2019年05月17日

人口減少時代の土地問題(吉原祥子)

 「土地」と言って、何をイメージするでしょうか。私なんかは、人の記憶が蓄積する記憶の場といった風に、ある種のロマンティシズムを持って見てしまいます。
 しかし、同時に土地というものは複雑な法システムや資本主義経済システムが埋め込まれ、人々の怨念の絡みついたもでもあります。本書は、主に土地に関する法システムについて、人口減少を迎える現代どのような問題に直面しているかについて統計データを用いて考察した本であります。
 登記というシステムは、所有権の対抗要件となっていると同時に、旧土地台帳を統合しており、公共的な性質を少なからず持つ国土を管理するという役割も持っています。しかし、相続の際、資産価値の低い土地や慣例的に受け継がれている土地は、登記がなされず、相続が繰り返されるたびに法定相続人が増え続け、自治体が所有権を持つ者を把握できなくなってしまいます。実態として利用されていれば良いですが、放棄されてしまえば再利用が難しくなりますし、震災の復興住宅建設など公共用地として行政が取得したいとなっても権利調整が極めて困難となります。

 土地というものは、何気なく暮らしている舞台でありますが、学生の生活では、その背景に法的システムが存在しているということに中々気づきません。
 先日、由あって相続によって生じた複雑な権利関係、利害対立が土地に絡みついている様を見て、ゾッとしました。土地というものは、住まうにしろ耕すにしろ、人の営みに実際的にも法的にも深く結びついており、容易に逃れることのできない場であります。正当に放棄することも難く、放棄しては気づかぬうちに誰かに迷惑をかける。土地には、人文主義的のみならず法経済的にも、「地霊」が宿るのだと恐ろしく感じます。
posted by みさと at 20:13| 奈良 ☔| Comment(0) | 読書(政治/経済,社会科学系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: