2018年09月21日

風景学入門

 中村良夫さんの本です。風景論の名著として名高い本であります。
 中村さん自身は土木の人なのですが、建築学、心理学、文学、地理学、美学、東洋思想などかなり幅広い範囲の学問を踏まえた内容となっています。
 ゲシュタルトをはじめとする視覚心理学はほとんど触れたことのない分野です。縁や連続物などが風景で注視されやすい点であり、風景中の図・対象物として認識されやすいのは水平角20°、鉛直角10°のうちであるということなど、とても新鮮で興味深かったです。こうした定量的な分析の視点はこれまで学んできた中で身についていないので、取り入れたいなと思いながらも中々難しそうです。

 またギブソンのいう「空間の操作的意味」というのも印象的でした。人が知覚する空間や物体は、自らの仮想の行動と結びついているというものです。具体的には、風景画に描かれる人物に自らを投射したり、道が描かれることで実際に周遊する気分になったり(臥遊)…。庭園や風景画の見方が新しくなった気がします。

 空海の風景論で使われていた「境」という言葉も重要な概念。「景」よりも領域性のある言葉です。中村さんは「境」を、現象的自我・客我の場と書いています。風景というものは、帰属意識、故郷意識、アイデンティティなどと良く結びつくものであり、このように捉えることは、「風景」を分析する上で一つの良い視点であると思います。

 風景は純粋美術と違い、実生活と関わる実用のものであります。それぞれの景観要素は他との縁ーー関係性によって風景全体の美を成り立たせているのだ、ということを中村さんは強調しております。このような認識は風景論の本を読んでいると多くに出てきますが、仏教思想とも結びきうることに、この本で初めて気がつきました。思想系もざっとさらえるくらいは勉強しないとな、と思います。


 この本は風景論上の重要な指摘が多く含まれているのは上に見てきた通りですが、文章自体が雅びており、読んでいてとても心地の良い一冊。文学的な風景の分析も多く織り込まれており、風景を鑑賞するお手本を示していただいた思いです。
 名著と名高いのも納得の一冊でした。
posted by みさと at 10:29| 奈良 ☔| Comment(0) | 読書(建築学/都市論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: