2019年03月03日

ギデンズの社会理論-その全体像と可能性(宮本孝二)

 春休みは、思想・理論系の人文科学の知識を強化しようと思い、本を読んでおります。この本は桃山学院大学教授の宮本孝二さんが大阪大学人間科学研究科に博士論文として提出したものを書籍化したものであります。
 理論社会学の専門書ではありますが、ギデンズ理論の全体像を把握するために読みました。年代ごとにギデンズの社会理論を取りまとめ、最後にその理論の可能性を考察するという構成です。初学者の私には少し取っつきづらいところもありましたが、ギデンズの論考の大枠が把握できたと思います。
 ギデンズの理論の中心となるのは、「構造化理論」というものです。これは、主観主義的な理解社会学と構造主義的なパーソンズらの理論両者を批判し、それらを止揚するような形で唱えられたものであります。社会学史において、社会構造が人間行動を支配するか、人間行動が社会を形作るか、といった論争があったのですが、ギデンズは両者を一面的であると批判し、マルクス主義的な発想(利害、コンフリクト、パワーなど)を取り入れて「構造化理論」を唱えたのです。すなわち、構造が行為の条件となり、また同時にその帰結でもあるというものであります。
 また、ギデンズは「パワー」という概念を提示しております。パワーとは物的、精神的な資源(それには、時間や空間も含みます)を動員し、意思を実現/現実を変革する能力のことであります。すなわち、行為を行う際の能力であります。
 構造が変われば、パワーに必要な資源が変わって行う行為に変化が生じ、かつ、主体がなんらかの行為をなせば、ミクロの、ひいてはマクロな構造の変化をもたらすという仕組みであります。

 ギデンズ理論で面白いのは、やはりモダニティの話。「脱埋め込み」という議論はあまりにも有名ですが、恥ずかしながら初めてその理論の詳細を知りました。本書に引き続き、ギデンズ本人の『近代とはいかなる時代か?』を読んでいるので、脱埋め込みについてはそちらを読了した際にでも少し紹介したいと思います。

 また、ギデンズはマクロな社会理論のイメージが強いですが、ミクロな人間関係についても論考を発表しています。それは、近代における愛は、ロマンティックラブから「純粋な関係」でつながるコンフルエント(=流動的な)ラブに変化するというもの。近代に入って恋愛・性行為・結婚が一つながりのものとみなすロマンティックラブイデオロギーが支配的でありましたが、現代女性の自律化が進むと同時に避妊技術/生殖工学が発達し、三者が再び分解していきます。このような社会においては、人と人とのつながりは、純粋な互いの感情のみになり、流動的になるというシステムであります。
 現実には変化は一様ではなく、前近代の地縁・血縁に従属した結婚も残存していればロマンティクラブイデオロギーはまだまだ力を持っていますが、ギデンズのこの理論は、実感を持って理解することができます。
 
 社会学は、自分の普段考えているような、社会の分析を、極めて精緻な理論で説明してくれます。自分で何か、うまいこと思いついた!と思っても、高名な人がすでに概念化していたりすることがたくさんあって、少し悔しいような感じもしますが、とても面白いです。
posted by みさと at 13:14| 奈良 ☔| Comment(0) | 読書(社会学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: