2020年05月26日

近代天皇制と古都(高木博志)

 高木先生は京大の人文研の先生で、授業を取っていることもあって、今期一番論文を読んでいる方。高木先生は天皇制や文化財に関して造詣が深く、本書は「古都奈良」、「古都京都」、「陵墓と世界遺産」の三部構成で近代日本国家の創出と古都の関係を論じています。
奈良は神武創業に始まる神話的古代を表彰する場、京都は日本独自の国風文化や海外に開かれた安土桃山文化を表象する場として顕彰され、天皇を中心とする統治体制の構築に貢献しました。

象徴的なのは、橿原市に作られた神武陵・橿原神宮。神武陵は近世丸山(畝傍山麓)とミサンザイ、二つの候補地があったのですが、丸山には洞という被差別部落があったためという政治的判断で、塚も何もない(寺の基壇跡をつかと勘違いされていた)ミサンザイに神武陵が創建されます。その後、神武帝の橿原宮を顕彰した橿原神宮が創建され、畝傍山・橿原神宮・神武陵が一体として整備が行われて生きます。(洞部落は神武陵を見下すということで移転させられました。)

昨年、百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に登録されました。これは「古墳時代の文化の物証」「土製モニュメントの建築的到達点」として評価されたものとのことですが、天皇陵の整備は近代「日本」の創造の過程で整備されたという経緯が縦走しており、古代と同時に近代の遺産としても評価しても良いのではないかとも感じます。(「大仙古墳」ではなく、「仁徳天皇陵」のような名前で登録されたため、議論を読んでいますが、ここには文部科学省の文化財制度「開かれた文化財」と宮内庁の皇室財産「閉じられた文化財」の制度の問題があるとのことです)
 

史料を綿密に収集したかっちりとした研究で、大変勉強になりました。史学系の人はすごいなぁ、とつくづく思います。歴史的な知識をもっとつけないと、、、。
posted by みさと at 10:39| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(歴史学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: