2012年05月14日

神宮寺 〜〜堅下と同じ風景〜〜(八尾市)

 以前、サイクリングの記事で八尾市南高安地区の神宮寺について書きました。今日は神宮寺についてもう少し掘り下げてみたいと思います。

 ーー以前の記事に載せた文章ーー
 神宮寺という地域は八尾の南高安地区の中でも特異な歴史を持っています。南高安地区は旧高安郡の村が合併してできた南高安村がベースとなって出来ています。しかし、神宮寺地区ーー町村制施行以前は神宮寺村ーーのみ旧大県郡です。大県郡の他の村々は現柏原市の、堅下村と堅上村になりました。神宮寺村のみ外れたのは、神宮寺村が高安郡恩智村と交流が深かったからだそうです。
 また、柏原市史によると神宮寺村に当たる地域は律令時代には大里郷(一部津積郷含む?)に含まれていたようです。

 現在神宮寺は一〜五丁目と住居表示未実施大字地域からなっています。東西に長い地域で、東部は信貴・龍田の山地。山麓に集落地が広がっており、北に恩智集落、南に山ノ井(平野の枝郷)集落に近接しています。集落地の西は畑地が広がっています。畑地に囲まれるように八尾翠翔高校が存在。畑地の西北に、小規模な住宅地(曙川東と連続)があります。
 八尾市には珍しく畑地が多く、旧来の村の姿をよく守っていると言えるでしょう。八尾市の他の地域とは雰囲気が異なり、柏原市の平野や大県、太平寺などと似た町の雰囲気でした。八尾市で雰囲気の似ているところと言えば、やはりお隣の恩智でしょうか。


 神宮寺の町並み。柏原市大県や平野などの旧集落地と似た風景です。町並みが似ているのは昔大県郡であった名残でしょうか。
th_IMG_0063.jpg


よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 柏原情報へ
にほんブログ村
posted by みさと at 20:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あの街この町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック