2015年01月31日

サクラ咲く

 辻村美月さんの中編集です。収録作品は『約束の場所、約束の時間』『サクラ咲く』『世界で一番美しい宝石』です。

あらすじ
 塚原マチは小学校の頃から自分の意見をはっきり言うことができないことを気に病んでいた。人の意見に心では異を唱えても、結局流される。そんな自分を変えたいと思ったが、なかなかできないでいた。マチは図書館に行くことが好きで、頻繁に本を借りていたが、ある日読んでいる本の中に紙が挟まれているのに気付いた。そこには「サクラチル」と書かれていた。その後も借りる本借りる本にメッセージが書かれた紙が見つかる。マチは同じ本を借り、メッセージを残す人物に興味を持つが……。




 さすが青春小説の名手、辻村さん! 特に内気な少年少女の内面の描き方が素晴らしいです。青春時代のはかなさ、切なさ。その一方で暖かさも同時に感じられます。恋愛ドラマのような派手な青春ではありませんが、その分身にしみるというか…決して現実的な話はありませんでしたが、自分のすぐ側に起こってもおかしくないような不思議な親近感を感じます。表題作が特におすすめです。素直で、だけどじんわり感動できる佳作です。

評価:B
posted by みさと at 22:01| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(辻村深月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413294113

この記事へのトラックバック