2020年06月04日

江戸・明治の古地図からみた町と村(金田章裕)

 日本古代の景観史の研究で有名な歴史地理学の金田先生が、近世近代の都市図、村絵図などを対象に読図のガイドをしてくださるという本。敬文社の「日本歴史 私の最新講義」のシリーズで、同シリーズには渡辺尚志さんや倉地克己さんの名前があります。
 ミクロな大縮尺図を扱った事例研究が中心で、実際の読図から地図の表現内容、特性、成立過程の解説が充実しています。地元に近いということもありますが、藤井寺市域の村々の事例が興味深かったです。宝永年間に大和川の付け替えがおこなわれたことは有名な話ですが、これに伴って藤井寺市域ではかつての村の土地が分断され、用水の取り方も変化してきます。また、地図のゆがみに村人の地理認識が表れているのも面白かった。地籍図を用いた景観復元、小字と地割からの条理復元をする事例も勉強になりました。
 内容自体は地理学になじみのある人には平易ですが、全くこの分野に触れたことがないとやや難しいかもしれません。悲しいのは掲載されている地図が小さくて、逐一文章と地図とを確認しながら読むと目が疲れるので、地図によっては読むのをあきらめたものも、、、。とはいえ、面白く勉強になった一冊でした。
posted by みさと at 13:45| 奈良 🌁| Comment(0) | 読書(地理学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: