2019年05月28日

武蔵野(国木田独歩)

 岩波文庫、収録作品は『武蔵野』『郊外』『わかれ』『置土産』『源叔父』『星』『たき火』『おとづれ』『詩想』『忘れえぬ人々』『まぼろし』『鹿狩』『河霧』『小春』『遺言』『初孫』『初恋』『糸くず』です。
 『武蔵野』は日本における近代的な風景の発見と結びつけられてよく取り上げられる作品です。もともと日本では歌枕などの「名所」、強く規範化されたものを美とする風景観がありました。吉野ならば桜、竜田ならば紅葉、といった風に、連想される景物も定型化されたものが多かったようです。しかし、近代になって欧米の影響を受け、風景を科学的に評価したりアノニマスな風景を評価したりするようになるのですが、本編はその最たるものであると評価されています。本編が取り上げられる「武蔵野」は近世以前、武蔵野は萱原をもって美とされていたようですが、独歩はこれまで評価されることのなかった楢林、落葉樹林の美をツルゲーネフをひきながら見出しております。逍遥の中地理学的な感性が現れているのもとても近代的です。
 他ワーズワースの影響を強く受けているようで、後半に収録されている掌編『小春』においてそれははっきりと明示されております。
 『武蔵野』は「郊外」の発見であるという言説もあります。

「田舎の人にも都会の人にも感興を起こさしむるような物語、小さな物語、しかも哀れの深い物語、あるいは抱腹するような物語が二つ三つ其処らの軒先に隠れていそうに思われるからであろう。さらにその特点をいえば、大都会の生活の名残と田舎の生活の余波が此処で落合って、緩かにうずを巻いているようにも思われる」(p31)

と独歩は郊外の風景を評価しています。ここで言う「郊外」は、ニュータウン、住宅地、ロードサイドなどのキイワードで連想される現代日本の郊外とは異なり、多分に農村的、田園的景観の残ったものであります。独歩の書いた林や畑、人家の混ざった景観は現在ほとんどが宅地化されて残っております。(航空写真で見ていると多摩川沿いなどにその断片は見られるようですが、風景としてはもう失われたものでしょう)。郊外といっても当時の認識と現在の認識は違いますし、地理的な差異もあります。自明のことではありますが、「郊外」論を考えるとき、「郊外」と一括りにせず、時空間の差異を考慮した上で考えないといけないと、自戒を込めて。

 表題の『武蔵野』が有名にすぎますが、それ以外の作品にも中々素敵なものがたくさんあったので、少しばかり紹介を。
 『源叔父』は妻子を亡くした船渡し・源叔父と孤児乞食の紀州の物語。波のような物語で、感情の上がり下がりがなんとも哀しさを誘います。独歩は『武蔵野』の叙景小説のイメージが強かったのですが、このような短編もとても魅力的です。
 『星』『たき火』は童話のような掌編で、また雰囲気が変わります。『星』は詩人の休むもとで遊ぶ二人の星の話で、可愛らしく心くすぐり、好きです。文語体ながらも言葉の選択が優しく、良い雰囲気。
 『忘れえぬ人々』も印象的です。袖触れ交わすだけの人の中にも、やけに心に残る人っていますよね。この小説はそうした人と会ったとき、また思い出したときの気持ちをよく表現しています。この気持ちを短文的に言葉にするのはとても難しいですが、独歩は小説、物語という形式で的確に表していて、「ああ、これだ」と心動かされました。
posted by みさと at 12:01| 奈良 ☔| Comment(0) | 読書(近代文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: