2019年04月18日

歌枕を学ぶ人のために(片桐洋一編)

 世界思想社の「◯◯を学ぶ人のために」シリーズの一つ。歌枕となっている地域に対する場所イメージの変化を卒論のテーマの案として考えているというのを動機に読みました。構成としては、歌枕の概説があった後、一章ごとの読み切りで歌枕の史的展開が5章、地理的展開が9章、諸国歌枕の一覧、歌学書・歌枕書の解題、主要参考文献の解説となっております。

 歌枕というと、吉野といえば桜、龍田といえば紅葉のように、特定に景物と結びつく名所と言った認識をされることが多いですが、元来(平安期くらいまで?)は枕詞や序詞も含んだ、歌語一般を指す言葉でありました。

 名所としての歌枕の意義は時代とともに変わってゆきます。万葉集の時代には「近江」ー「逢ふ」のような掛詞の出現に一般的意味、象徴的意味の萌芽は見て取れますが、基本的に実景との結びつきの中で地名表現がなされてきました。
 古今集の時代になると、歌枕は実景から離れてゆきます。縁語・掛詞が多く使われるようになり、地名の持つ自然的事物と人事的現象を音声的に結びつけて詠んだり、また本歌取りにより、特定の自然的事物と人事的現象の結びつきが一般に膾炙したりすることで、地名は歌枕となっていく、すなわち、特定の観念、象徴的意味が伴うようになったのです。また屏風絵を題に詠歌する「屏風歌」も歌枕と実景の乖離を助長しました。
 中世、十三代集の時代になると、掛詞を離れて歌枕が初句にくることが増え、情景の描写のため、イメージをはじめに提示するという傾向に変わってゆきます。

 時代による差異はあるものの、国文学的な概念である「歌枕」は、ある意味を伴った土地であるという点において、地理学や建築学の「場所」「ゲニウス・ロキ」の概念と通ずるところがあります。この本の執筆陣は、全員が国文学系の研究者で、地理学者や建築学者は一人もいませんでした。
 私自身は建築(史)学の学生ですが、国文学の論考をうまく取り入れ、なんとか歌枕となった名所の持つ意味合いの史的な変化について、双方の理論を合わせて何か意味のあることを叙述したいと野心を抱いております。とはいうものの、私自身に国文学的な素養が薄いし、いま対象地として考えている「龍田川」についての先行研究、また近代造園史的な史料が少なそうで、中々難しそう。どうしていこうか、悩ましいところであります。ともあれ、資料集めに励まないと。
posted by みさと at 11:58| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(言語学/文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: