2012年10月31日

高山 〜〜三室山麓・国境の町〜〜(三郷町)

今回は三郷町立野の一垣内・高山集落について紹介します。

 この集落は三郷町の西端、柏原市や王寺町との境界付近にあります。現在は住居表示がなされ、立野南三丁目となっています。周辺は新興住宅地です。近隣集落には今井・西浦(以上立野の垣内)・峠(柏原)・藤井(王寺)があります。
 「高山」という集落の名前は、「神山」と同義だと『三郷町史』はしています。おそらく近く西の三室山か竜田山が神様の宿る(=神南備)山だということからでしょう。「三室」というのも神南備と同じ意味だというそうです。それにしても、「神山」と同義……? ひょっとして、「高山」って「こうやま」と読むのでしょうか!? ずっと「たかやま」と読んでいました……。このブログを読まれている方の中で、「高山」の読み方が分かる方、コメントの投稿で教えていただけると嬉しいです。

 ここには「白蛇大明神」の伝説が残っています。『三郷町史』によると、昔、ここに小豆のような目をした蛇がいたそうなのですが、村人が捕まえて、龍田大社の杉の木の側でこれを見世物にしてしまいました。あるときこの蛇を役所に持っていったら網を破って逃げました。これを捕らえた人は急病で死んでしまったので、恐ろしくなった持ち主は人に売ってしまいました。元の持ち主は売ったお金でお寺に欄間を寄附、買った人は白蛇大明神として神社に祀ったそうです。ひょっとしたら、現在龍田大社にお祀りされている「白龍大神」のことでしょうか……?
 また、同じく『三郷町史』に短い記述ですが、土器発見の話が載っています。立野高山の三室山の山麓・字ヒヅメ(ヒズメ)の地が崩されたとときに出土したそうです。町史には「大昔の人たちの使用したもの」とあるだけでいつの時代の土器なのかも書かれていませんし、発見された時代も分かりませんでした。
 また、高山は三室山の麓の集落として町史によく取り上げられています。かつては毎年四月四日に村民全員で三室山に登っていたそうです。大正時代には三味線を弾き、歌い踊り、重箱につめたお弁当を食べ、酒を飲んだと言います。
 関屋川がすぐ側を流れる国境の町であり、かつては日本四関の一つ・竜田の関がありました。その名残か、現在高山集落の片隅に「関地蔵」と呼ばれるお地蔵様があります。

 さて、この集落は、かつては河内国大県郡に属していた可能性が指摘されています。そのことの証明は「関屋川と竜田川」をご覧下さい。
さて、ここでは高山河内国所属説の裏付けとなることを考えてみます。『大和誌』では平群郡立野村に属邑七の記述があります。本郷を合わせると、八つの垣内があることになります。しかし、数えてみると……山上、今井、高山、西浦、馬場、下之庄、坂上、坂下、辻堂……あれ、一つ多い? 増えたもう一つを探せ(Anotherじゃあるまいし)、ということになったのですが、私は「それが高山だ!」と勝手に推定しました。また坂下・坂上をまとめて考えているという可能性も考えに入れつつ。しかし、三郷町史に「元々辻堂は馬場の一部」という記述もあり、高山・坂上坂下・辻堂、いったいどれが「もう一つ」なんや、とまだ結論は出ないままです。残念ながら、これでは裏付けできません。
 しかし、『河内誌』に注目してみましょう。大県郡雁多尾畑村に属邑三の記述があります。横尾・生津とあと一つは……? となると、やはり想像できるのがこの高山です。『角川日本地名辞典』では北畑・南畑・西峠と推測していますが……(西峠とは横尾生津の総称でしょうか?)。しかし、やはり北畑南畑を持ち出すのは不自然な気がします。同じ大県郡の法善寺村や安宿郡の円明村は枝郷としていませんし。私はやはり、大県郡雁多尾畑村字高山の説を信じています。
 まあ、実際どうだったのかはわかりませんが、考えていると楽しいですね。

 
 高山の町並み。町の雰囲気は柏原市の山麓集落ーー平野や太平寺などに近いですね。結構傾斜があって、道が狭いこともあり自転車を駆るのに少し苦労しました。
 本当に、すぐ側まで新興住宅地が迫っています。市街地の中の旧集落らしく、古民家は残念ながら、そこまで多くありませんでした。
 少し西へ行くと柏原市で、坂を上った先に峠集落があります。現在でも県境の町ですが、開発であまりそんな感じはしないです。
th_IMG_0041.jpg




th_IMG_0044.jpg


よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 柏原情報へ
にほんブログ村
posted by みさと at 21:59| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あの街この町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック