2012年09月30日

狭井神社・市杵島姫神社(桜井市)

 今回紹介するのは桜井市大神神社の摂社で、以前記事にしたくすり道を北方に進んで行った先にある狭井(さい)神社と更にその境内にある市杵島姫神社です。

 狭井神社はこれも延喜式内社で、狭井坐大神荒魂(さいにいますおおみわあらみたま)神社が正式名称です。花(華)鎮社ともいうそうです。その名の通り大神神社の荒魂を祀っています。それに対し、本社・大神神社は和魂をお祀りしています。荒魂とは積極的な活動をなされる神霊で、災時などに顕著な働きをみせるそうです。中でも心身に関する篤い祈りに応えて下さり、病気を鎮める神社として信仰を集めているそうです
 鎮座している場所が大字三輪字狭井という地名なので「狭井」というのは神様の名前ではなく地名からとられたようです。「狭井」とは神聖な泉・井戸のことを指すそうです。
 御祭神は大物主神、大神荒魂神、姫蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)、勢夜多々良姫命、事代主神です。4月18日の花鎮祭は古代まで遡り、薬祭りとも呼ばれています。たたら(多々良・蹈鞴)に関する神様が二人も祀られているので、製鉄にも関係あるのでしょうか。
 狭井神社の境内には薬井戸と呼ばれる霊水を湛えた井戸があります。神体山の三輪山に源泉があり、水は清く澄んでいてある種の風味があると言われています。酒造や製薬の業者にもここの水を使っているところがあるそうです。しかしながら、このような清水の常として、やはり他の人のことを考えず水をみだりに汲む輩が多く出るそうです。
 皇后陛下もここを訪れ次のような歌を詠まれています。
「三輪の里 狭井のわたりに 今日もかも
               花鎮めすと 祭りてあらむ」
 また、三島由紀夫氏もここを訪れ、そのときの感想として「清明」と応えたため現在「清明」と書かれた碑が建てられています。
 尚、大神神社のご神体・三輪山の登山口は狭井神社の境内にあります。

 大神神社末社・市杵島姫神社は狭井神社の鳥居をくぐってすぐのところにあります。御祭神は社名の通り市杵島姫命。この神様は別名弁財天で、安芸の宮島・厳島神社の御祭神として有名です。素戔嗚大神(すさのおのおおかみ・祇園さん)の御子神で、水の守護神だそうです。また、福徳財宝と芸能を司る神様でもあります。現在ここにある社は、同市茅原の末社厳島社から勧請したものだそうです。


 狭井神社拝殿。大神神社の摂社の中でおそらく最も大きな神社です。檜皮葺きの立派な社殿で、数多の参拝客がいました。
th_IMG_0125.jpg




 薬井戸。飲んでみたところ、万病に効くとの伝承も納得できる清らかで美味しい水でした。後ろに写っているのは狭井神社本殿です。
th_IMG_0121.jpg




 三島由紀夫「清明」碑。市杵島姫神社と同じく池の畔に建てられています。
th_IMG_0117.jpg




 市杵島姫神社。水に近く、広島の厳島神社を彷彿とさせる神社でした。八尾の許麻神社の摂末社・厳島神社も同じような感じの立地でしたが、やはり水の神様だということが考えられているのですね。
th_IMG_0116.jpg


よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 柏原情報へ
にほんブログ村
posted by みさと at 18:39| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック