2019年04月29日

よくわかる都市社会学(中筋直哉・五十嵐泰正編著)

 ミネルヴァ書房から社会学分野において多く出版されている「やわらかアカデミズム<わかる>シリーズのひとつです。
 見開きの記事が無数に載っている構成で、1章がいくつかの都市を取り上げた社会学的分析、2章・3章が都市社会学の理論の学説史を踏まえての紹介、4章がまちづくりに関する諸項目、5章がメディアとの関係の中で現れる都市、6章が調査法の古典、7章が主要な都市社会学者の評伝といった内容であります。
 平易に都市社会学の一通りが記述されているため、入門書として良書であると思います。隣接分野の建築学で勉強する過程でなんとなく聞いたことのある人名や概念を通史的におさえられて、勉強になりました。

 7章で扱われる学者が、デイヴィッド・ハーヴェイ(地理学)、ル・コルビュジエ(建築学)、前田愛(文学)など、社会学の分野に収まらないことからもわかるように、都市社会学は極めて学際的な分野であります。
 私自身は教養系学部の建築学の研究室にいますが、最近生きられる空間や表象された空間というものに強く惹かれています。本書でいう5章に相当するこうした関心は、人文主義地理学や都市社会学と融け合うところで、あんまり自分が「◯◯学」に所属するという意識がないのもこういうところにあります。地理学や建築学を中心に学んできましたが、一時期若林幹夫に傾倒していたように、社会学の理論・分析にはとても魅力を感じます。
 分野横断的に幅広い学識を取り入れて学んでいきたいととは思いますが、しっかり軸足を持ちたいというのも最近強く実感しております。
posted by みさと at 19:48| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(社会学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: