紳士的」であることかもしれません。軽妙な要素もありますし、会話も関西弁ですし、むしろ割と読みやすいテンポの良さを持った文体でありながら、どこか気品があります。
 特に『燈火堂の奇禍』『潮騒理髪店』の二作品は、そのようなジェントル・ミステリの最たるものだと思います。前者では、リアリティのある、しかし薄赤いセピアのフィルムを通したようなそれぞれの人間像を脳裏に映写します。本当に短い作品でそこまで踏み入った人間描写はないのに、不思議と冬美ちゃんも半井爺さんにも愛着がわきます。最後の終わり方も、有栖川さんが微笑みを以ってそっと描いているような描き方で好きです。
 『潮騒理髪店』でもセピア色の風景が広がっています。なかなか散髪のシーンを描いた小説というものは目にしませんが、これは切られている様子を読むだけで、気持ちよく感じます。谷崎潤一郎さんの『陰翳礼讃』を読んだときの心地よさにも似ています。こんな店で自分も散髪してもらいたいな〜と。火村と有栖川のやりとりが魅力的なことはもちろんですが、会話の一つ一つ、例えば「奥でおやつをいただいておりました」や「桐杉さんですか」なども温かみを感じて好きです。
 『ショーウィンドウを砕く』は一転現代らしい作品。物欲の強い彼女と、それを愛しく思う彼氏。フォーマットに沿ったような心理ではなく、より生きた人間らしい心理描写です。そういう嗜好はない自分も共感してしまいます。
 もちろん、他の作品も魅力的です。本当に短編集のタイトルがよく内容を表していますが、『怪しい店』です。不気味なのだけれど、どこか心惹かれる。妖怪世界にギリギリ足を踏み入れないくらいの現実世界の隅っこにいるような感覚を受けます。

 ジェントル・ミステリ。久々でしたが、つくづく有栖川さんの文章の魅力を感じました。小学校のころから6年くらいのファンですが、本当に人生を通して読んでいきたい作家さんです。

評価: AA
posted by みさと at 19:12| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(有栖川有栖) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

幻坂

 有栖川有栖さんの短編集です。収録作品は『清水坂』『愛染坂』『源聖寺坂』『口縄坂』『真言坂』『天神坂』『逢坂』『枯野』『夕陽庵』です。

あらすじ
『清水坂』 わたしは友人の岳郎、税、そして岳郎の妹の比奈子とともに大阪市・清水寺の周辺でよくやんちゃをしていた。しかし、ある日、岳郎と比奈子は家庭の事情で母親とともに貝塚へ引っ越すこととなったが……。
『愛染坂』 六月の終わりーー縁結びの神様の愛染さんのお祭りの季節である。小説家の青柳慧は愛染坂で自分のファンだと言う妙齢の女性に出逢う。見知らぬ人からファンだと言われたのは初めてであった。後に、彼女と思わぬ形で再会するが……。
『源聖寺坂』 デザイン専門学校の先生・鵜戸美彌子の家で行われる観月パーティーで、源聖寺坂と少年が描かれた絵を見た。あの坂は、少し怖いが風情のある、印象深い坂であった。また、友人たちから鵜戸邸に幽霊が出るという話を聞くが……。
『口縄坂』 美季は文学好きの友人の里緒に連れられ、口縄坂を訪れた。この坂は織田作之助ゆかりの地であり、また猫が多くいる坂であった。彼女は何度かこの地を訪れた。真っ白で美しい雄猫もいるという話も聞いた。ある晩、彼女は金縛りになり、嫌な体験をした……。
『真言坂』翻訳家のわたし・絹江は「I’ll leave if you prefer.」という文を訳しながら、あなたのことを思いだした。恋人ではないが何かと頼りにしていたあなた。しかし、あなたは私をストーカーしていた男に……。
『天神坂』 天神坂のすぐ側にある小さな割烹に探偵・濱地健三郎は若い女を導いた。料理を食べながら、二人は語らったが、二人とも普通の人ではなく……。
『逢坂』 大学を中退し、劇団に参加したおれは「俊徳丸」の劇のことで座長と喧嘩をした。その後真美に誘われ食事に向かう。食事も終わった帰りにおれは通天閣にあるものを見るが……。
『枯野』 門弟二人の諍いを仲介するために松尾芭蕉は大坂を訪れることになったその道中、彼は陣笠を目深に被った男を見かけるが……。
『夕陽庵』 男は主人の代参で熊野詣の道中、四天王寺辺りで彼は藤原家隆を偲び、彼の暮らした庵を訪れるが……。




 有栖川有栖さんのホラー短編集第二弾!ということで、かなり期待をして読みました。
 『清水坂』『愛染坂』はノスタルジックな感じでかなり切ないお話でした。期待通りの作品です。切なくて、『愛染坂』の方はかつ温かい。個人的には『愛染坂』の方が好きです。
 『源聖寺坂』は、探偵小説テイストの作品です。さすが本業で、上手いなと思いました。もう少しホラー色が強くなればもっと嬉しかったですが、かなり熱中して読みました。
 『口縄坂』が最もホラーチックの話でしょうか。途中まで怖いとは思わなかったけど、胸にもやもやとした霧が溜まるような気味悪さがあります。ラストは本当にゾクッとするほど恐ろしかったです。
 『真言坂』は初めの二作と同じような切ない系のお話。辛い中にやはり温かい終わり方です。特にひねったところがある訳でもありませんが、手堅くまとめられていて本当に完成度は高いと思います。
 『天神坂』がこの短編集の中で一番の作品だと思います。これも特別ひねっている訳ではありませんが、ジェントルゴーストストーリーという帯通りの、穏やかで美しい幽霊譚の傑作です。
 『逢坂』はあまり印象の残っていない作品です。東野圭吾さんの作品で何作か芝居ものを読んだ前後なので記憶が混ざりぎみです。
 『枯野』『夕陽庵』二作は時代物で、前者はかなりのホラーテイスト作品で、絶賛されたというだけあって中々味のある作品でした。この作品を作るとき、相当熟考されたのではないかと思います。後者は、原案とした人物を殆ど知らないのですがやはり温かみが伝わってきます。
 前作『赤い月、廃駅の上に』のようにバリバリに怖いと言う話はあまりありませんでしたが、本当に温かく切ない作品集です。総じて完成度が高く、どれも味わい深かったです。有栖川さんはミステリも良いですが、このようなゴーストストーリーも素敵だと思います。
 装丁やタイトルも素敵で、有栖川さんを知らなくても手に取って買ってしまいそうです。
 また有栖川さんの大阪愛があふれているのが感じられました。私は同じ大阪府民ですが殆ど大阪市の美しい風景を全然知りませんでした。そう遠くありませんので、また近いうちに訪ねてみたいと思います。

評価:A
posted by みさと at 22:48| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(有栖川有栖) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

闇の喇叭

 有栖川有栖さんの長編小説です。

あらすじ
 第二次世界大戦後、大日本帝国は米露によって分割され、日本国と北海道ーー日ノ本共和国ーーが建国された。
 この平世時代、日本国内では北海道のスパイが暗躍し、また探偵が禁止されていた。高校生・空閑純はかつて名探偵であった両親のもとより生まれ育った。母は行方不明、現在は父と二人暮らしの純だったが、彼女らが住む田舎町・奥多岐野で起こる殺人事件をきっかけに純は……。




 日本が今の朝鮮半島のようになっている世界の話ですね。このようなSFは大いに興味を魅かれます。
 壮大な物語の序章と言った感じの作品でした。これだけでは少し物足りない気分になりますが、やはり続編が出ているそうです。続きをまた図書館で借りたいと思います。次回作以降にまた期待です!
 何となく好きだった人物が犯人でショックでした……。何となく、想像はしていましたが。

評価:B
posted by みさと at 16:01| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(有栖川有栖) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

マレー鉄道の謎

 有栖川有栖さんの長編推理小説です。

あらすじ
 作家の私・有栖川有栖は友人の臨床犯罪学者・火村英生とともマレー半島のキャメロン・ハイランドにやってきた。友人の衛大龍の歓迎を受け、マレー滞在を楽しんでいる私達だったが、「目張り密室」となった部屋での殺人事件に遭遇する。この事件と、その少し前に起こったマレー鉄道事故。一見関係ないように見える二つの出来事だが、思いもよらない因果関係があった……。




 鉄道ミステリかと思ったら普通の密室ミステリでした。やはり目を見張るものがあった目張り密室のトリック(シャレじゃありませんよ?)。さりげない描写に隠された伏線……有栖川さんらしい仕掛けがたっぷりと盛り込まれた良い作品だと思います。
 しかし、この作品の魅力は真相が分かってからの登場人物達の心情描写ですね。アリスと火村は相変わらずさばさばと非人間的ですが、今回きりの人物達のそれに心打たれます。

評価:B
posted by みさと at 22:08| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(有栖川有栖) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

本格ミステリの王国

 有栖川有栖さんのエッセイです。筆者のミステリに対する思い、新人賞の評価の他、筆者が作家以前に書かれた小説が収録されています。

 新人賞に関しては、実際に読んでいないので正直なところあまり面白くありませんでしたが、その他の本格ミステリに対する様々な考察には唸らされましたし、小説も読んでいて面白かったです。収録されていた小説は『殺刃の家』、そして江神シリーズへと続く『蒼ざめた星』。アリスの黎明を感じ取ることができて、何とも言えませんでした。
 何と言っても有栖川さんのミステリ愛が深く感じられる一冊でした。

評価:B
posted by みさと at 19:13| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(有栖川有栖) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

長い廊下のある家

 有栖川有栖さんの短編集です。収録作品は『長い廊下がある家』『雪と金婚式』『天空の眼』『ロジカル・デスゲーム』です。

あらすじ
『長い廊下がある家』 大学で限界集落について研究している青年・日比野浩光。彼は京都府内でのフィールドワーク中に廃村に迷い込んでしまう。だが、そこに人がいた。心霊ライターの九谷安寿達が幽霊が出るという廃屋で取材をしているらしい。家に帰る時間もない彼は安寿達とともに一夜を地下に長い廊下がある廃屋で過ごすことになるが……。
『雪と金婚式』 安曇と雄二は娘一家を迎えて今日金婚式を挙げた。彼らのめでたい日には必ず雪が降る。今日この日も雪が降っていた。翌日の朝、妹婿である重森を気遣った安曇は彼にコーヒーを淹れてあげようと思い、離れにいる彼を呼びに行ったが……。
『天空の眼』 作家をしている私・有栖川有栖。書店にいるところを、英語教師である隣人の真野早織に呼び止められた。喫茶店で話を伺うことになった。何事かと言えば、彼女のもと教え子が旅先で心霊写真を撮ってしまったそうだ。彼女は教え子にどのようなアドバイスをしたら良いのか私に問うた……。同じ頃、兵庫県で一人の男が死体となって発見された。そのことが心霊写真の一件と関わってくるのだが……。
『ロジカル・デスゲーム』 臨床犯罪学者・火村英生の元に千舟傑と名乗る人物からの速達が届いた。彼は刑事事件の新事実を知っているという。火村は千舟の元に行ったが、そこで待っていたのは事件の真相ではなく、己の生命を懸けたゲームであった……。




『長い廊下がある家』 定番のタイプのミステリで、それなりに楽しめました。普通のミステリとは言え、有栖川さんらしさが光った作品だと思います。
『雪と金婚式』 さりげない伏線に感嘆の声をあげました。それにしても、金婚式の日にとんだ災難にあった彼らが可哀想です。
『天空の眼』 アリスだけの活躍。珍しい形式でした。つながりそうにない二つの話を見事にリンクさせています。
『ロジカル・デスゲーム』 今度はほとんどが火村の話。これも中々面白いテーマでした。緊張感が何とも言えない……。

評価:B
posted by みさと at 17:19| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(有栖川有栖) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

幻想運河

 有栖川有栖さんの長編推理小説です。

あらすじ
 シナリオライタ=を志す山尾恭司。彼はアムステルダムを気に入り、不法長期滞在し、知り合った日本人達とともに怠惰な日々を送っていた。ある日、ここでは公認されているソフトドラッグを勧められる。恭司は抵抗を感じつつも服用する。それがバラバラ殺人事件に巻き込まれるきっかけになるとも知らずに…。




 合法薬物の服用というあまり見かけない描写に惹かれて最初はテンポよく読み進むことができ、後半では悲しい恋愛劇が繰り広げられる。上手な構成で、大変読み易かったです。
 ラストシーンには心が揺さぶられるように感じ、切なくなりました。『幽霊刑事』の感動には劣りますが、本を離すことができない名作と言って良いでしょう。

評価:A
posted by みさと at 20:30| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(有栖川有栖) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

幽霊刑事

 有栖川有栖さんの長編推理小説です。

あらすじ
 巴東署の刑事だった俺・神崎達也は上司の経堂課長に浜辺で殺されたが、幽霊となって現世に舞い戻った。「私の……意思じゃないんだ」「すまん!」 殺される前に経堂が発した言葉。それは黒幕がいることを指し示しているのだろうか。
 物に触れることができない。犯人にも、家族にも、そしてフィアンセの須磨子にも声が届かない。唯一意思疎通を図ることができるのは後輩の早川だけ。俺は早川と協力して事件の黒幕を見つけようとするが…。




 私はこれほど心に響く作品に出会ったことがありません。重くて、悲しくて、そして切ない物語。読んでいて胸が締め付けられる思いでした。

 ーー生物的には生きていながらも、全体的な意思を欠いて厚みを持たずに生きている人間、そんなふうに貧しく生かされている人間というのは、いくらでもいる。彼ら、彼女らもまた、幽霊なのではあるまいか。
 ーー世界は、幽霊たちで賑わっているとも言えるのだ。(単行本166頁)
『あなた、リアルですか?』
『生きている、という実感を味わいながら暮らしていますか?』
『生きているうちにこれをやろう、と決めたことがありますか?』
『生きながら死んだりしないようにな。頑張れよ』(単行本291頁)

 私も"幽霊"かもしれません。自分が何の為に生きているのか、あなたは分かりますか? 確固たる意思を持って生きるというのは本当に難しいことです。「生かされている」という表現がしっくりきますね。

 推理小説としてというより、人の心情を描く物語として楽しみました。幽霊の何もできない無力感を噛み締める神崎、自分だけが持つ特殊な能力に戸惑う早川など、胸に響くシーンが数多くありました。私の心に残ったのは、主役級三人を除くと佐山です。あまり詳しく書くとネタバレになりますが、彼が本当に可哀想でなりませんでした。
 どの人物の感情描写も怠っておらず、読んでいる間本当にずっと胸が熱くなっていました。ああ、言葉にできない。本当に皆に読んでもらいたい小説です。
 この作品ほど心に響く作品はないと書きましたが、本当に読む人の心を震わせる作品です。ラストシーンなど、涙が流れてくるほどです。私の乏しい語彙ではこの小説の魅力を上手く伝えることができませんが、とにかく読んでみて下さい。絶対に後悔はしないはずです。

評価:AA
posted by みさと at 16:34| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(有栖川有栖) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

まほろ市の殺人 冬 蜃気楼に手を振る

 競作で、この本「冬」の担当は有栖川有栖さんです。

あらすじ
 この街・真幌市は冬になると蜃気楼が洗われる。その蜃気楼に手を振ると幻の街に連れて行かれるという迷信があった。満彦が五歳の頃、三つ子の兄の浩和が蜃気楼に手を振った直後に死んだ。
 二十数年たった後、満彦は帰路で大金を見つけた。思わず失敬してしまった彼は泥酔した兄を連れて家に帰るが…。




 倒叙もの、ですね。中編一作だけで本になっていたので軽く読めました。
 倒叙ものは段々と追いつめられていく感触が良いですね。ドキドキして本を離せなくなる。読むのは二回目ですが、やはり興奮は消えませんでした。良い作品は何度読んでも良いものです。

評価:A
posted by みさと at 20:43| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(有栖川有栖) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

有栖川有栖の鉄道ミステリー旅

 明けましておめでとう御座います。今年も当ブログをよろしくお願いします。年始そうそうですが、読書感想を。今回紹介する本は、鉄道ファンの人にも読んでもらいたい本です。


 『有栖川有栖の鉄道ミステリー旅』は有栖川有栖さんの鉄道エッセイです。

 私の好きな推理小説作家・有栖川氏の鉄道紀行を中心としたエッセイ。書店で見つけて気になったのでクリスマスプレゼントにしてもらいました。推理作家で乗りテツの筆者が、紀行記を載せたり「鉄道ミステリー(時刻表トリック、旅情ミステリなど)」について紹介したりしています。
 読んでいると感じた事は、どのような読者層を意識して書いたのか分からないと言う点です。鉄道ファンにしか分からない用語を載せるということをしていながら、ミステリファン宛と見られる記述があり、誰に読んでもらいたかったのか分かりません。テツで推理小説ファンの私には十分楽しめましたが、他の普通の鉄道ファン・ミステリファンはどう感じるのだろう…?
 第一章『ヰタ・テツアリス』は筆者と鉄道の関係をざっと書いたものです。鉄道ファンで推理小説ファンの筆者と、同じ趣味を持つ自分を比較して楽しみました。同じ趣味を持つと一口に言っても、大分違うものですね。ここが一番面白かったです。
 第二章『この鉄ミスがすごい!』では鉄道ミステリを紹介しています。読みたいと思う物が多く載っており、目が離せませんでした。
 第三章『日本列島 殺人のない鉄旅』筆者の旅の記録、鉄道への思いが書かれています。純粋なテツはここが一番楽しめるのでは、と思いました。

評価:B
posted by みさと at 23:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(有栖川有栖) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする