2019年10月19日

赤毛のアン(L・M・モンゴメリ)

 『若草物語』に続いて、少女文学の名作と名高い児童文学を読みました。幼い頃読んでいた小説というと、私の場合圧倒的に江戸川乱歩の少年探偵シリーズ、中学生の頃は有栖川有栖や法月綸太郎のような新本格派を読み耽っていたミステリ少年で、こうした海外の名作児童文学というものはあまり読まずにここまできました。大学生になって初めて、アリスを手はじめにこうした小説に手を出していますが、たくさん素敵な物語に出会えています。

 この小説は「アン」という孤児に育ち、赤毛やソバカスと(当時の価値観からすれば)容姿に恵まれないながらもおしゃべりで明るい性格、優れた行動力と才覚、そして豊かな想像力で人生を切り開いて行く一人の少女に焦点をあてた物語。現実世界にいたら少し我の強い感じさえする彼女ですが、周囲の人たちに愛されるのも頷ける魅力があります。当時のカナダの規範はあまりわかりませんが、日本の伝統的な価値観からすると活発なアンは「少女」性を大いにもちながらもその規範を逸脱するところの大きい感じがします。ハイジや『若草物語』のジョーにもそうしたところがありますし、児童文学に登場するヒロインはしばしば「女の子」の規範を超えるところに一つの魅力があるのかもしれません。

 アンが豊かな感性を持って感受する風景も美しく、魅力的に描かれています。とりわけリンゴやサクラ、ハッカ、カバなどの植物の描写は鮮やかです。原題も『グリーン・ゲイブルズのアン』。アンの暮らす緑の破風の家をタイトルに取り込んでいます。アンが暮らすアボンリーの村は、苦難の幼少期を暮らしてきたアンにとって幸せな土地であったことと思います。
 なお、このアボンリーは、作者・モンゴメリが祖父母に養育されたキャベンディッシュがモデルとなっているそうです。カナダでは「アボンリーへの道」というテレビドラマが作られ、人気を博しているそうですが、これは『赤毛のアン』含むモンゴメリの複数の作品をもとにプリンス・エドワード島を舞台に描かれたドラマだとのこと。面白そうです
posted by みさと at 18:44| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(児童文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: