2013年11月19日

御髪神社(京都市右京区)

 今回は京都市右京区の御髪神社を紹介します。嵐山観光コースの少し外れに位置する神社で、袋小路になっているためか、私が校外学習で訪ねたときは周辺は人であふれているというのに、この神社付近だけ人足が少し途絶えていました。

 従三位藤原采女亮政之公(ふじわらうねめのすけまさゆきこう)をお祀りしている神社です。政之は髪結、ひいては床屋さんの始祖となった方です。
 亀山天皇の時代、政之の父・藤原基晴は宮中で宝物係としてお仕えしておりましたが、宝刀「九王丸」を紛失してしまい、捜索のため諸国を巡りました。当時日本は蒙古の来襲に備えて、下関に武士を多く集めました。ここなら見つかるかもしれないと、基晴は文永五年に下関に定住します。そこで、基晴の三男の政之が髪結を生業としたのが髪結という仕事の始まりだとされています。政之の髪結は評判となり、幕府にも伝わり、亡くなるまで幕府御用達の髪結となったそうです。

 髪は神と同じ発音で、また人身で最も高い位置に自然より賜った冠でもあり、尊く力の宿ったものとする信仰が多くの土地に根付いています。御髪神社の境内には、髪塚と呼ばれる塚があり、願い事をしながら髪を奉納すると、ご利益があるとされています。

 この神社は、日本唯一の髪の神様で、理容業の方や、その関係の就職試験合格などの参拝にいらっしゃる方が多いとガイドブックに書かれていました。実際行ってみると、「ハゲ防止」の絵馬が多くかかっていました。私も友人と一緒にそういうお祈りをしました。男子にとっては(女子にとってもそうかもしれませんが)切実な悩みです。笑。でもほんとに、将来怖いですよね……。
th_kako-pTNcewjah8xuP4j1.jpg
posted by みさと at 23:35| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
日経夕刊にはプロムナードという連載コラム欄があります。先の8月31日付のそれはマリンバ奏者の通崎睦美さんが担当で「髪の神様」という題で「御髪(おかみ)神社」のことを話題にしておられました。
話は飛んで三郷町のお隣には平群町には「御櫛(みぐし)神社」とというのがあります。御髪は「みぐし」とも読みますし、同じく頭髪に関係があるようで面白いなと思いました。
なお、「御髪神社」は1961年創立という新出来の神社のようですが、こちら「御櫛神社」は延喜式内社という立派な由緒を誇っています。
Posted by jack77betty at 2015年09月03日 15:09
こんにちは!

御櫛神社、行ったことはありませんが、存じております。平群郡の式内社をまとめるときに出てきて、以前より興味を持っています。遠い京都の土地にある神社との共通点を見つけて、いろいろ想像すると面白いですね。
ここ最近忙しく、あまり歴史研究に行けておらず、平群まで足を延ばすことは全然できていないのですが、来年大学生になっていろんな神社を訪ねて回りたいです。特に平群町は、信貴山周辺をはじめ、たくさん行きたいところがあるので、御櫛神社も含め、ぜひ行きたいと思います!
Posted by 三里千秋 at 2015年09月13日 20:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック