2019年05月20日

古典文学に見る吉野(片桐洋一ほか)

 桜トラスト運動記念講演会が元となった本で、国文学系の研究者の方が文学作品に表象された吉野(の桜)を分析した講演が並んでおります。収録は、片桐洋一「歌枕・吉野」、久保田淳「西行の世界」、井上宗雄「南北朝動乱期の文学と吉野」、島津忠夫「吉野と芭蕉」です。片桐さんは以前紹介した『歌枕を学ぶ人のために』の編者ですね。
 「紅葉」の龍田と対になり、吉野は「桜」と関連づけられて詠まれることの多い歌枕であります。この本は吉野の表象史が概ね時代に沿うように並べられており、万葉集〜芭蕉までにいたる吉野の表象史が押さえられます。万葉集や古今集の時代には、仙境になぞらえられたり雲や雪と結び付けられて詠まれることが多かったのですが、後撰集あたりから桜との結びつきが増えてゆき、西行によって桜との連関が確立され、以後の文学にも西行の影が及ぶと言う流れであります。雲や雪と桜は互いにたとえ合うことができる景物であり、桜の連想が成立したのだと想定されます。

「和歌は、人の心を種として、万の言の葉とぞなれりける。世の中にある人、ことわざしげきものなれば、心に思ふことを、見るもの、聞くものに託けて、言ひ出せるなり」と古今集の仮名序にあります。和歌の世界では、地名はただの歌の背景ではなく、人々が心に思うことを伝える媒介でありました。実景と表象は時に離れ時に交わり、互いに影響しあいながら、今の「吉野の桜」「桜の吉野」を作っています。風景というものは、社会的記憶を通じて現れる。そうした様に、私は魅力を感じます。文学の勉強は殆どしたことはありませんが、表象文化論というものにはとても心惹かれ、時々関連する本を読んでおります。
 卒業論文では紅葉の「龍田」についての造園史的研究を行おうとしておりますが、文学的なアプローチもできたら良いなぁ、と思ったり。修士になったら、国文学の勉強にも手を出してみたいものです。
posted by みさと at 20:01| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(言語学/文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: