2018年11月29日

女生徒(太宰治)

 角川文庫、太宰治さんの短編集です。収録は『燈籠』『女生徒』『葉桜と魔笛』『皮膚と心』『誰も知らぬ』『きりぎりす』『千代女』『恥』『待つ』『十二月八日』『雪の夜の話』『貨幣』『おさん』『饗応夫人』。

 いずれの作品も女性一人称の語り手による物語。
 表題作が少女性をよく描いた作品として名高く、友人に薦められて手に取りました。「あさ、眼をさますときの気持ちは、面白い。」少女が1日を辿りながら、様々なことに感情を巡らしていくのを独白するという形式。汚れていくことを恐れる、荒んでいながらも透き通った敏感な思春期の心が文体にも表現にもよく現れています。
「キウリの青さから、夏が来る。五月のキウリの青みには、胸がカラッポになるような、疼くような、くすぐったいような悲しさがある」(p24)
「鏡を覗くと、私の顔は、おや、と思うほど活き活きしている。顔は、他人だ。私自身の悲しさや苦しさや、そんな心持とは、全然関係なく、別個に自由に活きている」(p46)

 この作品で描かれているのは、よくドラマや映画に描かれるような、理想化された思春期「青春」ではありません。もっとトゲトゲしていて、不安定で、センチメンタルな、実際思春期に自分が体験してきた心情に近く、読んでいて色々と胸が切なくなりました。
 思春期なんてついこの間のことだと思っていたのに、この物語を読むともうすっかり遠い昔に過ぎ去ってしまったことが実感されます。もうこんな、ガラスのような心を持つことはできない。私も、もう20歳です。

 社会史的な点に注目しても面白いところもあります。この物語の舞台は、郊外。作品が発表されたのは1939年。都市を逃れ郊外にはじめに進出するのは当初富裕層に限定されていましたが(谷崎『細雪』の世界ですね)、戦前戦中のこの時期は鉄道会社による郊外開発も進み、新中間層が良好な環境を求めて郊外に進出した時期であります。
「よそからはじめてこの田舎にやって来た人の真似をしてみよう。私は(中略)生まれてはじめて郊外の土を踏むのだ。(中略)遠くの畠を見るときは、目を小さくして、うっとりした封をして、いいわねえ、と呟いてため息」(p40-41)
 この辺りの描写には、そうした当時の良好な環境を志向する認識の様子が表れていて興味深いです。近世以前の日本人の風景観は「名所」を美とするものであり、農村のアノニマスな風景を見て美しいと感じるのは比較的近年のことであります。こうした郊外への進出と日本人のの風景観の変化もひょっとしたら時期が対応しているのかもしれません。また調べてみても面白そう。


 他の作品も、なかなか心に突き刺さるものばかり。
『恥』の小説家に自意識過剰で尊大な手紙を送ってしまう少女、『饗応夫人』の「泣くような笑うような」声をあげて来客の接待に狂奔する夫人、それから『千代女』に『皮膚と心』の主人公、、、。自分の中にも多少彼女たちに似た心がある分、強烈な形にして描いたこれらの作品群を読んでそれを自覚し、胸が何度もきゅうっとなりました。
 『雪の夜の話』なんかも、美しく、荒んでいて、良い。
 いずれの作品も本当に良い作品ばかりの名短編集だと思います。借りて読みましたが、また買って手元に置いておこうかな。
posted by みさと at 15:32| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(近代文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: