2018年06月06日

人間失格 グッド・バイ 他一編

 太宰治さんの短編集です。他一編というのは、『如是我聞』です。
 太宰さんの本は恥ずかしながらあまり読んだことがなく、多分『走れメロス』以外では初めてな気がします。
 『人間失格』の主人公・葉蔵は周囲の人が考えているのかを理解できず、得体の知れない他者に怯えるあまり、道化に走って自らを守っています。
 周囲の考えていることがわからず道化に走る、という気持ちはわかる気がします。私自身も、彼ほどではありませんが、人の気持ちがわからなかったり、「こういうときは一般的にこう感じるものだ」と相対化してしか把握できなかったりします。女の子を指差して友人が「あの娘、可愛いくね?」と聞いてきた時とか。私は人間を「可愛い」と思う気持ちが理解できないのですが、「そうやね」などと答えます。最近では慣れてきてそうでもありませんが、これは可愛いやかっこいいを表す「記号」であると強く意識しながら、キーホルダーやTシャツを買ったりしています。

 葉蔵は人間に怯えてはいますが、無垢な妻を愛したり、アンダーグラウンドの世界に生きる人には共感を持ち、つるんだりしていたことを考えるとどこかで人間を求めていたような、そんな気がします。


 『グッド・バイ』は未完の絶筆。最後には、自らの妻にグッド・バイされるという皮肉な結末で終わるという構想であったそうです。『人間失格』と比べ、かなり軽妙に物語が進んでいきます。

 『如是我聞』は、議論としては粗雑なものですが、太宰の思いが、文章を通じて熱いほどにまで感じられるエッセイ。肩書きばかりを重視する世間を痛烈に批判しています。

 どの作品にも世間への批判・皮肉が込められた一冊。惹きこまれて一気に読んでしまいました。
posted by みさと at 18:06| 奈良 ☔| Comment(0) | 読書(近代文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: