2012年08月23日

久度神社(王寺町)

 今回は北葛城郡王寺町久度(くど)四丁目にある式内久度神社を紹介します。

 この神社は王寺町市街地の少しはずれ、大和川の多聞橋に近いところにあります。橋からも社叢(しゃそう・神社の森)がよく見えます。
 久度神社は奈良朝以前よりこの地に祀られている古社で延暦二年、桓武天皇より従五位下の位を授けられたそうです。その後、平安遷都の際に現在の京都市北区の平野神社大二座にここの神様・久度大神を遷座しました。信仰が厚かったためと言われています。その後千二百年あまり、この神社では八幡大神など、他の神様をお祀りしていましたが、昭和四十三年四月に平野神社より再び久度大神をお迎えし、四十四年に本殿造営が完工し再びお祀りするようになりました。また、昭和十七年に橿原神宮の古殿を利用し拝殿・瑞垣(みずがき)・中門などを造営したそうです。
 さて、御祭神の久度大神。久度大神とは御厨(みくりや)神ーーかまどや火の元の神様ーーの総称だそうです。「くど」は関西の方言でかまどをさす言葉です。関西の方なら「おくどさん」という言葉に聞き覚えがあるでしょう。もっとも、現在は電気釜で使う機会がなくなったかもしれませんが。
 この神社では現在、久度大神以外には寿命・幸運の神様の八幡大神、水運・交通の住吉大神、子孫繁栄の春日大神をお祀りしています。


 鳥居と拝殿。広大な土地を持つようで、結構遠くからでも社叢が見えます。大きな市街地である王寺だと森は目立ちますしね。市街の中心地から少し外れている為か、周辺の人通りは多くありませんでした。本殿は川の堤防から見えました。
th_IMG_0098.jpg


よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 柏原情報へ
にほんブログ村
posted by みさと at 18:31| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック