2018年05月31日

新訂 社会地理学の基本問題

 水津一朗さんの地理学書です。村落地理学が専門で、「位相地理学」を提唱された方です。水津さんは、私が大学でお世話になっている先生の1人である小島泰雄先生(村落地理/中国研究)の師匠に当たる方で、研究室を決める参考にしようとして読むことにしました。
 人々の「生活空間」、また人々の最小の地域統一体である「基礎地域」がテーマです。人々の生活空間は重層的に展開されており、ある領域でその多くが重なっていきます。農村社会学の鈴木栄太郎さんによる「自然村」「第二社会圏」の理論に近いところもありますが、より地理的空間を重視した理論を展開しております。「基礎地域」「生活空間」の形成は、文化・社会構造による影響を受け、一元的に考えることはできませんが、多くのそれに当てはまるモデルを水津さんは構築していて、興味深く読みました。中でもp122に上がっている、歴史における生活空間の変遷を描いたモデル図が秀逸だと思います。
 なんとなく頭にあることがモデル化されており、また西欧や途上国など日本以外の土地の生活空間をも取り上げていたのも勉強になりました。

 地理学は、地理的な差異を重視し、他の何者でもない個別の事象を深く探求する傾向の強い学問であります。抽象化、モデル化を念頭におく社会学や経済学とはこの点で対立してきました。
 私はこれまで地理学中心に勉強してきましたが、最近は具体事例の調査よりも、類型化やモデル化をした理論の文献を読むのが楽しくなってきています。社会学によってきたなー、と自分で思いながらも、それでも地理的差異を等閑視するような意見を聞くと、腹をたててしまいます。水津さんのような社会地理学というのはかなり良い落とし所だな、と思ったりしています。
posted by みさと at 21:36| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(地理学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: