2019年03月30日

鏡の国のアリス(ルイス・キャロル)

 ルイス・キャロル作、中山知子訳の児童文学で、『不思議の国のアリス』と対になる作品ではあります。フォア文庫で読みました。『不思議の国〜』の方は即興で作られたものであり、破綻した世界観のイメージが強かったのですが、『鏡の国〜』は机上で書かれたものであるらしく、比較的整頓された印象。とはいえ、やっぱり『不思議の国〜』の香りは残して一つ一つのお話は、切り絵のように断片的で、夢を見ているような感じ。しっちゃかめっちゃかで面白いのですが、一つの物語として評価するには、少し難解な感じもします。
 チェスゲームの世界をモチーフにした物語で、アリスは白のポーンで、女王に「成る」ことを目指して世界を冒険して行きます。登場人物たちの行動も、それぞれチェスの動きに連動しています。こうした枠組みがあることが、『不思議の国〜』よりもとっつきやすさを与えている感じはしますが、やっぱり難しい。
 なんていうものの、とても魅力的なキャクター、世界感に彩られ、とても楽しく心躍る作品だと思います。子供心をとってもくすぐる。

 今では日常何気なく使っている鏡というものが、子供の頃は特別な存在であり、不思議で、怖くて、魅力的に感じていた記憶があります。覗くと現実世界と双子の空間が広がっているのに、決して入ることはできない。もし入ってしまったら、どうなるのだろうか。鏡ごしに向き合っている自分は一体何者なのか。どうやっても一部しか見ることのできない鏡の中の世界の先は、どんな風になっているのか。現実と同じように広がっているのだろうか。
 お話自体にも、鏡の要素がちらちら。トウィードルダム・トウィードルディーノ双子とか、白と赤の女王の性格の違いとか。あと、チェスのゲームの構造というのもそうですね。
 鏡って、素敵です。

 ジャバウォックの詩を始め、この作品にはしゃれや言葉遊びをたくさん散りばめられていますが、邦訳の際、どのように扱ったのかが気になるところ。友人が持っている新潮や角川の訳と比べてみると、その違いに驚きます。角川は韻踏みなどを忠実に守ろうとしているのですが、このフォア文庫の訳は子供向けでわかりやすくしているため、ある程度省略している。とはいえ、フォア文庫はフォア文庫で優しくて、角川や新潮にはない良差のある訳です。翻訳の難しさを感じます。。原文でも読んでみたいと感じる作品でありました。
posted by みさと at 21:58| 奈良 ☔| Comment(0) | 読書(児童文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: