2020年06月08日

フィールドワーカーズ・ハンドブック(鏡味治也他編)

 文化人類学は入門書っぽいものばかりたくさん読んでいる気がするのですが、今回も入門書。日本文化人類学会監修、2011年の書です。
2017年に祖父江孝雄の『文化人類学入門』、2016年に内堀基光他の『改定新版 文化人類学』を読んで、前者は概説、後者は各論だった記憶。今回読んだのは方法論。読む順番、概説→方法論→各論のほうがよかったな、という気がしますが、行き当たりばったりの読書なので院生になって漸く方法論の本に至りました。
 文化人類学は、もともと植民地に対する研究として発展しました。研究対象に身を投じ(参与観察)ながら、自らと他者の差異をてこに自らを/他者を相対化し、アブダクション(発想)を創出するという過程は、社会学や民俗学などと似ているようで、かなり立脚点に違いがあります。
社会学など一般的な社会科学では、何か仮説を立て、それをもとに社会調査を行う。質的調査を行う場合でも質問項目を用意することが多いです(構造化されたインタビュー)。一方で文化人類学は、何も仮説を立てないことも多く、インタビューをする際も調査者の調査内容に応じて誘導しつつもできるだけインフォーマントに自由に語らせるような「構造化されていないインタビュー」や雑談の中から対象の世界を探る非公式インタビューを中心に行います。調査者のもつ価値観、固定観念に縛られないように、対象の世界を導くことが重要なのです。
この本を手に取ったのは、地域調査をおこなうものとして、質的調査の方法論を学びたいというのが動機だったのですが、実際読んでみると、人類学的質的調査を行う場合に限らず非常に参考になる内容でした。自分の価値観を相対化するということは、当然のことのようで中々難しいものです。私たちは自らの持つ知識を以て世界を分節し、意味化しているのですから、それを相対化するというのはよほど意識しても完全にはできないものです。
他者(他国の人だけでなく、日常生活でつきあう他人や風景も)の観察を通じてそれを多少なりとも試みるというのが人類学の方法論。日常生活のうちにも、別の学問分野の手法を用いて何かを研究をするうちにも、人類学的な方法論を意識することで何か新しい、有用な気づきが得られるかもしれません。
文化人類学はこうした性質のものですから、固定された方法論というものはありません。実際調査でやっていることが民俗学や社会学と同じこともあります。しかし、その精神性自体が一種方法論といえるものなのだと感じます。
posted by みさと at 20:41| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(民俗学/人類学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: