2017年04月27日

日本村落の社会地理

 浜谷正人さんによる地理学の書籍です。大学でお世話になっている教授に貸していただいた本です。
 日本はしばしば狭い島国だ、などと言われますが、実際は世界の国々と比べても広い上に、地形も多様。景観的(集村、散村、疎塊村…)にも、制度・生活空間的(標準型、須恵村型、煙山村型…)にも日本の村落は極めて多様であります。
 私は中学時代より柏原市、三郷町、王寺町を中心に河内・大和地域の村落の形態についていろいろ考えていたものでした。関西は集村卓越地域でありますが、三郷町立野、平群町信貴畑、千早赤阪村小吹など山間地域は結構小村的な様式の村々もあることを面白く思っていた記憶があります。柏原市雁多尾畑の枝村の横尾・生津をいかに評価するかも面白いところ。
 この本を読んで、これまでの私は景観的な要素ばかりに注目して、制度・生活空間的な村落の結びつきについて探求することはほとんどなかったことに気が付きました。水利・農業・自治・祭祀などにおいて村々がどの単位で如何に結びついているのか。大学で学んでいる地理学を踏まえ、これまで見てきた村々についてもう一度考察してみたいと思います(それを卒業研究にしてもよいかも、と考えていたり…)。
 手に入るハードルは高いかもしれませんが、民俗学や地理学に興味のある人はぜひ読んでほしい一冊でした。

評価:A
posted by みさと at 11:19| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(小説以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449381095

この記事へのトラックバック