2020年09月16日

星の王子さま(サン=テグジュペリ)

早く読まなきゃ、と思っていた児童文学の名作に、ついに手を伸ばせました。新潮文庫の河野万里子訳で読みました
砂漠に不時着した飛行機パイロットが出会った「星の王子さま」。彼はある小惑星の王子さまで、バラの花と触れ合い、火山の手入れをし、星を破壊するバオバブを退治して過ごしていました。ある時バラとの喧嘩から星を飛び立ち、いくつかの星を巡った末に地球に至ります。
美しく純でいて、寓意に富んだ作品です。特に星を飛び立った王子さまが地球に至るまでに出会うへんてこな人々は、いづれも大人の風刺であります。実体がなくても権威を持ちたい王様、飲むことを恥じている、恥じていることを忘れようと酒を飲む呑んだくれ、指示に忠実に従い続ける点灯人…どの人たちも愛らしくも愚かで、愛おしさと悲しさを感じます。
王子様がキツネと仲良くなり、ただアノニマスな人から互いにかけがえのない存在となり、バラとの触れ合いを振り返る場面も、純で美しい。「お願い……なつかせて!」の場面は、本当に可愛らしくて、心が締め付けられます。これ、訳も良い…。
僕も、数を数えるのが大好きで、権威に影響を受け、時間を惜しんで特急に乗り、仕事の片手間に人の話を聞いたりする、すっかり大人になってしまったなぁ、と感じます。22歳、まだまだ子どもでいたいけど、もう、戻れない。
posted by みさと at 20:37| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(児童文学作品) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

風景の発見(内田芳明)

 ヴェーバー研究で知られる社会思想研究者・内田さんの風景論。
 日本の前近代は、例えば見たこともない中国の洞庭湖になぞらえて八景を定めるなど、社会通念に従った風景観を持っていました。明治に入って写実主義の洋画や自然主義文学、山岳登山、地理学が西洋から移入される中で、そのままの自然を見つめようとする風景観が生まれていきます。これは高橋由一の『鮭図』に、国木田独歩の『武蔵野』に、志賀重昂の『日本風景論』に表れているものであります。
 この議論は国粋主義者の志賀からキリスト者の内村鑑三、進化論のダーウィン、相貌学的地理学のフンボルトへと、時代を、影響をさかのぼるように西洋に移っていきます。
近代西洋はデカルト的な、主客分離・機械論的自然観だけではなく、「自然の側に中心があって、自然が物象の姿・形として現れるその現象を通じて私たちに語りかけてくるものを、人間がみて観得する」(p40)相貌学的なまなざしをも生み出した、というのがこの著作の胆であります。
 美術史から地理、経済、文学、科学史、本当に様々な思想を見事に編み上げた作品です。やや複雑で十分に理解できていない感じもありますが、内田さんの視野の広さに恐れ入るばかりです。
posted by みさと at 19:33| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(社会学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月08日

近世日本文学史 -概説と年表-(吉田弥生)

現在論文で近世の国学者の論考や紀行文を扱っているため、近世文学の大づかみな知識をつけなければいけないな、と思って手に取りました。本文100頁、年表50頁とコンパクトにまとめられており、短時間で全体像を掴むのには丁度良い本でした(やや誤字脱字が多いですが)。
 西行や鴨長明のような憂鬱な隠遁者のイメージの強い中世文学と異なり、狂歌、滑稽本、洒落本、黄表紙…近世文学は明るい庶民的な空気感に包まれています。ここには印刷技術ー整版印刷の普及が背景として存在します。
 研究で必要となってくるのは国学関係の知識ですが、俳諧や読本などは読み物として普通に関心があるので、もう少し知識をつけたいところ…と言っても時間は有限なのでなかなか難しいのですが…。
posted by みさと at 11:19| 奈良 ☔| Comment(0) | 読書(言語学/文学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

建築のしくみ(小沢宏・冨田眞理子)

 しばらく前に読んだ建築の入門書。学際系学部で建築史の研究室に流れ着いたものの、建築学の全体像をしらないな、と思っていた時にブックオフで見かけて買った本。類書はたくさんあると思いますが、学校の図書館でぱらぱらしたものよりはよさそう。と思っていたのですが、今日見つけた雑誌『建築知識』の『世界でいちばんやさしい建築入門』がわかりやすく充実しているので、そちらの方がよい気がします。
 意外と構造以上に計画のことを知らないな、というのを感じました。構造って歴史の勉強するうちになんだかんだ身に付きますが、歴史は主に宗教建築が対象なので、住宅のプランニングが全然わからないんですよね。。またその辺も勉強したいなぁ。
 そういえば、先輩の紹介で住宅系コンサルでアルバイトを紹介してもらえる話が…。勉強の機会にもなるかな。
posted by みさと at 19:11| 奈良 ☁| Comment(0) | 読書(建築/土木,工学系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする