2019年11月08日

オロロ畑でつかまえて(荻原浩)

 妹に借りた作品。日本の中でも過疎に喘ぐ寒村・牛穴村の青年会と倒産寸前の広告会社が協力し、村おこしに取り組むという物語。こうしたユーモア小説?を読むのは三浦しおんの「神去なあなあ日常」以来で、奇しくもまた農村が舞台であります。

「六十五歳以上人口が三十パーセントを超える典型的な過疎の村」とあるのに、結構若いなぁ、と思ってしまいましたが、この本は2001年の小説。20年弱の月日は恐ろしいものだなんて思ってしまいます。今ふと調べれば、私の暮らす大阪郊外の小都市・柏原市の高齢化率が29.3%。決して田舎ではないわが町でも30%に迫ります。日本全体でも28.4%。どんどん老いていく国に改めて気づかされます。


 基本的に特徴の強い人物たちの軽妙なやりとりによって物語は進んでいきます。人物や物語性メインの作品で、寒村や広告会社という舞台背景は美的に描かれるというより、物語や人物たちを浮かび上がらせる小道具として巧妙に働いております。
 私はどちらかというと舞台背景を丁寧に描いた静的な作品をよく読むのですが、このダイナミックに動いていく物語も中々痛快で、読んでいて楽しかったです。たまにはこういうのも良いですね。
 この間、児童文学研究会で合評会を行った時も思ったのですが、僕はこういう作品は書いたことがないです。テンポの良い楽しいお話、一回挑戦してみようかな。
posted by みさと at 18:54| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(他国内文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: