2016年11月25日

霧の向こうの不思議な町

 柏葉幸子さん作の児童向けファンタジー小説です。

あらすじ
 小学6年生のリナは父親に提案され、一人で霧の谷へと旅へ出た。小さな田舎町から誘われるように霧の谷の森を抜けると、そこにはどこか日本離れした洋館の立ち並ぶ不思議な町であった。会う人会う人がどこか普通と違う、へんてこりんな町。リナはこの町で働きながら夏休みを過ごすことになるが…。




 映画「千と千尋の神隠し」の原作ということで手に取った一冊であります。児童文学というものを久しぶりに読んだわけですが、読みやすく、面白く、それでいて教訓的な意味合いを持たせていて、ものすごく作りこまれていることがよくわかりました。
 「千と〜」ではアジア風(和風?)な異世界が描かれていますが、『霧の向こうの〜』ではヨーロピアンな世界観。そんな異世界に神社という極めて日本的な空間からつながっているのが面白いです。
まためちゃくちゃ通りは現実世界とは大きくかけ離れているはずなのに、非現実的な浮遊感がないというところも好感です。登場人物の描かれ方がそうさせているのでしょうか。登場人物のもつめちゃくちゃさがどこか私たちの持つめちゃくちゃさに通じている気がします。彼らのめちゃくちゃさを私たちはどこか滑稽に思いながらこの本を読んでいますが、私たち自身も多かれ少なかれ彼らのようなめちゃくちゃさ(非道理さ)を持っていると思います。ある意味親近感を感じるからこそ、彼らに滑稽さを感じるのではないでしょうか。加えて、登場人物は皆私たちが持つべき優しさを持っています。彼らの優しさは彼らの魅力を作るだけでなく、私たちを彼らの近いところまで持ってきてくれているのではないでしょうか。
 優しく、親しみやすく、心躍る良い作品です。児童文学ということで敬遠せず、ぜひ一度お読みください。

評価:A
posted by みさと at 10:19| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(その他の著者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック