2019年01月22日

人でなしの恋(江戸川乱歩)

 創元推理文庫、江戸川乱歩の短編集です。収録作品は『百面相役者』『一人二役』『疑惑』『接吻』『踊る一寸法師』『覆面の舞踏者』『灰神楽』『モノグラム』『人でなしの恋』『木馬は廻る』です。小学生か中学生の頃に読んだものですが、久しぶりに読みました。
 小学校高学年の頃、2004年放映の特撮ドラマ「ウルトラQ dark fantasy」を父親と一緒にDVDで見てかなり衝撃を受けたのですが、そのうちの一話「ヒトガタ」が、江戸川乱歩『人でなしの恋』が原案だと聞き、書店で購入したのがこの本。少年探偵シリーズにハマってほぼ全作を読破し、それ以外にもポツポツと手を出し始めていた頃でした。


 最も気に入ったのはやはり表題作『人でなしの恋』。陰気で冷たい蔵での、艶美な古人形との密会。
「その花やかな、情欲的な顔が、時代のために幾ぶん色が褪せて、唇のほかは妙に青ざめ、手垢がついたものか、滑らかな肌がヌメヌメと汗ばんで、それゆえに、一そう悩ましく、艶めかしく見えるのでございます」(p210)
 人ならぬ者には、人には決してない、怪しげな魅力が宿ります。とりわけ人形というものは、人に似ているがゆえに、そして、人の寿命を超えてもいつまでも若々しく、しかし、長い年月の間に幾人もの人の愛の降り積もり、微妙な古びかたをするのですから、なおさらです。
 人形が愛する者が自ら流した血潮にまみれ、腕の中で恋敵たる主人公を笑っているという結末の描写には、慄然とするものがあります。乱歩の中でも名作に数えて良い作品だと思います。

『踊る一寸法師』もお気に入りです。サーカスに属する、子どもの体を持った30男。酒宴の席で仲間たちに嬲られる中、復讐を行うというお話。小人症と思われる人物を扱っており、現代ならば人権問題となりそうな主題をしておりますが、サーカスという非日常空間も相まって、作品の怪奇性・猟奇性を際立たせております。サーカスの手品と見せかけて本当に玉乗り女を殺し、踊りながら首に何度も何度も食いつくという結末。筋はシンプルながらも、身の毛のよだつ恐怖と魅力があります。

『疑惑』はフロイトを援用したカラクリを使ったミステリ。以前読んだ時から十年近く。少しばかり精神分析学という学問に触れたこともあり、この作品の持つ意義が自分の中で変わった気がします。そうややこしくないシンプルなものですが、なかなか面白かったです。

 『木馬は廻る』の物悲しいお話も、『モノグラム』の少し心ときめくお話も、『一人二役』の微笑ましいお話も、それぞれよかった。ミステリ色の強いものもあれば、怪奇色の強いものまで多様な作品が収録されています。どちらかといえば地味な小品ばかりですが、乱歩の世界を存分に楽しめる作品集だったと思います。
posted by みさと at 14:56| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(ミステリ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: