2019年06月21日

ムーミン谷の彗星(トーベ・ヤンソン)

 フィンランドの児童文学作家・ヤンソンによるムーミン・シリーズの二番目の作品。第一作品『小さなトロールと大きな洪水』によって住処を追われ、ムーミン谷に住み着くことになったムーミン一家ですが、ある日ジャコウネズミがやってきて、「ムーミン谷」に彗星が近づいてきて、地球にぶつかることを予言し、宇宙と星を見に天文台を目指すムーミンの旅が始まります。
 この小説の魅力は、何よりその舞台と登場人物からなる世界観にあります。
 子どもっぽいわがままを言うけど憎めないスニフ、学者気質でどこかかたいところのあるスノーク、冷静なさすらいの旅人・スナフキン、切手や虫のコレクションに夢中になるへムル族、「どうしても思ったところへ行きつけなくて、いつもどこかを憧れている」謎めいたニョロニョロ、、、  それぞれの言動はかなりわがままだったりむちゃくちゃで、それに誘導される物語の展開もナンセンスなところ(そもそも彗星がくるから天文台に向かうというところから…)が多いですが、それがとても心踊り、楽しい感じがします。
 登場人物たちの種族は様々でありますが、皆仲良く?関係を築いています。それぞれの種族の設定が、「世界の動物図鑑」だとか「おばけ図鑑」だとかにハマった子供心をくすぐって、魅力的であります。トロールというと「三びきのやぎのガラガラドン」に出てくるような、おどろおどろしい怪物をイメージしますが、この作品のムーミントロールは、カバのような温厚な見た目。スノークはムーミントロールにそっくりですが、体の色が変わる別の種族。人間に見えるスナフキンも、実はムムリクという種族。ニョロニョロのつかめない、たくさんいるのにどこか孤独な感じも素敵です。

「ムーミン谷」という舞台もナンセンスで、けれど、子供心をくすぐります。筏で川を降って行ったらいつの間にか山に入っていく。滝から落ちて危機一髪のところで、地面の割れ目から救い出される。。地形を想像すると、一体どうなっているのか、と感じますが、作品の不思議な世界観を作るのに良い働きをしています。講談社の新装版で読んだのですが、海底を竹馬で歩いているシーンを描いた表紙も素敵な雰囲気。
 原作を読んだのは初めてでしたし、アニメを見た記憶も遥か彼方で、新鮮な気分で読み始めたのですが、こんなに魅力的な世界観なら、人気シリーズになるのもさもありなん、と感じます。良い作品でした。
posted by みさと at 11:42| 奈良 | Comment(0) | 読書(児童文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: