2019年10月23日

爪と目(藤野可織)

 2013年の芥川賞受賞作。収録作品は『爪と目』『しょう子さんが忘れていること』『ちびっこ広場』です。
 表題作は当時3歳の「わたし」が父の不倫相手かつ再婚相手である「あなた」に語ると言う独特な形式を持った小説です。不穏な家庭の空気感が描かれるその語り口はやけに淡々としており、それがその空気感を一層強調しています。父とあなたは似た者同士であったという描写からはじまり、あなたが母をなぞろうとする描写へ繋がり、最後わたしとあなたの類似を仄めかす描写もあり、三重鏡の迷宮に閉じられる物語の構成は見事です。爪と目。感覚、とりわけ痛覚に繋がりやすい二つの身体器官ーーそれは、コンタクトレンズやマニキュアでしばしば覆われ再構成されるものですがーーを通じて、テレビの映像のように淡々と主観的かつ客観的に描かれる物語を読者の身体と強く結びつけ、遠い物語の中の物事が急に自らに襲いかかってくるような恐ろしさを感じます。

 後二編も中々不気味で良い作品。『しょう子さんが忘れていること』は年齢を意識して明かしていくところに叙述の妙があり、表題作と逆ではありますが、同様の不気味さを演出します。
 『ちびっこ広場』はより日常性の強い話ではありますが、子供を愛している描写が多くなされながらもやけに淡々とした語り口が不穏で、最後子供の迷信と同化する語り手がゾッとする怖さというより胸の底にしみてくる恐ろしさがあります。「ちびっこ広場」的な場所は私の子供の頃にもありましたが、子供たちの秩序が支配する世界であり、大人にとっては、ほとんど行く機会がなく、大樹が見せた箱庭のように、珍妙な(同時に不気味な)世界であります。結末の恐ろしさはこの異世界の論理に取り込まれる恐怖と言えるのかもしれません。友人の披露宴に向かう母も、子供にとっては異世界へ向かうとも受け取れる。そう、この小説は子供と親が違う世界の中に生きており、家庭というその接点で世界の(論理の)衝突、不調和が生じている様を描いた作品だということができると思います。
 
posted by みさと at 13:21| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(他国内文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: