2018年10月11日

西洋美術史

 高階秀爾さん監修の美術史の概説書です。絵画を中心に、建築・彫刻についても触れています。
 教科書的で少し読みにくいところもありましたが、通史的に原始時代から20世紀末に至るまでの流れを概観することができました。特に現代美術について触れている本を読んだのは初めてで、そこがかなり新鮮でした。
 やはり通史を200頁に詰め込んだ概論だとイメージの湧きにくい部分も多く、必要に応じて各論を勉強しないといけないな、と感じました。本の末尾に各時代の参考文献表がついているのがありがたいです。
 印象派やシュルレアリスムの作風がお気に入りなので、この辺からかなぁ。現代美術についても、本があればまた。
 他で勉強中のモダニズムの思想と関連させながら、風景画を中心に絵画史をもう少し知識をつけていきたいと思います。
posted by みさと at 08:31| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(他人文科学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: