2012年08月31日

神南備神社(三郷町)

 今回はJR三郷駅から龍田大社へ行くときの道にある龍田大社の境外摂社・神南備(かむなび・かんなび)神社を紹介します。

 西浦集落のはずれの小高い丘の上に鎮座しています。ここは国境にあたる為、多くの人が国を偲ぶ歌を詠んだと言われています。
 そもそも神南備という言葉は、三室と同じで「神様のいます森」という意味を持つ普通名詞だったそうです。そのためか、各地に神南備、あるいは甘南備などという地名が残っています。ここ竜田立野の神南備は有名で、よく大和飛鳥の神南備と合わせて語られます。十首以上の歌が万葉集に収録されております。
「清き瀬に 千鳥妻喚(よ)び 山の際(ま)に
                霞立つらむ甘南備の郷(巻七、一一二五)」
「神南備の 伊波瀬(いわせ)の杜(もり)の 呼子鳥
          いたくな泣きそ 我恋益(まさ)る(巻八、一四一九)」
「神名火の 磐瀬の杜の ほとヽぎす
          毛無(ならし)の丘に いつか来鳴かむ(巻八、一四六六)」



 神南備神社。実盛川からすぐです。閑静な住宅街の中に鎮座しています。このような境外摂社があると、やっぱり龍田大社は大きい神社だな、と思います。摂社と言えども、町中のあちこちにある小さい神社と同じくらいの社叢がありました。
th_IMG_0050.jpg


よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 柏原情報へ
にほんブログ村
posted by みさと at 22:49| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック