2020年04月04日

空間の生産(H.ルフェーブル )

 斎藤日出晴訳。 去年一年かけて読書会をした本です。

 ルフェーブル は哲学系の出身で都市社会学者として有名な方。この本は地理学、社会学、建築学など空間に関わる諸科学に強く影響を与えています。
 議論はかなり多岐に渡りますが、個人的に印象に残っているのはルフェーブル の歴史観。古代都市を「作品」であり使用価値を原理とするものと位置づけ、近代都市を「商品」であり交換価値を原理とするものとしています。自然や宗教という絶対的な価値観が支配する「絶対空間」から歴史を通じて市場と商品経済が支配する「抽象空間」へと至る過程を、経済史、精神分析など様々な分野の思索を援用して解説しています。

本書の中で最も有名なのは、空間認識の三つの方法概念だと思います。「空間的実践」は都市交通網や記念建造物など、実際の空間の創出であり、<知覚された空間>ということができます。「空間の表象」は言葉、記号によって規定されるものであり、都市計画学や地理学が扱う<思考される>空間であります。「表象の空間」は(映像や象徴を介してのこともありますが)直接的に<生きられる>空間であり、芸術家や生活者が司るものです。
この概念は名前はわかりにくいものの、空間認識の方法論、分類としてはかなりわかりやすく使いやすく思えます。

この本は入手も困難で、かなりの分量がある上に難解な一冊。そもそもの議論が散らかっていてわかりにくいと言われたり、訳が良くない、と言われたりすることも多いですが、空間を扱う国内外の諸科学に大きな影響力を持った本でもあります。読んでいてこれだけ難しいと思った本も初めてですし、通読した今も一体何割くらい理解できているのだろうと言った感じではありますが、色々物事を考えるときにルフェーブル の概念ーーとりわけ三つの空間認識が頭に浮かぶことも多く、一学生としても読んで大いに勉強になった気がします。
四月からは読書会の次の課題図書として、E.W.ソジャの『第三空間』を読みます。序文を読んで知ったのですが、ソジャのこの本も『空間の生産』に強い影響を受けてのもののようです。
posted by みさと at 17:48| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(社会学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: