2018年07月21日

球形の季節(恩田陸)

 恩田陸さんの小説です。谷津という地方都市で広がった奇妙な噂をめぐり、「地歴研」の高校生たちがその出どころを確かめようと奔走するところから物語が始まります。
 なんとなく手に取った本なのですが、自分の専門である地理学と深く結びついており、
色々と考えさせられるところがありました。この小説は、谷津という架空都市を舞台に、それの持つ「場所性」というものを強く意識しています。「場所」というものは、ただそこにある、ニュートラルな空間というだけではなく、歴史や文化の積み重なりーー意味や物語を伴うものであります。そう考えると、小説という表象の場は、空間が必ず「場所」であらざるを得ない場であるということができると思います。学校が出てくる時、山が出てくる時、喫茶店が出てくるとき。小説において、場所の描写がされる時、その場所がそこである必然性があるのです。そういう点で、必ず小説の地理は必ず意味を持ち、「場所」であるのです。
 小谷真理さんが、解説で「学校」という場の意味を考察していますが、それがとても興味深いので、要点を引いておきたいと思います。学校は制度で縛ることで架空の「日常」を作り出します。本当は多様な生徒たちに均質性を求めるのです。当然のことながら一つの価値観を求めることは、逸脱者をも多く生み出します。こうした逸脱者が、ファンタジーの源泉となっているということだそうです。
 加えて、予言の自己成就というのは社会学のお話ですし、民俗学的な伝承のお話もあります。そう思うと、人文諸学の要素がたくさん盛り込まれた物語なのだなぁ、と恩田陸さんの教養を強く感じます。

 恩田陸さんというと、中高時代に読み漁った作家さんの一人。今多少学を身につけた上で読むと、色々と深く考えることができているような気がします。
 中高時代は、学校の課題や勉強の枠が設定されており、私はそれを満たして「勉強のできる子」として評価されており、満足していました。今思えば、もっといろいろな本を読んだり、いろんなところに行ったりして学をつけておけば精神生活も変わってきたのかなぁ、と思ってしまいます。
 ちょうどこの小説の題材が高校であります。日常に満足し、そのルーティンの中で変化を厭って生きてきた自分が、少しみのりに重なりました。
posted by みさと at 23:58| 奈良 ☀| Comment(0) | 読書(ミステリ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: