2018年12月30日

アルプスの少女ハイジ(ヨハンナ・スピリ)

 スイス人児童文学作家・ヨハンナ・スピリの作品です。訳は池田香代子、挿絵はいわさきちひろ。
 幼い頃、アニメで見たとは思うのですが、どうもぼんやりと記憶が薄く、話の筋は全く覚えていない。それでも懐かしさを感じるのは不思議な感じです。幼時に見た物語ってどれもそんな印象があります。

 この物語に現れる登場人物は皆、だれかを助けようとする優しさを持っています。だれかを支え、支えられることでおじいさんも、ハイジも、クララも、皆成長してゆく過程が、よく描かれています。
 この本は、先日京都駅のいわさきちひろ展に行ってきたのですが、その際に売店で購入しました。いわさきさんの絵は淡く柔らかな色彩が優しく可愛らしいのですが、モノクロの挿絵でもその優しさがよく現れており、物語とよく合っています。

 意外に思ったのは、キリスト教的世界観が色濃く現れていること。時代や地域を考えれば、当然なのかもしれません。おじいさんーーオンジがキリスト教世界の逸脱者として描かれ、物語が進むにつれ、その世界に復帰していく様が、とても印象的です。放蕩息子の喩えまで出てきます。
 非キリスト教世界ーーアルプス、キリスト教世界ーーフランクフルト、デルフリ村
という対比が考えられますが、アルプスを自然の営み、雄大さを感じさせるように肯定的に描き、フランクフルトを精神的にも空間的にも(デルフリ村も精神的には)閉ざされたように、否定的に描かれているのが、キリスト教への認識と対応せずに不思議な感じ。ーーこの作品は野生の精神とキリスト教主義的精神の止揚の様を描いているのではないか、とふと思いました。さらに、これが書かれたのは19世紀。近代主義の時代が訪れていることを考えると、近代合理主義へのアンチテーゼ・反発運動として、原始的・中世的精神の止揚を描いたとも考えられます。

 そのほかに印象に残ったのは、アルプスの自然を中心に、色彩の描写が鮮やかであったこと。
「しずみかけたお日さまが、もみの緑と雪渓の白にぬりわけられたアルプスの山々を照らしていました。とつぜん、足もとの草の上に赤い光が落ちました。ふりむくと、はるかな岩山のぎざぎざは、空にむかって炎のように燃えたち、広い雪渓は真っ赤にそまって、その手前には、ばら色の雲がぽっかりとうかんでいました。草は黄金色に輝いていました。」(青い鳥文庫、p166)
 普段から色彩に富んだ風景が夕焼けという片時の明かりに照らされ、また別の色に染まっていく。色彩のコントラストが素晴らしいです。

 どうでも良い話なのですが、実は私のワンゲルでのあだ名がペーター。この作品に出てくるペーターから取りました(ハイジ、クララもいます)。ペーターってこんな性格なんや、と思いながら、ちょっと恥ずかしい気分になりながら読みました。
 アニメもまた見てみたいな。
posted by みさと at 12:05| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(児童文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: