2019年07月12日

西村幸夫 都市論ノート(西村幸夫)

 西村さんは東大の都市工学科を出て都市計画を専門とされている方で、この本は景観・まちづくり・都市デザインなどに関する小論文を多数まとめたものであります。例によって院試勉強の一環で読みました。
 トピックは多岐に渡りますが、印象に残ったものをいくつか。

 近代都市計画は、他の多くの科学技術と同じように、西欧の先進国で生まれ育ちました。土地利用計画やそれを元にした地区詳細計画を軸としたプランニング・コントロールというシステムも、やはり西欧先進国の発達した社会・統治システムがあってこそのものであります。行政機関が迅速かつ公正な働きをしなければならないのはもちろん、違反を罰する警察権力が機能すること、地図や統計情報などの基本的情報が整っていること、地区の変化が当局が把握できる程度に漸進的であること、さらには民主的コントロールの作用する近代市民が形成されていることなど、先進国に暮らしていては当然のあまり普段意識しないようなことが、都市計画を実施する上では必要なのです。
 都市間のネットワークの在り方やその都市の社会構成、空間構造など、風土や歴史による差異があるため、汎世界的な都市計画はありえないということは自明だと感じてはいましたが、こうした発達段階による政治学的差異があるということは、普段日本国内ばかりをフィールドにしていることもあって考えが及ばず、はっとさせられました。

 後半ではそれなりに分量をとって歴史的環境保全制度の歴史をまとめられているところがあり、院試勉強的にはそこが大変参考になりました。
 産業革命や地域開発の反動のように、1900年代前後より地域固有の古社寺や史跡、名勝を保存せんとする愛郷的な団体の設立が相次ぎます。日光の保晃会や京都保勝会が有名なものであります。会の活動としては、古文書の買取や保存対象の維持管理のための義援金の拠出が目的とされていました。こうした愛郷運動は、後には国粋主義と結びついて行くことにもなります。
 この動きに呼応するように、植物学者・三好学らの建議によって1911年史蹟名勝天然記念物保存教会が設立されます。1919年には史跡名勝天然記念物保存法が成立し、こうした動きが法制度として確立します。この法では、人工物と自然物を同列に保護対象にしているところに特徴があり、また、学術的な評価というよりも、風致を守ることで「国体を維持し国民性を涵養する」ナショナリズム的な色彩の強いものでもありました。
 今卒論で、ある名所の保勝活動を調査しているのですが、このあたりの歴史は、研究の前提知識としても役に立ちそうに思います。
posted by みさと at 11:27| 奈良 🌁| Comment(0) | 読書(建築/土木,工学系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする